スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZガンダムⅢ~星の鼓動は愛 感想

何だかバタバタしてるんだけど時間を作って観てきました。
新訳Zガンダム完結編・・・、うん完結でいいんだよな。
カミーユの戦いは終わったからなあ?

何といっていいか・・・。
ネタバレありです。
それでもいい方だけ続きを読んでください。
・・・でも観た人向け感想かも。


ちなみに過去記事へのLINK
Ⅰ「星を継ぐもの」
Ⅱ「恋人たち」





まずはね、何回も言うけどTV版を見ていないと詳細は理解しがたい。
かく言う私もTV版のおさらいなし、詳細はボケてる、そんな状態で3回とも見たのでな、なんともわかりにくかった・・・。
最後で見て思ったけどネ、『新訳』なんだからTV版を見た人向けなんだよ、う~まあ、それでいいと思う。

けどな~まずⅡを見た人は知ってると思うけど
・クワトロの演説はない
・2度目のカミーユの地球降下はない
・↑よってフォウは出ない(カミーユを宇宙に送り返したとき戦死、ということになる?)
・↑同時にアムロの再登場もないのでカミーユとの接触もない。

と何だかヲイで終わってた(Ⅲが始まったともいう)んですよね。重要じゃあなかったのかな?う~んもう一度地球に降りなかったってことはジェリドとの色々もなかったから、ジェリドが浮いたように思った。


で色々、レコアとかエマのことも語りたいけど(彼女らの恋愛つうか彼女らの男への意識をね)やっぱりカミーユ・シャア・ハマーン3人を語ろうかなと。
「組織」エゥーゴの目的のため「戦争」する戦士であったカミーユと「戦争」を私物化していたハマーン・シャアそしてシロッコらの戦いということになる、がそこに絡む愛憎劇・・・ハマーンやシャア、レコアの気持ちにシロッコ、もっと前面に押し立ててきていいんじゃない?って思いました。
だってさ、シャアってハマーンの気持ちが重くて、クワトロになったんじゃないかと思うし・・・、ハマーンはシャアを”キャスバル”として自分の力でダイクン家を再興してやりたかったんだと思う。
ハマーンにとってはその気持ちが一番だから、何もかも差し出したんだろうし・・・自分の能力を信じていただろうし。最初の男でまだシャアしか知らないしその初恋や決意をうやむやにされて、さあ・・・。で怨念ありありでザビ家のミネバなんかを傀儡にして当てつけてるんだもんさ。
で帰って来るならまだ、その気があるってことだろうけど、シャアはハマーンにそんなこと求めてないのよね・・・。
シャアの見たいのはニュータイプというものが、父の言った提唱どおりでありオールドタイプは宇宙に出ることでそれに変化していくその様というか、それを見たくて「戦争」ってのを起こしてるんだしさ・・・。
しかしハマーンはシャアとの食い違いで戦争に介入してきたのも凄いが、何も言わなくてもわかってくれるなんて思ってるシャアもどうなのよ・・・。
この二人の確執ってストーリーの核なのよね、あ~ちゃんとその辺の恋愛事情つうか過去を描いて欲しかった・・・。

さて、問題のカミーユのラスト。
・・・アフォにならなかった・・・。
しっかりとしてました、ファと抱き合いきちんと自分の生きてること、生きてる意味を確認しあえてよかった・・・。

彼はこの戦争で何を失い得たか。
最後、Zガンダムに今までカミーユを支えてきたりカミーユを変えるのに影響した人とかの力が集約されて、シロッコという世界は自分のためという傲慢な意識を持ち、世界を自分のものにしようと画策した人を屠るわけです。
彼は自分の名前が女名前であったことでその存在を否定されたような気がしてならなかった人生を戦争で組織の一員として戦っていくうちに自分の存在や自分が世界の中の一人でありその一人だって世界には必要とされるのに自分を見出した。その過程にあった人たちとZガンダムという力を使ってシロッコという世界にただ一人と傲慢な思考で他人を道具としている輩を打ち破りそのことで自分をやっと認めた。というところでしょうか。
TV版のように魂もってかれたら、やっぱカミーユは自分が自分としての存在を認められなかったってことになるだろうからこのラストは認められるな、と。
ただ、こうなった時。
富野御大的にZZは否定したんだな、と思います。

ラスト。
ファーストのキャラたちがこの戦いを地上で見守っていた、という描写が出ます。
印象的だったのは、カイがセイラのところに”クワトロ”のことを聞きにいく場面(セイラさんの声は井上さんのライブラリー出演だった)。
これだけで「逆シャア」に繋がりそうな感じ。
それからTV版のように百式で流れていくシャアの行方はなし。

ZZをZのように、という声もある様ですが、私は「逆シャア」をこの新訳の続きとしてやって欲しいと思う。
なんにしても、このラストなら「逆シャア」に繋がるけどやっぱりシャアがネオジオンを立てて・・・小惑星落しとまでやる気になったとなると強引な気がする。シャアとアムロの戦い、人類の革新を描くのならもう一度構築して最後、「逆シャア」をやり直して欲しいと思ったりしました。

Ⅰ~Ⅲ続けてじっくり見たら、また感想は変わるんだろうなあと思いますが、今はこんな感想となりました。




スポンサーサイト

theme : 機動戦士 ガンダムシリーズ
genre : アニメ・コミック

Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「機動戦士Zガンダム? -星の鼓動は愛-」を観た感想編

昨日の続きで「機動戦士Zガンダム? -星の鼓動は愛-」の感想をば(・3・)ホーク姉妹の感想を期待した方ごめんなさい。ボケツッコミ入れんの大変で挫折しましたorz普通にネタバレ感想書いてますので映画観てない人はこの下を見ちゃダメだからねヾ(´▽`;)ゝ...

【劇場鑑賞21】機動戦士Zガンダム? A New Translation -星の鼓動は愛-

「ハマーン・カーン!貴様は、戦いの源を生むだけだ!」戦士たちよ・・・戦いはいま、終焉を迎えるときが来た誰も知らないラスト・・・新訳Z(ゼータ)完結編。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。