スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『光の標』~運命49話アスラン独白風味

『許しませんよ、ギルを裏切るなんて』

───時々、あの夜のことを思い出す。
裁きを下すかのような、神官の瞳。
高貴なブルーが睥睨する、その様子を俺は異質なものとしか受け取れなかった。
逃げるのだと、あいつは認知したとたんそこからはもう言葉など通じなかった。打ち放たれる銃弾にもちろん容赦はない。
それほどまでのひたむきさは何なのだ。


■■光の標■■

人それぞれ、信じるものは違う。その価値も、万人が同じ評価など下さない。十人十色の人々がこの世界を構成する。
同じものなど、ひとつとないそれこそがこの世界の理。

だがそれを許さないと、
あの瞳はまっすぐに裁く。

まるでたった一つしか知らない。
それしか知らないからそれだけを信じている。
無垢な、真っ白な子供の価値観で。

幼い子供が向ける親への絶対の信頼を、絶対の庇護の元で何も疑うことのなく己が価値観だけを至上とする、それを否定されて、怒りのやり場もない激昂が銃を乱射させたような、そんな雰囲気だった。


そうか、子供、なんだ。


唐突に降って来た答え。
それは己の未熟さも浮き彫りにして、自分もまだ子供だったのだと再認識させられた。そして胸に去来する苦い思い。

(俺は子供を置き去りにしてきたのか?)

もしかすると善悪も、人の心の温かさも、優しさも。
世界がどうして眩しいのかさえも。

何も知らない清澄な心のままで。

人と人の係わりや成り立ちも愛し合うことも。
愛し合える愛しささえも。
何も知らない子供。

言葉だけが成熟しているのか、かの人が絶対だというのなら。
巧みな言葉に引き混まれ、狭い世界で選択や思考することさえ知らず。
植え込まれた正しさだけで世界を見ていたのなら。

そしてその盲信がシンにも波及するほどに、その心を掴んでいったとしたら。


俺は───。





「アスラン」


蠢くような思考の闇に一筋の光が見える。

俺の光標。

もし、キラが5年前プラントに来ていれば。
もし、オーヴからプラントに上がる俺がキラを伴っていれば。
もし、連合に加盟したオーヴに居場所が無くキラが自らプラントに来ていれば。

同じ立場に立っていれば。
俺は子供のままに彼らと同じように受け入れていた可能性があった、過去。
そして現在。

でも、キラがここにいてくれた。
本当にいいのかとまっすぐな瞳で俺に問いかけ、自分自身を追い込み、苦悩して。
その姿が俺を導く。
俺もまた、キラと同じように悩み自分に問いかけキラに問いかけ答えを出すことに躊躇い遠回りしながら歩んできた。

光がそこにあるから。


「行こう、キラ」

「うん」


置き去りにした子供らを導く光に俺はなれるだろうか。
細くても揺れない強いまっすぐな光に。


先を行くフリーダムのその鋼鉄の翼に太陽光が反射して一筋の光となって眩いほどの残光とともに突き進む。



どうか、彼らにも光を。










子に昼ご飯を食べさせながら、手近にあった広告の裏に走り書きした(笑)話。
光がテーマ?で昨日から、シン、レイ、アスランと3つ書きました。キラは「僕はキミに生かされてる」でさんざ書いたので3人を。どういう気持ちでいるか。(シンはちょっとアスラン好き風味なオチになってしまったけど)
ああ~レイはあきらめてるけど、お願いだからシンまで持っていかないでね?その願掛けだよ、このSSたち。
さあ、心を落ち着けて。あと2時間後、どうなっているかな?私?
スポンサーサイト
Secret

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。