スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週から新番だな。

もう10月ですか。
早いなあ~。
先月中旬から就職活動なんかを始めています。
が、近所で探してるからかなかなかにいいところが無いもんで。
ありがたいお誘いもあるんですが・・・。
決めかねているとPTAの仕事が舞い込んでバタバタし始めて・・・また腰がおもくなってしまった。

まあ、そんなことはいい、趣味の世界にもどると。
秋アニメが始まるまでの空白な1週間がなんだか長くて、何度かOOの映画を見に行こうかと思ってみたんですが・・・。
通っているBLOGさまのなかでも評価が賛否両論なんだなあ・・・。
雰囲気で感じ取ると、どうやら私は否のほうになりそうで・・・TV放送のOOだって私的に酷評な部類に入ってるし。
そのイメージが映画で払拭されるとは思えず、だったら見に行かない方がいいと思って、今月~の新番に向けHDD整理に勤しみ、秋アニメで興味のあるものはとりあえず録画してかたっぱしから見ていくことにしました。

そうすっとこれまでの継続アニメもあわせて、週15本も録画があるんですが。
何?今期豊作ってこと?
んで、そのうち半分の作品には櫻井さんが出てるって事に気付く・・・ちょ。
秋からの新規3本以外にも途中参加2本、アニメ以外にも名前を見るし、(笑)で「ここ3日二時間しか寝てません」とか言ってたけども、その状態が日常化してるんじゃないかと心配になる忙しさ・・・。
こちとら全力でONAIRチェックする位しか出来ないんで、とりあえず。
「伝説の勇者の伝説」には17話から出るらしいから、勉強しとこうかと。
確か1話は見て、その後HDD内に放置してた。最近の抜けてるやつは、AT-X駆使したりして最新話までとにかく見ました。追いついたよ!!
櫻井さんは悪役?かな、これまた面白そうな役。2期からのOPで目立ってた黒衣のひとらしいです。
ということで「伝勇伝」ですが、モブキャラ含めすんげ~致死率高い。
流血も暴力シーンも話の割りに↑なんだなあ・・・。
で、キャストはここでもやっぱ豪華なんだね~。
主役の福山さんの演技がなんとなく新鮮。しかし二重人格的なとこはぬら孫とかぶr…。
諏訪部さんと杉田さんの役が妖しさ全開でコワイ。中井さんの王様ぶりはパーリーしてるときよりも好み。
しっかし登場人物が多いなあ・・・最近のアニメの傾向なんでしょうけど。wikiを片手に見ないとと言う状況でした。
端折ってあるだろう雰囲気がバンバン匂ってくるし、ファンタジー好きなのでこれは原作で読んでみたいと思うが、もうすでにシリーズは大量に刊行されていて、これは追っかけるのは無理だと諦めた。


キャストといえばぬら孫もスゲ。
遊佐さんが出てきたときには深夜に叫んでしまったが、敵役に子安さんの次はまさかの石田さんまで。個人的には竹田さん(マ王のヨザックの人)が登場してきて嬉しかった。
んで今度は神谷さんとか。
・・・しかしだ。
リクオの周囲の妖怪で男性声優が当ててるキャラは活躍がない。
敵で来たほうが見せ場多いよな~。四国編本当に首無活躍するの?
#13。また首無だけキャストクレジットがなかったけど?ちゃんと声出てたぞ、首無。2回目だよね?クレジットなし(ヲイ)なんかね、失礼な気がスルヨ・・・。


新番では、銀河美少年☆に一番ワロタ。
面白そうだ~。そこはかとなく昭和なにおいがするのだが・・・好物だゾ!
こっちでも石田さんが怪しくて笑った・・・最近悪役付いているなあ・・・。

最後に。
バトスピブレイヴ・・・なんでああなった?
主役に快活さが抜け、敵に妖しさが不足し、笑える描写がなくなったよ・・・。
兄様・硯・ズンちゃん助けて!

そんな感じでご無沙汰でした。
そして拍手、ありがとうございます。
久しぶりに書くと記事が長くなってすみません。


需要があるか疑問の・・・お暇な方どうぞ。



                              ResolutionⅡ-2(前半)


彼女の背中を見送りながら正直、肩の荷が下りたとキラは思っていた。
カガリを連れ出したのは自分であるのは間違いなく、この行動がどれだけ周囲を騒がせ世界を乱したか、きちんとわかっている。
カガリがあのままオーブに居続けていたら、今のように連邦も、プラントも、暴走しなかったかもしれない。オーブの民は健やかだったかもしれない。
けれども、キラは。
正義とか、オーブの理念とか。そういう高潔な理想より大切な者を護る方が大切だった・・・と。

(いや、本当は・・・違う)
カガリを連れ出した本当の理由は。
ただの当てつけ、だろう。
曝け出せなかった感情。ちっぽけなプライドを護るために意地をはり、意見を戦わせることなく食い違っていく認識を質そうともしないで。
僕なら逃げないのにと、カガリを利用して。

「・・・バカだなあ・・・僕は」

こんなに離れてしまうのなら、何故ついて行かなかったのだろうか。
二人の間にある、信念など飛び越えて素直になればよかった。
それが無理なら、奪えばよかった。
キミの使命感や責任感、そんなものを全部捨てさせてしまえば。

「そんなことをしていたら、壊れていたかな。僕たちは」



デッキの一角にあるパイロットルームには誰もいなかった。
今は時間が惜しい、空いた時間は総員総出で整備や補給・情報収集に力を注ぐ。
パイロットルームにたどり着くまでは喧騒にも似た状況だった。いつ出動し出撃になるか不安定な戦況下にあり、追撃にあうかも知れないという近況に警戒も怠れない。だがクルーたちに悲壮感などなく忙しく立ち回って、いい緊張が続く艦内はぴりりと引き締まっている。
雰囲気的にとても居心地がいい。
それはキラの精神を落ち着かせるのに一役買っている。追い込まれていく肉体とは逆に気持ちは前向きになれた。ここにいる仲間との船出は不安と常に隣りあわせだった。激論を戦わせたり些細なことで言い争ったりし合った。でも、だからこそ自分の本当の気持ちに気付けて、シンプルな感情だけが残った。
引き金になった要因はあるが、原因不明の病はキラを追い詰める。
慢性的な倦怠感、不意に訪れる激痛に徐々に衰えていく身体機能。
だが、その歯がゆさにも慣れた。肉体的な終焉を身近に感じつつ、けれども意外に恐怖を感じない自分に感覚が鈍磨していってしまったのかとも思っていたけれども。それを凌駕するたった一つの願いにも似た想いがキラを支えていたから、ひどくなっていく体の変調も受け入れられている。
人間覚悟を決めると強くなれるというのは本当だったのか、と思うほどに、身体に反比例して精神だけが研ぎ澄まされていく。

最後の懸念だったカガリを送り出せ、背負うものがなくなったと感じている。
これでもっとわがままになれる。
キラは知らずに微笑んでいた。












クリスタル様
いつもありがとうございます~~行かないことにしましたから(笑)OOのネタバレいつでもどうぞ~!!

スポンサーサイト

theme : アニメ・感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。