スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀魂映画とか・・・色々。

ご無沙汰です。もう1週間ほど前ですが。「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」行ってきました。

ダンナ「ドキドキはなかったナ、話最後まで知ってるし。」
子「ハタ皇子・・・ちょっとだった!マダオも・・・」(←渋いチョイスに親は泣けた)
私「・・・スタッフ頑張った!」

我がファミリーの一言感想です。

うん、まあ・・・予想範囲内な内容だったかな~。
ちょこっと感想は改めて↓で。


長い人はまだGW中ですかね。
うちは暦どおりでしたのですっかり日常なのですが、休み後半は自転車ロード三昧で疲れました。
子供が自転車にハマってて・・・平地ばかりだが20㎞?とか平気で行くわけですよ。ダンナと二人でドンドン先に行くわけよ。
一人、ママチャリなんだって(笑)許せよ・・・。
足がパンパンになるわ、オシリが痛いわでもう、死。しかし行ったら帰らないかんのよ・・・チャリはさ~。
付き合いきれん・・・。
明日も行くそうですが、私はパスだよ・・・。
新しい自転車買ってくれても行かないんだからね!

・・・でも痩せるなら、やるかも・・・。




銀魂感想(行った人向け、少々辛口)。

うん、なんというか。
ファンは見に行くべき映画と言うか。苦節ン年頑張ってここまで成し遂げたスタッフへのご褒美~みたいな?気持ちが強かった。私としては本気の遊びを見届けるよ~、そんな感覚で行ったし、見終わった今もそう思ってる。
特にファンでもないんですが、TV版の最後はしれっとフェードアウトしてしまったので物足りない気持ちもあったからね。
内容については。
色々語っても既に単行本で読み、アニメで放送されているところなのでもういいだろう。
さすがに映画になると作画も迫力もアクションも申し分はなかったと思うし。
本当は登場のない主要キャラの出番も盛り込まれ、あんまり違和感なく入ってきてはいたが。
あってもなくても私はいいと思った。あ~出てきたな、って感じでストーリーには関われないし残らなかった。そこはサービスサービスなんで、ヨシとしとこ。

最後のおまけはいつもの公式の悪ふざけ。本当にやりそうで怖いな~。
おまけ部分のノリに、「ザブングルグラフティー」を思い出してしまった。古いな・・・私。
にしても、せっかくの主要キャラ登場も一言のキャラが多すぎで、何がなんだか状態、お祭りの最後の打ち上げ花火なんだろうが、もう少し出番~~~と思ったよ。でもこのノリが銀魂らしいのかも。
WさんとBさんは最初に振ったネタをちゃんと回収してて、さすがと思ったけれどね。

話は戻って。
本編については一つだけ気になるところと言うか、私的に「ええ~??」と聞き返したいシーンがあったんですけどね~。声のことなんですが・・・音響もいいと気になるんだろうな、と言う感じかな。


それは神楽と新八のユニゾンで叫ぶところ・・・、二人が桂にまだ間に合う、行けってシーンだったかな?(記憶があやしいが)。
(台詞は)何って言って叫んでんの?重なってなくてわからん!
ってなってた。
そりゃ二人が極まって叫ぶところだし、感情的にはそれでいいのかもしれない。
でも、そこは決めて欲しかったと言うか。
キーンと高音でキて・・・微妙にあってな・・・あれ?みたいな。
見せ場の一つなのに・・・なんだか残念で~。
私がしっかり聞き取れなかったのかもだけど。ちょっとひっかかったなぁ。

声萌えとしては、やっぱり子安さん・石田さん・・・迫力とかもう色々違うなあ。
久しぶりにこの二人にフィーバーしそう・・・私。
あと、TVのときよりも断然!!似蔵と村田兄妹が良かった!!

こうして、銀魂の最後の祭りに乗ったわけですが、ぶっちゃけちゃうとDVDまでは買わないかな~という感じですかね。
スポンサーサイト

theme : 銀魂
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。