スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒼穹のファフナー『Right of Left』感想

旅行から帰って来て実家で録画を仕掛けて旅行へいったのをやっとのこと見ました。
何の予備知識もなく見た話…時間軸が本編前とは知らず見始めて『あ~一騎たちの戦後を期待してた~』とか思わず叫んでしまいましたが、いやいやどうして面白かった。

ファフナーの本編って最初の方内容が解りにくくて、特にフェストゥムのこととか、島のこととか説明はしないという製作側の意図で解りにくい場面が多かったけど今回ので補ってもらったカナ?
それに本編の始めの方でどうして総士が一人あんなに頑ななのか、と思うことがありました。ただ『外を知らない』一騎たちとは違い『自分は現実を知ってる』と言う説明では理解しきれなかった心情が今回ので何となくわかったところも良かったな。自分はファフナーの適性がなく戦えず焦り犠牲を払ってでも守らなければならなかったものがあった、それを知っていたからやりきれなくそして2度と繰り返したくないと気負っていた訳でしょうね。同じ立場の蔵前はパイロットとして“同化”現象が出現し始め命を張ってるのにと言う思いもあったかもしれない…。
帰ってくることを信じ目と鼻の先まで帰ってきた僚たち、助けたかった…でも多くを守るために犠牲にした命を忘れないことや次がいつ来るかも知れない危機、そして次は自分たちが戦い必ず生き残る、といった決意が彼を厳しく律していたわけか…と推測してみたり。

さてスペシャルは、
島を守るために生まれて来た子たち…一騎たちの先輩たちもそんな運命を受け入れ、戦って日常を欲し…生き残るため、自分であるために生きようとする姿が切なく儚なく…最後は、それでも自分たちの帰る場所を守ったその瞬間…。
残ったもの、残された者…。
生きるということ、あきらめないということ。僚のログを聞く島の人達のところでかなりグッと来ました。
彼らのラストは何となく最初からわかっていたんですが、その生き様と物語をしめる人達が、もうあの世界には存在しない人が多くてまた感慨深く。
また見直してみようか…本編、と思ってみたり。

よく纏まっていたお話だと感じました。

はぁ~それにしても…やっと明日帰宅できます…疲れた年末年始でした…。
スポンサーサイト

theme : 蒼穹のファフナー
genre : アニメ・コミック

ファフナーにつられて(笑)

おひさしコメントです!
遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

>ファフナーの本編って最初の方内容が解りにくくて
ぴかりさん、お目が高い!!
やっぱり、そう思いますよね。
TVシリーズの脚本を書いている人は、12話から変わったんですよ。
脚本が変われば作品がこうも変わるか?と思うほど。(笑)
本職が小説家の 冲方氏は、流石!!という事でしょうか。うんうん。
自分、多くのファフナー・ファン同様、冲方ファンです。

では、
今年もよろしくお願いします。

運命よりも・・・?

あっちゃさま、コメントありがとうございます!
いや…、運命のスペシャルは私の住んでるところは放送がなく、大阪のいとこに頼み録画分を送ってもらい年末に見て、帰省してファフナーの放送を正月明けに見ましたが…よくぞファフナーより運命SPを先に見たものだと思いました。逆だったらと思うと恐ろしい(苦笑)。
面白かったしよかった!脚本が沖方氏になった頃からTV本編も面白かったですが、この左右もよくまとまっていてさすがの一言でした。
一気にファンになりました、同感です!
では今年もよろしくお願いします!
Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT

正座して泣く準備を完璧にして、『蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT』を見ました。 もうですね、ホント良かったんです! 12/29の放送も含めて、5回以上は見ましたよ~ --その度に、おっちゃんが涙してたり --浸りすぎて、感想が遅くなったってのは、

蒼穹のファフナー ~RIGHT OF LEFT~

ようやく、みました!!体調がいいときにみたかったんで・・あ~~~もう!!!外伝だから、いきなりみちゃった人はどういう感想を持ったかわからないですが。うあうあ~~~~~~~~~~~~!!!主人公が、病気もちながら前向き・・でも、はかなげで消えてしまいそう・

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。