スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キセキはおこらず。

奇跡なんてそう簡単にはおこりませんて・・・!

夜中書いていたものは途中で諦め。
というかよくよく考えればそれはサイドストーリーなので詳しく書かないことにして。
本題に・・・。
さあて、やっと書きたいとこにきた。
何年かかっとるか!



あ~今から子どもの個人懇談(ヲイ)
現実は厳しい。↑にこそキセキがおこらんか?




↓慟哭です。
前回のがうまく繋がってませんが書き足しますので。
HPの方にもそろそろ正式版を上げないと、放置しすぎてもう胸も痛まなくなってきた・・・(こらこら)。



深い深い闇の底で蠢くものが時折ふわりふわりと浮上してくる感覚、それは決まってこの時にくる。
といっても2度目だった。
2度目だがこの先も間違いなく思考をかき乱してくれるのだろう。
それが何を意味するかなどわからないが、己の楽しみを奪う迷惑なものになるには違いない。
楽しい一時を忌み嫌うように、まずふわふわと湧き上がってきて、急に増大したかと思うと、頭を割るような勢いで否定を繰り返す。
「撃つな、撃つな」そう繰り返すくせに、ズドンとくる。
・・・撃たれるのは自分だ。
撃たれた痛みなどない。が、衝撃としてやってくるのは頭の中、腹の中といわず全身に砂をたらふく仕込まれたようなざらざらした感覚が襲ってくるのだ。
灰色になる、そして、急激に重くなる、体。
目を開けていることさえ出来ない。
・・・闇に堕ちていく・・・その感覚がこんなにも。
(・・・気持ち、悪い・・・)
死んだ方がマシだと、思うぐらいの苦痛だ。

もう一撃、それで目の前の機体は粉々に砕け散っただろう。
いや、訓練だからそうはならなかっただろうが、今一歩、というところで邪魔が入る。後一撃で、アイツを完全に屈服させることが出来た。それを・・・。
それを・・・。
何が気に入らない、何を否定するんだ!
叫んでも答えはない。
ただ、意識は薄れ、重く自由のきかない体は強い力で引っ張られるようになって奈落に引きずりこまれる。
そして、完全に暗転した。






アツイ。

・・・・・・・・・・・・体が焼けてしまう位に。

カナシイ。

・・・・・・・・・・・・それはただの紙切れだというのに。

オモイ。

人の思いも。
重力も。
白いカラダも。
その、言葉も全部、全部。



オモイ。



だからいらない。
忘れたい。
・・・撃ちたくない。
苦しいのはもういやだ、だから捨てた。
リセットした。


ハズダ・・・ッタ。







「・・・起きたのかね」
傍らにいたのが誰なのか、判別できなかった。

「・・・護るのは、僕だよ」

この言葉を吐いているのが誰なのかさえ、実はわかっていなかった。
こんな声、聞いたこともない。
でも、オモイは止まらない。
全部出してしまわなければ、戻れないから。

「そうだよね?」


呟きは妙な響きに満ちていた。
嘲り・憎しみ・悲しみ・絶望・・・?
どれが当てはまるのか、デュランダルは判断に困った。
否、どれも当てはまらない。
しかし負の感情が篭っていることだけはわかった。
「キラ?」
「君に護ってもらう必要なんてない、弱い君になんて何も出来はしないんだから、僕がやってあげるよ?ノゾミドオリニネ・・・」
誰に何を言っているのか。
妖しく笑う貌は怖いぐらいに妖艶だった。
「ふふ、君は僕の強さが欲しいだけでしょ。あげるよ、ちゃんと。その代価は、払わせてやるから・・・」
自嘲気味に呟きながら起き上がったキラはそのまま傍らの人物の腕を引いて、囁いた。


「・・・ダきたいの?ダかれたいの?」


その瞳には何も映ってはいなかった。







                                            くろいで~す・・・。
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。