スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首が回らん・・・(泣)

ってタイトルをつけてしまいましたが、借金とかで、とういうような生々しい話ではありませんから(汗)

筋肉痛&神経痛です。
月曜日にしたPTAの事務作業が原因。
・・・ラミネート1枚に対し4つ穴開ける→金具みたいなもの→ぱっちんして穴の補強。
みたいな?作業をこつこつとしたんですよ・・・。
その日は右手の握力が死亡。
次の日は何故か使っていない左手が筋肉痛でアウト。
昨日・・・両肩周辺がコンクリート並みの固さに→首も回らん。
てな感じで悶えていました・・・。
あ~いつまでも若くない。かなり後から痛手・・・は来る。
あだ~!!今日も引き摺ってます、がPCの操作は出来た。

ま~そんな老体が一昨日Upしようと思っていた、頭悪い話・・・。
前回の続きですが、そんなこんなでまた晒しておきます。

↓から(慟哭)




                                           届かない慟哭■36■(後編)              


「・・・アイツを知ってるのか?」


結果に憤るでなく、落胆するででなく・・・。
ただ闘志を漲らせ前を見据えている。

先ほどの模擬戦で闘争心に火が点いたというのか。
まっすぐな瞳に純粋な競争心が見え隠れする。
だが同時に不気味に煌く眼光も存在している。
一方的に攻め込まれた模擬戦は最後の方は見ていられないほどだった。あの敗戦に当然荒れると思っていたのにこんなにも静かなシンの態度に、レイは少し戸惑った。
(何を考えている?)

シンはあの戦いの最中に何を感じたのだろうか。

家族を殺された憎しみの対象そのものに対して異常に執着することで、崩れそうな自分の存在意義を確認して己を奮い立たせていたシンは出会った頃孤独だった。
2年前、自分ひとり家族から取り残され生き残ったその意味に押しつぶされそうだったからだ。
そんなシンに復讐のために生きていいと受け入れ、萎えそうなシンの心を奮い立たせてきた経過にレイは深く関わっていた。感情が抑えきれないときも、落ち込んだときも、現実とのジレンマに陥ったときもレイは傍にいてやった。
オーブの崇高な理想を信じて疑わなかった。だが実際は国家理念遵守のために個人を殺した。国土を戦場にしてしまった責任、オーブ愚かさ・・・それをどこにぶつけていいのかわからず、シンは家族を撃ったMSそのものを、見える憎しみの形とし心の安定を図りモチベーションを維持した。
いつかこの手で倒す、それがすべてとなった。
そのために血の滲む思いで得た今の力と認められた実力は、シンにとっての生きる矜持となった。
ある意味、レイはシンをそう仕向けた。
だから今のシンの反応は予想外で驚いている。
(・・・感情的になっていると思っていたが、この穏やかさはなんだ?)
先の会戦で敗れたフリーダムとの戦いの後彼はすべてを失ったかのように荒れた時期もあった。しかしレイの助言であの戦いをフィードバックしてデータを解析し、シュミレーションを重ね、必勝法を叩き込んできていた。が、また彼は討たれた。
機体こそ違い、パイロットのことなどシンはあずかり知らぬ事なのだが、また負けたのだ。
いや、相手を知らないといっても刃を交えれば、どうしてもイメージは被っただろう。
だから相手のことを知りたいのか?
なんにせよ自分の実力不足は露呈したのだから、これまでの努力は今回の模擬戦で何の役にも立たなかったと証明されたも同然だった。
間違いなく圧倒されていた。
それをどう、受け止めているのか、どうしたいのか。
感情をコントロールしているとも思える態度に躊躇したからこそ、こう訊いた。
「・・・知ってどうする?」
しかし、
「・・・知らないなら、いい」
穏やかに答えた。シンの心がますます分からなくなった次の瞬間。
シンが不敵に笑った。
そしてどこか悟った目でレイを見返した。
涼やかな視線のなかに灼熱は存在していた。

その強気な瞳はレイのお気に入りだ。
これまでだって裏切られたことがない、期待していい瞳だ。


思わず笑みが漏れた。
これから自分がしようとしていることに恐れはない。
これこそ望んでいたこと。
連綿と繋がった過去からの因縁から解放されるその時が来たからだ。



何も言わずシンに背中を向ける。
語らぬレイの後姿、そこにシンは答えを見つけるだろう。





一瞬遅れてシンはレイの後を追った。



・・・その時は近づいていた。




                         あ~イメージ通り書けん・・・(泣)
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。