スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムOO2ndシーズン#04「戦う理由」感想

いかん・・・まだ盛り上がってこないなあ・・・というのが今回の全体的な感想なんですが・・・。

ナニがどうって、こんなにたくさんの人間が出てて関係が存在して、因縁が存在してるのにまだその奥深くに入っていないと感じるんですね。
感情をぶつけ合おうよ・・・もう2期なんだからその辺のところに深入りしてくれ~と思うのです。
いや入っていってるのかもしれませんが・・・まだ足りないな~と。
例えば、あの仮面の男はダレなのか・・・視聴者はしっかりと分かってるんです。がまだまだ執着が甘いと思ってしまえるところ・・・スマートすぎるわ!!地獄を見たのなら盲執してけ~と思ったり。
刹那とマリナの関係もなあ・・・もっとこう・・・。
愛とか恋とかそんなのはないと思うさ、あの二人にはね。芽生えそうにない。
戦うしかできないという刹那がマリナに対して感じているのは故国への愛着で、ろくな幼少時代ではなかったとはいえそこに自分が確かにいたという存在を確認しているともいえる証拠であり、確かに思い入れがある場所であるからかけがえのないものという憧憬であり。マリナがいる限り帰れるのではないかという期待を孕んでいる希望であるはずで・・・。だからこそマリナを助けたり気に掛けたりすると思うのです。
「一緒に行かない?」とマリナに声を掛けられてその場では迷いなく断った・・・って感じに見えたけど後に戸惑うシーンがあった。本当は心が揺れてたんだよね・・・分かる・・・けど分かりにくい・・・そう思った。感情を表に出さない刹那だから、とも思えますが・・・キャラの感情の部分をもっと出して欲しい・・・モノローグでもいいからさ~そう思いますね。

その点、今日はワタクシ期待のビリーさんが・・・良かった!!
スメラギへの気持ちを踏みにじられ裏切られたという気持ち。スメラギのことはマジだったんだねえ・・カタギリさんよ。男の純情を踏みにじったという彼女への負の感情が良く出ていました。押し殺した感じが良かった。
そして・・・それに対しビリーほど深い感情がなかったに違いないスメラギ・・・いいじゃないですかそこが!だって何か深いものがあれば逃げ場にはしない、簡単にもとの世界には戻らないはず。
大人のずるさがいいなあ・・・こういうシーンが欲しかったし期待を裏切られなくて良かった!
これからも憎悪丸出しの執着心バリバリにお願いしたいです。
大人・・・と言うならロックオンも「比べられたくない」という気持ちがさせる軽薄な感じも心が見えていい。これもいい加減大人だからできるずるさがある・・・自分をああやって守ってるし本心を隠している。一歩引いている距離感を保ちつつ、でもシュミレーションとかで努力するところがまた・・・可愛いゾ。腹に一物抱えてる感じが出てました。

キャラが多いだけ人間関係は複雑でどこかしらで繋がるものがあるはずですから・・・今後はピーリスとセルゲイ親子とかも一悶着あるだろうし・・・アリーさんも再登場でしょ?この人に対してはソレスタルビーイングのメンバーは過剰反応しても仕方ないはずなんですよ、そこはどうなるのか・・・。
んで忘れちゃいけない世界には自分に似た人が3人いる・・・んだよね?(OPを見る限り作られた3人らしいですが)ティエリアさん・・・!
どう絡むのか、それを描きながら戦いをきちんと終結させることができるんかー!と思ったり・・・。
ええまあ、まだ3話終わったところなんですが、2期の3話ですからね・・・テンポが悪いというかなあ~見せ方の問題か?いかんいかん・・・批判ではないんですが正直そう思う・・・。
やっぱり・・・こんな感想になりますかね・・・ハイ・・・。



スポンサーサイト

theme : 機動戦士ガンダムOO
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。