スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス反逆のルルーシュR2#24「ダモクレスの空」感想

後一回か・・・。
最終話のタイトルが・・・う~んまさかとは思うけどゼロレクイエムとは・・・??
どうせ想像してたものとは違うからな・・・とにかく今回の感想。

ルルーシュが皇帝になり、対シュナイゼルと言う対立軸ができてきたあたりから、なんとなくですがシュナイゼルの最期、というかあの人どんなふうに退場していくの?とか・・・想像できなかったんですよね・・・。
クロヴィスのような感じになるのか、それともシュナイゼルは最後勝てないと悟ると勝手に退場するのか・・・再起の方法とかもきっと緻密に計算していて・・・?などど色々考えてみてはいたのですがどれもしっくりこなくてどうなるんだろうと思っていたのです。

そうか。
ルルーシュは自分が前に出ると言う事態になったときにはシュナイゼルにはギアスを掛けるつもりでいたんだな。
それはシュナイゼル自身が空虚な人だということを分かっていたからなんですね・・・。しかし生まれや今の環境において殿下と言う立場でプライドは高い。ギアスが掛かって生きると言うことに対し耐えられない屈辱とか敗北を与えられる・・・ボロ雑巾じゃないが買い殺す気満々な気がします。
こりゃひどい。
ですがシュナイゼルさん・・・淋しい人だろうとは思っていましたが・・・ナニに対しても執着がない、というのは恐ろしい・・・感情によって動かされるものがないといっているのと同じ様な気が・・・。そうなるにはやはりこれまでの環境が殺伐としていたり諦め、達観といったどうにもならないものを見つめてきて「変わらないなら現状維持」と言う結果に突き当たったのかもしれません。だから自分には皇族という今の地位さえがあればそれはそれで安泰何でもできるとかいう考えが彼をうまく立ち回らせていたのか・・・だからこそ「ナナリー皇帝」を推奨したんだね。

そんなシュナイゼルを見て思っていたんですがこの人とよく似ているというのか、同じ匂いを漂わせていたルルーシュ。幼い頃に母の暗殺事件を経験することもなく日本へ送られることもなく育っていたとしたらこの兄の様になっていたかもしれない、と思いましたが・・・どうでしょう??

さてルルーシュの起こしたこの戦いも動機こそ妹のためと言うものでした。今はその当初の思いとは少し軌道がずれてきてしまいましたがどっちにしろ世界の改革と言うものを考え進んでいた・・・これがユーフェミアの望んだ世界に一致するのかその発展的なものなのかまだ分かりませんが・・・ルルーシュのこれまでの経験の中で感じた未来という可能性に希望を持っているのは違いないしそれを生かす戦いを仕掛けているはず。また共闘するスザクとも望んでいる世界のヴィジョンは近いものがあるはずなんですよね。かといって過去にやってきたことがすべて帳消しになるわけでもなく未来の世界の姿が誰にでも優しいと言うことはないと思うのです。どう決着するのか・・・二人にとっての結果良ければすべてよしということにはならないはず・・・。
ですが「守りたいものがある」とジノを退けカレンとも対峙するスザク、ナナリーをも手に掛けると言う覚悟を持って臨むルルーシュも最後には少しでも救いがあればと思います。

気になることもいっぱいあった24話でした。その中でもC.Cに関してはルルーシュとの約束が未来に向いていると感じてほっとしたりしましたが・・・気は抜けない。また戦いに組していた軍人で死んだと思っていた人が意外にも生きていたりして(コーネリアやギルフォード然り・・・)、黒の騎士団においてはちゃっかり脱出したりパパになってしまった奴までいて希望の持てる未来が見えている人が多くて。ん~戦いの当事者ばかりが生き残って一般人だったシャリーは死んだ(ロロが殺したんだから仕方ないが)のは釈然としない。それもこれもギアスという力が招いた混乱と結果と言ってしまえば終わりだがやはりどこか不条理に思ったりしてしまう。
そのすべてがルルーシュのせいと世界は断罪するのか?相応の罰(に近い何か)とも言える運命が最後に降りかかるのか。それに乗じた形になったスザクにも・・・とか(ああこいつは罰を望んでいるのか・・・)。
それは「死」というものでは贖えない、贖えきれないと私は考えているのですが・・・。
後一回の放送は心静かに待とうと思います。


スポンサーサイト

theme : コードギアス 反逆のルルーシュ
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。