スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス反逆のルルーシュR2 TURN06『太平洋急襲作戦』感想

もう、今日のは何回見直したやら・・・それもランスロット・コンクエスターの発進シーン・・・ばっかね。
前シリーズの時からすんげ~萌えてたんすよこのシーン、凄いテンション上がる!!
それも出撃前のセシルとスザクの作戦とか状況確認のやり取りシーン~。
よし、期待通り来た!
特に「発艦!」って掛け声(ん?)が!!
セシルのナビも、スザクのそれも、ランスロットが飛び出していくのも・・・好きなのよ・・・もう・・・!(変?)キターと一人叫びながら何回も見たよ・・・!
しかし・・・深夜放送のほうがより燃えたな・・・正直。


さて、ナナリーも本格登場。
しかしね・・・先週も言いましたがやはり、個人の考えというか、視点の相違によるそれぞれの思いの違いをルルーシュはどう考えているんだろうと思ったり。戦略での心理戦は長けてるのになあ・・・。
そもそもルルーシュの「お前は俺を皇帝に売った人非人」とスザクを評価しているけどね・・・(確かに友達を売るという行為は信じがたいのですが・・・)それもルルーシュがスザクが自分に対して友人として絶対しないだろうと信じていたからこその評価であってルルーシュが自分中心に考える視点での感情なんですよね。
それで完結してしまっていて、スザクが何を考えていたのかとか、友人であるルルーシュにはずっと嘘をつかれ続けあげく(助けられたとはいえ)ギアスを使われ捻じ曲げられた思考があり。その能力は結果的にユフィを殺した・・・そのことに対してスザクがどう思い、考えたかは無視してるわけでして・・・。どうも自分の所業は棚上げ的だなあと毎回思うのです。

で・・・今回のナナリーとゼロとの対峙でもね・・・。
ゼロとして立ち上がったルルーシュの生きる理由はただ一つ。
ナナリーに「優しい世界を」というもので、それが戦う理由でも革命をする理由でもあるわけなのですがそれは、ルルーシュだけの考えであり、ナナリーの幸せを願う自己満足的な「将来像」の上の行動が先立っていたのではないかと感じてしまったのですね。
つまり目や足が不自由なナナリーを現実的に受け入れられていないから、この世界のままでは彼女がかわいそう過ぎる・・・彼女では今の世界で生きていけない無理だ、と結論付けてしまっている。
母を殺された過程の謎もありはしますし家族としては思いいれも激しいでしょうが、今の実力世界ではナナリーは自分なしでは到底生きていけない・・・そう思い込んで彼女の可能性や考えは度外視している気もしますね・・・う~ん・・・。

でも、今度登場したナナリーはどうでしょう。
目や足が不自由なことは関係ない、今やれることを彼女は自分から選択したんですね。
確かにこんな強い意志をもって前に出てきたきっかけはユフィの死でありエリア11で起こったことを見てきた結果であると思いますが、なんだかね・・・生き生きしていたと思うんです。
ハンデなんて吹き飛ばす強い決意を感じたりしたんです。お飾りと周囲は言うかもしれないけれども彼女自身が自分の可能性を自分で切り開こうとしているんですよね。それは今のこの世界でも立派にやっていけるかもしれない未来を秘めていると思うのです。

そりゃね、彼女の存在はゼロにとって大きいので皇帝もスザクも利用しようとしていますが、そのことを抜きにしても彼女の持つ視点で選んだ「総督」という地位は誰にも文句は言えないのだと思うんですね~。その姿を見て、ルルーシュは自分の存在意義を見失ってしまったようにも見えましたが・・・・どうなのでしょう。

その上自分が人間以下に思っている男にナナリーは頼ったりして・・・ルルーシュはこれまでの自分さえ否定されて・・・踏んだり蹴ったりでした。
その別れの最後にナナリーに届いたゼロの絶叫・・・。
「ナナリー」と自分を呼ぶ声が・・・兄に近かったとナナリーは気づいたのでしょうか。

確かにスザクの近くにいた兄、「今は他人の振りをしなければならない」理由とスザクが嘘をついているかもしれない、また兄も・・・。
二人の間に何があったのかをナナリーはスザクに問うかも知れません。
そして兄がどうして他人の振りをしなければならないのかを知りたいと思いますから。
だってナナリーの願いは・・・ね・・・。
ユフィに言ったとおりならば彼女のすべきことは自分の大切な人とどうして一緒にいられないかを知ることでもあるのでその辺りからナナリーが「何があったのか」をスザクを問い詰めたりする可能性もあるかな~とか思ったり。
皇帝はゼロの正体とギアスのことはナナリーには伏せるという方向で、スザクもそれに殉じるのでしょうから今はナナリーをルルーシュへの罠に使いもしたんでしょう。彼の目的は「ゼロを殺す」ことですからね、ただ、私はスザクもまたナナリーを悲しませることだけはしないと思っていたいからね。
総督としてやり遂げたいこと、ナナリーの言う「やり直せるはずです、人は」という気持ちがスザクを動かすか、ルルーシュを動かすかまだわかりませんが。
今は二人、ルルーシュもスザクもお互いへの憎しみは深いようですから・・・彼らの向く方向がナナリーをもってしても今のところ交わるような気がしないなあと感じつつ・・・。
ルルーシュとスザクの今後の方向は彼女がキーになるのには違いないかと思う次第です。
できればロロも・・・助けてやってナナリー様・・・・。

さあて・・・もう一人待ちに待った人。
プリン伯爵・・・グレードアップしてて最高でした。
「皇帝ちゃんの直属になっちゃったからねえ」
あはは。
元特派・・・楽しそう。
ロイドはスザクの後見人となっているようで・・・より家族的な雰囲気を感じてしまいました。
もちろんランスロットへの愛も・・・伯爵、リアクション最高です。
独断でシュナイゼルへの無断借用(というか)分のフロート装備機が爆散してしまったあたりも・・・本当ならかなりヤバイと思いますがロイドならではのあの調子とシュナイゼルの太っ腹な感覚で蚊が止まったぐらいにしか思わないんだろうな・・・超大物な二人がいたら無敵な気がしましたよ。
スザクって恵まれてると思うなあ・・・元特派な人たちに加えジノ・アーニャとR2になってスザクの回りが華々しくて嬉しいです。

ああそうそう・・・忘れてはいけないシャルル皇帝陛下も・・・今回でなんだか印象ががらりと変わった。
皇帝もかわいいところあるのね・・・「そうですか兄さん」
お前らは芸人か・・・と突っ込んだりした今回でしたが皇帝はV.Vとの契約が至上なご様子。垣間見た本来の皇帝?V.Vと対するときの穏和な雰囲気は驚きました。
・・・何が二人の間にあってその契約になったのか・・・V.Vはかなり生き字引的なお年・・・?のご様子で。こちらの関係も注目だね。
スポンサーサイト

theme : コードギアス 反逆のルルーシュ
genre : アニメ・コミック

Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN 06 太平洋 奇襲 作戦

今週もやっぱし面白いやねぇ「コードギアス」ヽ(´ー`)ノ コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01 (Blu-ray Disc)福山 潤 水島大宙 櫻井孝宏 おすすめ平均 最高のアニメBlu-ray選択肢とゆう事については先を見越して内容は文句ないです・・・しかしAmazonで詳し....

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。