スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムOO#25「刹那」感想

サイパンから昨日深夜に帰ってきました。
向こうは日本より時間が1時間早いんですが、OOがリアルに第一期の最終回を迎えていた時は私は美しい落日に包まれたシーサイドでバーベキューなどに勤しんでいました・・・。
平和なことです。


家にたどり着いて即見ました、最終回。
1年のスパンでやっていたものを構成上2回に分けて放送するという方式、そのことで一応の決着を付けなければならないストーリー展開を考えると・・・こうなるのだろうか、とまず思いました。
キャラクターの使い方が・・・特に。ぶっちゃけもったいないと。
半年空くということで話を引っ張って視聴者に色々考えて想像して楽しんでもらおうとする意図の中には、新キャラがくるぞ、というものも確かにあるでしょうし期待もしますが今いるキャラをこんなにも・・・昇天させなくていいのに・・・とか率直に思ったわけです。
プトレマイオスクルーも半分はいなくなり、AEUとユニオンのエースも消えました。確かにいつ死ぬか、という戦争をしているのでこうなる気はしてましたが・・・なんとなく後味悪く。
また生死不明者も多い・・・?(これについては後述)。


この戦い、後半は特にソレスタルビーイングの一人芝居・・・?に近い争いということになるんでしょうか。当初はそうではなかったはずですがいつの間にか力を得たエゴイストが世界を破壊し自分のいいように再生させようとした・・・気づかぬうちに人々は巻き込まれて導いた答えが平和だと信じて世界は歪んだままに再生し、けれども根本的には何も変わっていない、ということになってしまった気がしますね。
世界の一部を構成する一人一人の変革・・・それはなされてはいないのだから。
武力による戦争根絶、ソレスタルビーイングの存在意義もまだ語られてはいない、その入り口に立ったところで主人公の刹那もまた明確に答えを導き出せてはいない。
が、刹那にとっての戦う意味・・・世界の歪みの抽出を戦うことでしか表現できない、戦うlことでしか破壊できない・・・それが自分の、ソレスタルビーイングのあるべき姿なのだということを体現していかねば変わらない、変われないと信じこれからも必要なのだと考えているという問いかけで彼らの戦いは続く、という風に締められたわけです。



さてマイスターについてですが・・・。

*アレルヤ
もしかすると・・・主人格はハレルヤだったのかも・・・と今になって思えます。
超兵として完成されていたこと、でもその自分を本当は忌み嫌っていた、本来自分がこうでありたかったと願う気持ちがアレルヤを作り、それを最期まで護ったのではないかと思うのです。
ピーリスのこともいち早く気づいていたようですし、過去に何らかの心の接触があったことは確かで、そのことが彼を支えていた「何か」になっていた(「死にたくない」という部分かな)。
だからその彼女と戦えない自分を知って・・・その部分の人間としての心を大切にしたかったから戦いのときハレルヤはアレルヤを切り離し表に出て戦っていたのかもな、とか思いました。
その心を護りきってハレルヤは消えた・・・そう思えます。
アレルヤは・・・世界の答えを聞くまでは生きると言う答えを導いていましたので・・・超兵である部分のハレルヤは死に、人としてのアレルヤは生き残ったと考えています。

*ティエリア
彼は多分死んだのだろうと思います。
まだ戦いは終わっていない、その意思を伝える・・・という意味で太陽炉を送ったことで彼の意思もまた誰かに引き継がれていく・・・それはこの戦いでティエリアが得た人とのかかわりの部分なのだと思います。
ヴェーダと自分、それだけでよかったと言っても過言ではなかった彼が、ロックオンの「ソレスタルビーイング」という存在を一つとして考える行動に触れ理解したことで自分の意思で戦うということを知り最後の戦いでそれをまっとうできたのではと考えます。
私の想像ですが・・・ティエリアという人物は替えがきくのではないかと思うのです。
後で出てきたおかっぱでないティエリアのように、ヴェーダの申し子的ティエリアはどこかに一杯いるのでは?もしくは作れるのではないかと思います。
だからではないけれども・・・このティエリアは次世代に希望を残すということでロックオンのしたことをトレースしたことで自分をやり遂げ・・・ロックオンのところに逝った、それでいいかな、とかちょっと腐入りでもある考えもふくまれますが・・・それでいいのでは、と素直にそう思ったりします。

でよ、クリクリ髪の新ティエリア(仮)さんとその横の彼女。
そうか・・・!ある意味、黒くなるのは沙慈ではなくルイスか!とか・・・思った一瞬でした。
王のところにいるネーナ・・・の存在が引っかかったのでもしかすると王留美は今のソレスタルビーイングの協力者である立場から一転、アレハンドロのような感じになるのでは・・・?なんて想像もできます。
ヴェーダに入る(という表現が正しいか分かりませんが)ことができる人、ネーナ・リボンズそしてティエリア・・・。
リボンズは何だか美形な集団で世界を牛耳っていそうですからね・・・そのことを知ったネーナは兄弟を殺され自分たちが生きる意味を見失ったということの裏を突きとめ・・・ネーナは復讐を兼ね王を手を結んだかもしれません・・・。ソレスタルビーイングのOOの機体のデータは間違いなくネーナがいただいていたようなので正統派の切り崩しから行くのかも・・・?
その行動を見破れたとするならばティエリアは王を切りにかかるでしょう、そこに財力のあるルイス登場ですね。ルイス自身自分の身の回りに起こったことの顛末をどう知ったかといいことになるでしょうが・・・傍観するか当事者になるのか後者を選べばソレスタルビーイングに関わってくることのできる気がします。
あのカットの雰囲気なら新ティエリア(仮)がハレビィ家の弱みを握って・・・みたいなところも感じましたけど遺産相続とかしたならルイスは十分ソレスタルビーイングに力を貸せるよな~とも。もしそうなら沙慈・・・まっすぐ生きて欲しかったり・・・。

*刹那
彼の答えはまだ。
マリナにメールが届いた時は自分が死んだ時、みたいな感じになっていましたが生きてるでしょう。
彼には戦いだけが世界の歪みを変えられる、と思ったまま戦い続けて欲しくはないですしどうして人は生きようとするのか、という答えを見つけて欲しいと思います。死んでしまった仲間の存在を背負っていく、という意味でも・・・自分と戦って存在し続けるべきなのですよね。


・・・グラハムについてなのですが・・・。
軍人のなかの軍人、というべきなのか。
自分よりも強い存在の脅威を払うには戦うこと、それでしか自分は生きられない。ある意味本能的に弱肉強食な感じ。認められないものは徹底的排除、という狭い世界に生きている人だったな・・・と思います。刹那はそれを「歪み」と表現したけれどこのグラハムの考えこそが大多数なのでは・・・?と思ったりしました。ソレスタルビーイングの破壊にもぶれずに壊れなかった人・・・というかね、それが刹那のいう「エゴ」な人間なのかは判断に苦しみます。自分の大切な仲間・世界が壊れていくのを黙ってみていられない、護るべきものは今自分が存在する世界・・・そういう人だったのでしょうからね。
ぜひ、彼には生き残ってもらって統合した軍隊でどうなっていくかをみたかった・・・。

最後に・・・。
サーシェス・・・生きてたよ・・・。
ロックオン・・・嗚呼・・・遂げさせてやれよな~。
(しかしこれでロックオンもイきてる可能性・・・?どうよそれ・・・複雑だ)









スポンサーサイト

theme : 機動戦士ガンダムOO
genre : アニメ・コミック

成る程そう考えればあのクリンクリンのティエリアも納得
だって誰!?( ̄□ ̄;)なワンカットでしたもん
ロックオン説
いや、それはどーかと…惜しいキャラではあるけどね
しかしいっぱい死んだな~と…
悲しいけどコレ戦争なのよね(; ̄▽ ̄)懐ゞゞ

お星様多し・・・。

ロックオンは死んでるだろう・・・ただ双子みたいな感じの人が墓参り・・・シーンがあったりしたよね??あの人が出てくるんでしょう、と勝手に予想です。
ほんま、いっぱい死んだよね・・・ラッセは生きてて欲しかった・・・グラハムもな~。もったいないよ・・・。
Secret

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。