スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムOO#13「聖者の帰還」感想

刹那がマイスターであり彼の過去があったからこそアザディスタンの宗教指導者、マスード・ラフマディを傭兵から奪還できた。
そしてエクシア(刹那)がアザディスタンの王宮にマスードを送り届ける、と言う作戦にエクシアは武装解除で臨む・・・それはソレスタルビーイングのやり方を世界に見せ付けると言うことにもなる。また刹那にとってはエクシアに乗ってはいるけれど自分の信じたもので前に進むことができるのだとようやく納得できた?ということだったのでしょうかね?刹那は相変わらず分かりにくい印象がありますので・・・常にグラハムとの会話のような感じならいいのにとか思わず思ってしまいましたが・・・。
彼らは何も武力だけで世界を変えたいわけではない、いくらでも方法はあるし争いをやめる為の歩みよりも支援していく、と言う姿勢を見せた。・・・なんにしろ、一応終息に向った内乱・・・内紛は続くが歩み寄る努力も続いている、というラストでソレスタルビーイングも何も戦うことばかりを目的とはしていないと言うことを主張してなんとなく・・・これまでのお話を通じて彼らの行動を表明しきった?と言う印象の今回。そういえば1クール終了・・・。


しかし、この話で刹那は自分の情報をあちこちに零してきたなあ・・・との感じがします。

まずは刹那はグラハムと接触して彼が故意に流した情報で動いたことに今後意味が出てくることを期待したい。グラハムは刹那がマイスターだとは思ってもいないと思いますが、この情報で何かが動く・・・のを期待してポロリと漏らしたのでしょうが。刹那の容姿はしっかり見ているんで今後出会うことはあれば勘のいいグラハムは気付く可能性もあるだだろうと思えますから。

またグラハムの情報からこの国にいる傭兵がアリーではないかと推測し刹那が過去の隠れ家を強襲した結果、アリーには過去に関わったクルジスの少年の誰かがマイスターであると言うことが確定。それが誰かとは特定はできないけれどもこの情報はアリーには使いようはあるしね。

そしてエクシアのパイロットのコードネームを呼んだマリナ・イスマイールは、刹那がそれを肯定も否定もしなかったけれどあの時の少年だと確証を得たと思えます。

ガンダムマイスターの正体について秘匿の義務があるそうですが、アレルヤに続いて刹那も一部の人間にはその輪郭が見えてきたという感じ。人革連にはアレルヤ、ユニオンには刹那?ときたらあとはAEUにロックオン、と言う流れでしょうか?
アイルランド出身と言うことでよく似た人物もまだそこに入るようですからある意味姿を見られたらロックオンは一発でばれそうですね。
マイスター同士も作戦を抜いてしまえばその関係が希薄だしね・・・濃ゆい人間関係のドラマがみたいので・・・まだまだ物足りない気がしますがあと1クール、どう盛り上がって前半戦を終えるのか。
2クール目の人間模様に期待+ガンダムは戦ってナンボなのでいい具合の比率でお願いしたいかな、と思います~。



スポンサーサイト

theme : 機動戦士ガンダムOO
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。