スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムOO#10「ガンダム鹵獲作戦」感想

今回はアレルヤの狂気ぶりが際立った~もう一人の彼の残酷ぶり・・・でも彼と支えあってアレルヤは生きてきた、というかこれまで命があったんだよね。

んでラスト近くのね~
「イオリアの理想をガンダムは体現しているのに・・・何故こうもマイスターたちは不完全なのか」
王さんよ・・・それどうなの?と思ったりしました。
どんなに機械が完璧でも、それはそれ。操るのは人間なんですのよ・・・。彼女が何を考え協力しているかは分かりませんが・・・。この台詞・・・傲慢だよね、ちょっと気になってしまいました。
今回の感想はアレルヤ&ティエリア中心。


・アレルヤ
繊細でとても穏やかで優しい性格なんでしょうね・・・彼。それが人革連によって歪められてしまい、生きるために凶暴な自分を生んだ、ということで瀕死の局面には彼がアレルヤに変わって出て来て生をつないできたんしょうけど。それにしてもいつかアレルヤを食ってしまいそうな勢いです。このまま戦っていると抑え切れなくなりそうですがどうなのでしょうか。
ピーリスの方は既に”お仲間”に干渉されても大丈夫のように更なる強化が進んでもう人革にとっては凄い兵力として認められそう。そうなるとこの後超人はいっぱいでてきそうなんだよね・・・そのたびにアレルヤは追い詰められて暴走?自分を失っていきそう。
そしてもう一人の彼が戦うごとにアレルヤは壊れるしかない・・・という感じ。
自分の残酷性を受け入れつつ戦うことは彼の精神を疲弊するだけ・・・。
精神的だけなものではなくアレルヤには身体的な強化が枷になっていくし・・・身体的な問題(ピーリスなど超人と共鳴・・・?というか)は今後どうにかしてあげないとソレスタルビーイング自体危機になる気もしますので・・・心配。
アレルヤがもう一人の彼と統合、というのは状況的に難しそうだしね。
あの狂人ぶりは・・・アレルヤが相当な目にあって来た証拠ともいえ、痛かった。今一番マイスターの中で今後が気になる人です。


・ティエリア
あれだけ強気に、またソレスタルビーイングの進むべき段階を忠実にこなそうとしていた人物が何段階かすっ飛ばして出現させてしまうことになったナドレ・・・ですか?
何だ?あの赤い髪みたいなの?という突っ込みは置いとき。
ティエリアはその存在が死んでしまうとか敵に知られてしまうとか、敵に捕らわれてしまうとか、という言う危機が来た時"変わって"しまうんでしょうかね。そういう仕掛けが施されていて今回ヴァーチェはもう一つの姿になった、って気が。ティエリアの瞳の変化がナザレを呼んだといった感じでしたから。
ソレスタルビーイングという組織にとってティエリアは何らかの鍵をのような重要度なのですが、だからこそ自分の失態に涙したり。定められた計画の通りに進まないことに対してのあの反応・・・過剰だなあ・・・。
そして気に掛かる一人称の変化「俺は、僕は、私は」あの器にいっぱい人でも入ってんの?
そんな感覚を受けましたけれど。
失敗を認めた己の行動、彼の言うマイスターとしての資格、彼の中の評価基準は分かりませんが自分にも他人にも厳しそうなティエリアですので、今後もっと辛辣に厳しくなりそうにも思います。



マイスターたちは戦うごとに追い込まれていくわけですよね。その心理的変化を度外視して戦えるということはないと思うんです。そんなことできる人はいないとも言えそうです・・・。
なので「何故こうもマイスターたちは不完全なのか」と王が言ったことに違和感と不快感を感じたのですが・・・。

それでも彼らは留まる事無く進まねばなりません。
スメラギもまた同じ過ちを繰り返したと嘆き、トラウマを抱えた人ばかりがプトレマイオスにはいて、それらと戦いつつソレスタルビーイングの理想を実現することが結果彼らを救い世界を変える事になるのかと思わせたり?
どうにも破滅的に感じます・・・彼らの心理的描写をもっと書いて!と願いつつ。
次回はアレルヤの過去に関わる施設の攻撃らしい・・・この作戦で強化されてく子供は犠牲になるんでしょうか・・・ああ・・・そう考えると気持ち落ち込むよね。
スポンサーサイト

theme : 機動戦士ガンダムOO
genre : アニメ・コミック

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/meannano/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。
Secret

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。