スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムOO#09「大国の威信」感想

人革連がやってきた!?
ということでかなりの物資を投入してソレスタルビーイングの実動部隊を壊滅&G捕獲という目的でセルゲイさんが本気モード。
それに対してプトレマイオス・・・武装ないんだ・・・。
それに驚きだったよ!
そういえばプラモの宣伝でプトレマイオスのことは「輸送艦」と言ってたなあ・・・と思い出したりしました。
でも今回のような手でGが作戦中に狙われていたとしたら完璧アウト。ちょっとそれでいいのか?という気もしました。

さて今回印象に残ったことをあげるとやはりアバンでのロックオンの過去。
墓地でロックオン似の誰かがいたこと・・・兄弟??(つか双子?)と思ったけど「あの人」って他人行儀な感じが何とも謎でしたし。

もう一つロックオン絡みでフェルトと過去を語らうシーン・・・かな。
フェルトの過去を知ったロックオンが自分のことを話す・・・その姿は彼女がまだ幼く(公式で見てくると彼女14歳なんだね・・・驚いた)慰めて心を軽くしたいと思ったのかも知れません。お互いのことを知るというのは大切だしね、特に彼女はコミュニケーションが苦手らしいからなあ・・・警戒を解くには必要なものかもと思いました。

しかしフェルトは両親もソレスタルビーイングで第二世代(!)のガンダムに関係していたらしいのね。創立した人が200年前(300だったけ??あれ?)の人というのならその頃からすでに同志はいてソレスタルビーイングはあったはず?ですから過去に大勢メンバーはいても不思議ではないですが・・・。両親から組織に関わっていたとなるとフェルトはこのソレスタルビーイングの中で育ってきたって感じなのかな?と思ったんです、これまでソレスタルビーイングの中で生きてきてそれ以外はしらない?といった印象を受けました。
それと同じような気がするのは私的にティエリアですね。
それしか知らない、だから目的に殉ずる者しか受け入れない・・・ティエリアはそういったイメージがあるしフェルトもまた任務に忠実だし・・・ね。
でも死んだ理由さえも子供に教えない組織の掟・・・怖いところですなソレスタルビーイング。しかし彼女の親が刹那を助けたGという辺りに繋がるのかもですね。

もう一つ驚いたのが、ロックオンの「メンバーの過去は知らない・・・」という発言でした。
はぁ~知らないんだ。私は少なくともロックオンは刹那の過去を知ってるのかと思ってた。(ロックオンは知らなくてもティエリアはみんなの過去を知っていそうだなあ)それもまた任務を遂行するためには馴れ合わない方がいいと言った感じなんだろうか。切り捨てなければならないこともあるから情が移らんように?とかさ。
でもロックオンにしてもフェルトにしても(刹那やアレルヤもスメラギも)戦争やテロなど争いごとにトラウマがある、でもクリスティナにはそれがなさそうな気がした・・・だからあんなに動揺したのかなあ??
「死にたくない」
と怯える様子はとてもあの中で異質な光景に見えたりしました。
どんな覚悟でソレスタルビーイングに来たのか?ということや世界からかなり厳しい眼で見られているのでいつどうなるかも分からない・・・それを覚悟できてないんだ~と思えたり。しかし彼女は本音で生きてて人間的な気もしました。その感情を忘れない限り戦いを憎めるという考え方もあるしなあ~とか?


そんなこんなで危機に陥るプトレマイオスですが。
また超人1号とアレルヤは感応するのか?触発されそうな勢いはありだしスメラギの予想の上を行くらしいセルゲイの作戦に追い詰められて次回はどうなることやら・・・。
次回はアレルヤはハレルヤを発動?そしてキレたティエリアさんが出没?コエ~楽しみです。





・いやそれにしてもティエリアと刹那の冷たい空気は結構ツボ。
・国連大使なアレハンドロ・コーナーもほんと何考えてるのか?それより公的お仕事にあのお小姓的リボンズ少年を同行させてるのか・・・知りたいわ。
スポンサーサイト

theme : 機動戦士ガンダムOO
genre : アニメ・コミック

Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムOO【♯09】「大国の威信」

国連がアザディスタンへの援助をすることになり、安心するマリナ 一方ソレスタルビーイングは人類革新連盟によってGN粒子の範囲を特定され さらにプトレマイオスへの攻撃でガンダムと分断されてしまう 人類革新連盟。人革連の攻撃があった今回 ロックオンはテロによって両

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。