スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムOO#03「変わる世界」感想

ソレスタルビーイングの投じた一石、それに様々な反応を見せるそれぞれの勢力、と言った感じのお話でしたが・・・。
#01でコテンパンなAEUのコーラサワーさんを含み、あそこはどうなってるのかな、と思ってみたり。

さて感想。

*「俺に触れるな」

刹那が2回ほど同じ状況下で繰り返すように言った言葉ですね。どんな意味で言ったかはっきり分かったわけではないですが気に掛かる台詞だなあ。
刹那は幼い頃から紛争地域にいたし、何だか他人の感情とか行動についての機微、というか感受性も強そうな気がしてます。特に敵意とか負の感情とかには敏感そう・・・だから向こうが何かの目的を持って触れてくるとかが怖いとか、自分を乱してしまうとか・・・幼い頃のトラウマを掻きたてるとか。そういうのがあっての言葉として出たのかなあ、とか感じたわけでした。(まさかと思うがMSを通して触れることで他人の心とか読めんよね~そんな超常設定にしてないよね~)
冷静に任務をこなしているように見えるけど、実は彼には本当は余裕がまったくない、だから様々な他人の行動とか考えたくないから干渉すんな=触れるな、と言う気もします。

そういうところを、私的解釈では「老獪」(つかもしかしてイオリアとかと年代近いんじゃないの?とか思ってしまうんですが、それは突拍子ない想像ですが。でもなんらかの関係はあると思う)イメージのあるティエリエさんにはお見通しにされているンだろうと思うんですよね。「何で刹那がガンダムマイスターに?」なんていわれてたし、しっかり「不確定要素」扱いされてるし、彼の任務遂行への翳りがそこにあるなんていわれるのは刹那がよく見えてるからだともいえますな。(ああ、ロックオンは元から刹那の事情を知ってると予想・・・だからミルクと思うけど。)



で、↑とはちょっと対照的な場面としてですが、刹那の住む(仮住まいだろうが)マンションのお隣さん(!)の沙慈に愛想良く挨拶されたらフルネームを言ったりして・・・。世を混乱させてるガンダム乗りが結構すらりと名乗って!驚いたという場面もありました。
これって最低限の社交辞令とは思いますが、どこかで自分の存在をはっきりさせておきたかったから名乗ったのかもしれないと思うのです。
ガンダムのない世界での自分の存在・・・現実にいるんだと刹那自身納得したかったの?なんてあの名乗り場面では感じたりしましたね。


*「鉄は熱い内に打つのさ、1度や2度じゃ世界は俺たちを認めない」

と3回目の作戦行動。マイスターのうちでもロックオンとアレルヤは分かりやすいというか、介入した戦いの中で「早く武装解除しろ」とか「(麻薬原料栽培ののを焼き払う)こんな任務ならいつでも」とか・・・少し心情の吐露があって人間味見えてきた、って感じですかね。
当り前ですが彼らも戦争介入でかなり精神を疲弊させているのだろうしこれからも蓄積させていくんだろうなと想像させるところでもありました。
アレルヤも休暇が欲しい、とか言っていたり・・・心身の負担は思ったより、なのかな?
ソレスタルビーイングに参加していること自体に、意志の強さというか、覚悟の部分というのはとても大事で切らさないようにしないといけない情熱と思います。人間は感情の生き物だしね・・・精神力の維持って重要なことだと。幾ら訓練されていても崇高なものがあったとしても・・・想像以上のプレッシャーと戦いつつ行動している彼ら。
今はまだ世界の反応も予定行動内と言う感じですがこれからはそうはいかなさそう。
それぞれの思惑に彼らも引き摺られていく・・・どんなドラマがあるのやら。



さ、早くもソレスタルビーイングという存在を使おうとする輩がいるようです・・・。その上おとめ座のグラハム所属ユニオンの対ガンダム調査隊とか、人革連サイド・セルゲイさんとか・・・イオリアから糸口を見つけようとする民間の報道局やら各国の情報局やら・・・入り乱れてくるようです。
そう考えると、皆が必死に追っかけてるガンダム乗り~が、沙慈のマンションの隣にいる、灯台下暗し状態~なんて偶然展開はいいね。
いつしか二人(刹那と沙慈)が和んだりしてくる?とか想像するともっと面白い展開だとか思います。
戦闘もハードな感じがよかった(特にセルゲイとの場面)し、次回も期待できそうです。
スポンサーサイト

theme : 機動戦士ガンダムOO
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。