スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムOO#01「ソレスタルビーイング」感想

土6にガンダムが帰って来ましたね…第1シーズン25話、楽しんでいきたいところです。
第1話。
世界観の掴み部分とそのバランス、ガンダム4機&そのパイロットの紹介にソレスタルビーイングの目的・・・問題提起といった感じでなかなかの滑りだしではないでしょうか。しかし1話からすんげぇキャラの人数・・・彼らがどう関わってくるかもまた注目ですね。

!!感想はいつもの如くキャラの心情中心の語り系になる予定です。
本編のあらすじなどは殆んど書きません、見た人向けの感想です。

*アバンから・・・刹那の過去

今回のガンダムは初の西暦使用ということで…いきなり冒頭のシーンから回教を想起させるところがあったりと・・・私自身回教圏の国は大好きなわけでして・・・「神の御前」とか「神の鉄槌」とかそういった表現にチクリとしたものを感じつつ…。
こういったイメージが確かにあるわな~あの宗教にはと思ったわけです。
が、これも刹那というキャラクターが幼き頃に身に沁みて感じていただろう
『この世界に神なんていない』っていうのを表現する設定だろうね。どんなに崇高な意識で信仰しても救われないものがあり、家族も仲間も死んできた現実がありそうだし。今の現実には幾ら神に祈っても神のために戦っても何も変わらないという諦観がある。しかし生きるためには戦わねばならないという現実に呑まれ流され・・・でもどこかで救いを求めている。
そこに現れた『ガンダム』でしょうねえ…。(中に乗ってるのは誰だろ?と思うわけですが、ロックオンなのかな?と単純に思いました。6歳の年の差があるわけだし、既にソレスタルビーイングの前身?的組織にいてもおかしくはなさそう・・・と思ったんですが。後にロックオン自身が「初陣」だとか言ってた…デュナメスでの初陣という意味ならいいな~と期待しちゃってます)

あの機体の背後で輝くものはGN粒子とかいうもの?とは思いますが、そのシルエットと刹那にとってあのタイミングで現れ殺される寸前の危機から救ってくれたことで、刹那にとってのあのシーンは望んでいた「現実的な救い」が出現し、自分を本当に助けてくれるものは力あるものなのだとか・・・思ったかもしれません。それがあの姿とも相まって神聖なるものとして刻み付けられた気もします・・・が。
インパクトはあったと思うし、今までの環境を一変させたものだったとしたらやはり刹那の中では大きい存在になったと思います。
そして、彼は自ら武装組織で戦うことを決めた・・・のでしょうか?その心情はいつか語られると思いますから楽しみにしておこう~。


*始動テロ集団・・・だよね。

ソレスタルビーイング「私設武装集団」といえば何だか柔らかい?言い方のような感じがしますが、テロリストの集団には違いないんですね。
AEUのMSイナクトの発表会(どう考えても各国に売るため?にセールスしてるからな~)を襲撃してその後に追撃を受けることでAEUが条約で規定されたもの以上の戦力を保有していることを警告し、また軌道エレベーター”天柱”に対するテロを事前に予測し阻止するために出撃する。
その行動は
『戦争根絶のために立ち上がった』
第一歩というわけです。戦争をなくす為に武力で介入していくということですが・・・その目標は国家・企業など戦争にかかわるものすべてが攻撃対象となる・・・世直し的な武力行使なわけでして…世界のバランスも目茶目茶になるなヲイ。しかし自分達の利益は追求しない「慈善事業」?ということらしいです。はい、奇麗事言ってる~って気もします。実際「ホンマにおのれらの利害は追求せんのかよ?」と突っ込む人もいるでしょうし「何様~」って憤慨する人もいるでしょう。
ロックオンの言葉を借りたら
「世界に喧嘩売った」
その通りなんですからね。
ソレスタルビーイングという組織はこれから明らかになるでしょうが、その先鋒として矢面に立つガンダム乗りの4人、プトレマイオス。
彼らは相当な精神力が必要だと思います。
そのせいか4人のガンダムマイスターはかなりの訓を受けているだろうし・・・覚悟も決心も必要であっただろうと想像できます。
その辺り#2「ガンダムマイスター」で来るんでしょうか?
刹那にしてもアレルヤにしても歳の割りにかなり冷静・・・かなり厳しい訓練をこなしてきた気もする。ロックオンは場馴れしていそうでティエリアはいきなり「キミ・・・何者?」な感じの円形状の何かに漂って
『始った』
とか感じてましたので・・・くるのか強化人間?なんて想像をしてしまったわけです(そんなことまで私設武装集団がやってたらエライことになるな)
グラハムの言うとおり矛盾だらけの組織、中にいる人間がそれをどう考え従事しているか早く知りたいところですね。

*色々

・パトリック
いい感じの体育会系俺様キャラ?というか自意識過剰キャラですね。「腕はいいが性格が」そういうバカっプリは化けるので好きです。しかし彼も何か理由があってあの道に入ってるんだろうからね~ストレートに闘争心むき出して欲しいです。

・グラハム
パトリックとは違い知的な感じですが間違いなく腹黒いと・・・。ユニオンのエースらしいですが一パイロットがどしてあの場にスーツ着ているんだろう?って。隠し玉持っていそうなミステリアスぶりでした(外柔らか中真っ黒なら好みだったり)

・ハロ
コクピット内に自分の入る場所があるって!役割は・・・何?なんとなくコンバインOK~なメカを思い出した…古い私。


色々感じましたがまだはっきりしてこないことが多いので今回はこのぐらいで、1話としてスッキリ流しつつの展開でしたし絵も綺麗、いいのではないでしょうか。シーズンで分けて放送ということで絵も崩れずに頑張ってこのまま!と。あ、総集編は少なめで(笑)。
あとはシリーズ構成が黒田さんということでキャラの心理面を書くのがうまい人でもあるのでとても期待していたりします。




スポンサーサイト

theme : 機動戦士ガンダムOO
genre : アニメ・コミック

Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第1話 ソレスタルビーイング

アフリカにそびえるAEUの軌道エレベーター付近にあるAEUの軍事演習場では、最新鋭の"MS"・イナクトのデモンストレーションが行われていた。ユニオンの軍人、グラハムとカタギリは、...

「機動戦士ガンダム00」第1話。

機動戦士ガンダム00(ダブルオー)第1話「ソレスタルビーイング」新作ガンダムが、ついに始まりました!結構いいんじゃない!…ってのが率直な第一印象です。ゲリラ戦に参加している、少年時代の刹那。敵のMSが「

機動戦士ガンダムOO 第1話に思ふ。

『この世界に神なんて存在しない』。このセリフが印象的。この世で信じられるのは、一体何なんだろうか・・・。まず、第一印象は、『あまり画が好みじゃない』。高河ゆんがキャラデザかぁ。高河ゆんの絵は、作画が上手くないとアタリハズレがあるねぇ。あた....

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。