スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球へ…Section21『星屑の記憶』感想

リアルタイムでも見たんですが・・・帰ってきてすぐ書こうと思いつつもさすがに疲れてて今頃感想。
簡単に。

「マザーの破壊・成人検査の撤廃」
降伏の条件としてジョミーたちミュウが人類に突きつけたのはグランドマザーの支配から切り離し管理コンピューターを爆破すること。これによって自分達のこれからのことを「自分で考えて決めろ」と人類に突きつけた。

自分達の道標を失い不安で仕方ない人類、というのが冒頭で描かれていましたな。竹宮先生が原作者としてアニメにするのに注文したこと…戦いには直接関係ない市民をしっかり描いて欲しい、ということだったようですがそれらが最近よく画面に出てきます。。
スエナの活躍やジョミーの養父母たちのその後を書くことで、社会のいびつな構造が余計に見えても来る。
ミュウとは一体何か、とも考えさせられる。そしてミュウという新しいものから自分を守ろうとする人類の存在も否定は出来ない。
社会にそぐわないものは全てミュウで片付けている感覚は気味が悪く受け入れられないけれどそうしないと死んでいくものもある。
今強制収容所に入ってるジョミーの養父母、スエナの娘。彼らは既に異端者、少しでもはみ出した者は処分していって保ってきた社会、それで生き残ってきた人類・・・今まで知らなかった情報を知ったことで人類は変化するでしょうか。。
今後の一般市民の変化にも注目しています。

さて、ジョミーなんですが。
ブルーに見出され導かれ、自分がやらないといけないと決心し強い意志で前を向いているわけです。
「僕たちは前に進むしかない、僕らは地球に行くしかない。この戦いを終わらせる方法はそれしかない」
そのためにナスカの子たちを戦士として扱い、ある時は非情なリーダーぶりも見せつつ戦っているんですが・・・なんとなくその描写が足りない気がするんですよね。
死んだブルーが美味しいところを持っていくのもあるけど・・・。
ジョミー派な私はせっかく五体満足なジョミーだし、もっとESP戦出てくればいい、なんて思ってます。
トオニィはジョミーの本質をその能力が高いがゆえに理解できるのだと思いますが(まだ胎児のころから多分ジョミーを見ていたと思うしね)他のナスカの子たちはジョミーを理解しきれていないし・・・。
なんと言っても彼らは子供だし・・・自分達が戦って勝ってもミュウの心が離れていく様を知ると同じ仲間でも自分達は違うと認識させられている。
もう少しジョミーがフォローすればいいのになあ、とも思いますし先頭にたって戦えばいいのにな~なんて思うこともしばしば。
原作では戦士としての能力のみを欲しがって新しいミュウの形をナスカで求め産ませたということもありましたが、今回のアニメ版はそこまではシビアじゃないみたいだし、新しいミュウの可能性を求めた結果の子供たちで大事な子等という感じが強いから尚更かな。何だかもう少し大事にしてあげて~なんて思えたりもしますが。
でもジョミーはトオニィの言うとおり
ナスカの悲劇やブルーが死んでしまったこと、全てに責任を感じ「いつも心で泣きながら戦っている」んでしょう。
来るべきキースとの対決で容赦なく彼の思いや力は発揮されるんでしょう。ブルーの言うとおり人類とミュウの間に生まれてきたような存在のジョミー。ミュウのこれまでの歴史を背負い一人行ってしまう気がします、そのときトオニィは新しいミュウとしてジョミーに何か託されるのでしょうかね・・・?

しかし・・・。
キースも素敵に卑怯。
揺さぶりをかけるのにジョミーの育ての親とミュウの可能性のある人間を選ぶとはね。
「人間から生まれた種族とはいえない」
自分とは違うものは攻撃する・・・生き残るためにはもうどんな手でも使う。しかし彼にも守るものがあるから非情なのですね。
お互いの存続を掛けていますから、形振り構わないということでしょう。
ジョミーもキースも今は感情を捨ててお互いの人種の未来のために戦う・・・最終決戦もとうとう幕は開けたなあといったお話。
あと4回か。









スポンサーサイト

theme : 地球へ…
genre : アニメ・コミック

Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レビュー・評価:地球へ……/Section21 : 星屑の記憶

品質評価 11 / 萌え評価 21 / 燃え評価 7 / ギャグ評価 11 / シリアス評価 32 / お色気評価 4 / 総合評価 16レビュー数 151 件 木星の周辺に主力部隊を配備し、ミュウたちを迎え撃つキース。対ミュウ戦闘訓練を受けたメンバーズたちとトォニィたちナスカチルドレンの激しい

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。