スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球へ…Section14「同じ記憶」感想

第二期のOPとEDに変更されましたが。
OPがようやく(というのは変だけど)竹宮センセの世界観…というの?
耽美な感じになっていてよかったです。
私らの世代…と言っていいのか?
竹宮恵子、萩尾望都両巨匠に青池保子、山岸涼子、木原敏江…先生達の耽美な(あるときは倒錯な)世界が当り前な生きてきましたので…。ちょっとだけ…それを感じさせる・触れているようなOP映像?という印象でした・・・妙に落ち着いたというか。
トオニィの変化も孵化するようで…イメージで逆に儚さを前面に感じてよかったと思います。


さて「同じ記憶」を持つ二人、両極の存在であるはずの地球のエリートとミュウの女。彼らは同じようにしてマザーの申し子として生まれた二人なのですね。だから同じ地球のヴィジョンを持っているわけですがそれはまだキースにもフィシスにもわからない。
だけど、同じものを見出したということがお互いを惹きつける。自分とよく似たもの(というか同一のものが呼び覚まされたというか一瞬で理解してしまった)には心の壁もないということなのでしょうか。
お互いがどうして同じものを持つのか?
これを知ることがキースの「どうしてミュウが生まれるんだ」という質問の答えになるんですが、キースのそれはさておき。
キースによって心が乱されているフィシス…それがブルーの深い眠りを呼び覚ますようです。
結局、ブルーはフィシスの生まれについてある程度勘付いていたということになるんだろうかと思えます。彼女が持つ地球のイメージに支えられたブルーですがそれを持っているという彼女の記憶、それが自分達とは違うと感じ、ミュウはどんなに管理され生まれようが発生するものだと気付いている?その疑問を確かめるために地球に行くのだと彼の中にはあったのかもしれません。確証はしていないけれど、もしかするとというレベルである程度答えを推測していたのかも・・・もしそうならミュウは自然に生まれる存在であり、フィシスがその象徴であるということになる。
だから悪しきマザーン支配をと訴えていくつもりだったのかもとか。
マザーの代弁者とも言うべくキース…それが近くにいるということでブルーは触発され今までマザーに対し抱えていた主張をぶつけるために振り絞った力で覚醒するんでしょうか。
けれどきっと分かり合えないと知っている、だから完璧なミュウ、ジョミーを求め…戦う運命に立ち向かう後継者を選んだということになるのでしょうかね。
どうなろうがこれがブルーの最期に…(悲)なるでしょうね。

ジョミー。
最近見るたびに彼が愛しくなってくるんですよね。
悩みつつ成長していく姿。女史じゃないが「言う様になったなあ」と。

「異質な者同士わかりあうのは難しい、でも分かり合いたい」
誰も戦いたくない、話し合う余地はないか、
「強さは力だけじゃない」
両方の陣営の間に立って必死で考えているし。
「過去のことを忘れよう」
と憎しみの連鎖も断ち切る覚悟なわけですが、それでは根本解決にならないと心の奥底では迷っていて、でも皆を守りたいという気持ちが伝わってきて切ないですな。

トオニィと対面させ、自然な人間の形をキースに見せ人間の可能性も示唆するわけですが、マザーの申し子には「ありえないもの」として映り余計に敵視される結果になったようです。
その負の波動はトオニィの子供であるが故の純粋な感受性を刺激し、危機を募らせ、「グランパが殺らないなら」と暴走していく結果になってしまいました。
これは予想外だったと思いますね、ジョミーとしては。
生まれたナスカの子はとても強いミュウでその片鱗を感じていてもまだ3歳ぐらいだろうし…そこまでになるとは思っていなかったと思うかな?純粋な子供に育てたいという気持ちで接していたと思うし、それが仇になった感じですが。
その全ての責任をジョミーは背負っていくのだなと思うと悲しいなあ…。


お話は。
キースを単機で救いに来たマツカがナスカに迫る、単独で迎撃に出るジョミー。
そのジョミーの留守中。
トオニィの幼い防衛本能の爆発によるキースへの攻撃が自らを危機に陥れシャングリラにも波及、フィシスとキースを再会させてしまいつつそれがブルーを刺激し…。
錯綜して入り乱れそうな次回は。
原作沿いではないオリジナル要素満載と思うので、ワクワクしていたりします。
スポンサーサイト

theme : 地球へ…
genre : アニメ・コミック

Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レビュー・評価:地球へ……/Section14 同じ記憶

品質評価 19 / 萌え評価 34 / 燃え評価 12 / ギャグ評価 9 / シリアス評価 36 / お色気評価 12 / 総合評価 21レビュー数 120 件 囚われの身と成ったキース。ミュウたちは彼からテラの情報を聞き出そうと心理探査を試みる。フィシスの中に広がる彼への焦がれるような思い。2

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。