スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球へ…Section11「ナスカの子」感想

久しぶりにリアルタイムで見ました。

やっぱりハーレイが素敵・・・!
「ソルジャーだからな」
空気の薄いナスカの地でもバリアなく過ごせる能力にハーレイはジョミーと自分達の差と止められない憧れと信頼を寄せてる、そして彼に頼らなければならない現状も知っているわけです。
「ソルジャーだからと我々はこれから先何度思念の場にのせるだろう。
その言葉が小さな肩にのしかかるのだ。」

ナスカに定着する若い世代と長老達の間には齟齬が生まれている。
アンタミアの虐殺を知っているものはその残酷な仕打ちに仲間をなくしたことから地球へ向い彼らのような犠牲を増やさないために人類と向き合うべき(戦うべき?)と考え、停滞することを恐れる。
しかし若い世代は人類と戦い続けることよりも新天地でシステムから脱却して自分達の暮らしを確立していけば地球ではない星でもいいのではないかと詰め寄り。
その板ばさみになるジョミーの苦しみをハーレイは理解してジョミーに近い立場で見守っているといった感じ。
彼も確かに虐殺を知っている世代で、ブルーが選んだジョミーにもまた期待していくしついていくと言う立場にいるんだけれど、若さゆえの先を憂うことを知らない強さに賭けようとも思っているようで。また若さゆえの脆さも分かっている、懐の広いところを見せて欲しいな~とか。

ハーレイのジョミーへのこの憂いは、戦わねばならないとジョミーはきっと考えていると気付いていて悩んでいることをわかっていて、近い将来戦うとなれば全てこのジョミーの双肩に掛かってしまう、まともに戦えるのはジョミーだけだと十分分かっているからこそ。ハーレイも切ない気持ちなんでしょうね。そして今は突っ走ってもいいんではないかと応援しているように思えました。
何でもソルジャー頼りのゼルと比べると柔軟性のある人なんだと思う、ハーレイもサポートは出来ても実際は戦えないと分かっているし・・・そのジレンマとこの人は戦っているようです。
でもね~「可愛いねアンタ」と言われて赤くなったようにトオニィに何かプレゼントしたいとか考えていたりと、結構難しい顔してみんなのお父さんなのかも、とかね・・・オッサン可愛いやん(と言ってもブルーに続き長生きしてるはずのおじいさん)ナスカの子にとってはジョミーがおじいさん的存在だったけどなあ、原作では

さて、無事トオニィが誕生。
その出産の痛みをミュウは共有して更に自然と共に生きることの悦びを感じたナスカの入植者ミュウの一派。
地球とは違うことを分かっていながら安住の地を求めたことに悩むジョミー・・・。
このままでいいのかと眠り姫ブルーに問い掛けてみたりしますが。事態は刻一刻と変化。マザーの仕掛けた罠がヒットしてしまう。

旧友との再会、記憶操作されたサムも一瞬その再会に喜び、またジョミーも懐かしむわけだけど、マザーにブロックワードをインプットされていたサムは「ジョミー・マーキス・シン」の一言でプログラムされた予定行動を発動してしまい・・・斬りかかってくる。
「サム、僕の友達だったばっかりに」
サムまでも利用されたことを瞬時に理解し衝撃を受けたジョミーは力を暴走させ精神的ダメージを受けてしまう。

同胞でも道具とし、システムのイレギュラーな存在を許さないマザーの冷酷さは彼らに安住の地をも与えない。
戦うしか、安息は得られないのかとジョミーはまた迷う・・・。

そして人類側は対ミュウに予定通りキースを送り出し・・・ミュウは追い詰められていく。


しかし原作ではなかったマザーの残酷なプログラムの件は話を盛り上げてくれたなあ。サムは結局はこうなることは分かっていましたけど、友達を殺そうとしたことを忘れ狂えてしまえてよかったのだろうと思う結果に。
サムの一件でジョミーは人類に、キースはミュウに確かに確執を深くした、そうするとスエナはどうなるかな。彼女もまたジョミーの友達。勿論マザーは知ってるだろうね。
エリートでもなく軍人でもなく、普通の暮らしをしているんでサムのような直接的なプログラムは受けないんだろうか?なんて思ったわけです。
でも彼女は教育ステーションを出てその後徹底したコントロールを受けてないと思えるので何かやってくれそうな予感がする・・・!キースだけでなくジョミーと再会して欲しいかなとも思うわけです。
もしスエナがジョミーと会えたなら、今回サムの一件が会ったのでジョミーはスエナにはかなり警戒するでしょうね・・・スエナが覚えているならジョミーと昔話をして欲しいと思います。その時スエナはもう妙齢になっていればなおいいと思いました。

次回マツカ登場ですね。
スポンサーサイト

theme : 地球へ…
genre : アニメ・コミック

Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レビュー・評価:地球へ……/section11 : ナスカの子

品質評価 31 / 萌え評価 41 / 燃え評価 6 / ギャグ評価 8 / シリアス評価 33 / お色気評価 20 / 総合評価 27レビュー数 89 件 ジルベスター星系、第7惑星(ナスカ)。降り立ったミュウたちを優しく迎え入れたその星の空はラベンダー色に輝いていた。平穏な日々が微かな希望に

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。