スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D.gray-man第35話「風をまとうエクソシスト」チョット感想

いきなりD.gray-manの感想。
だってスーマンが出たし。

D.gray-manはアニメから知ってそれも4月に引越するまでは地上波放送がない地域でBSでの視聴だったので忘れがち。CSも土曜日曜の放送…これも忘れる…なかなか世界観のわからぬままここまで来て、やっとこの前原作で色々把握したところなので初心者知識。アニメはかなりオリジナルも入っている様子(だって原作まだ11巻だしな…細かいところまで取り上げてるみたいだし)ですね。

で、スーマンの話で1本ってことは、”咎落ち”ストーリーに原作以上にリナリーとかが関わってくる予感がした。あの話もっと痛くなるんだな…リナリーは教団に帰ってアレンにもスーマンの話をしていたし。アニメではどんな風になるのか期待してたので今回スーマンを見た?感想を。

リナリーと共同でスーマンが狼アクマが暴れてる村を助けるお話でした。

原作のイメージではスーマンって開発班の人とチェスしたりしてたし、家族とはなれていることを辛いと感じながらも教団には結構馴染んでいる気がしてた。もっと柔らかい感じの温厚なパパを想像してた。
能力は寄生型っていうことで、エクソシストとして教団にきて5年、という設定。風を起こして(?)相手を抹殺できる、ということで強い印象を得た。
そのスーマンは冷然としててイメージとは結構かけ離れてたなあ。
クールな人、ってことだけど本当はだれにでも優しくしたいけど、教団につれてこられて自分の運命を決められたことに抵抗するからああなのかもですね。任務以外のことはしないと割り切ることで身を守っているようです。
今回の村を救うエピソードでは間違いなく自分の家族を投影して心の中では助けたいと願っていた、それを出してしまえばきっと歯止めがなくなるので金貨を受け取ったりして依頼を受けたり…自分の弱い面を自分なりに出さないように踏ん張っていたという感じ。
あ~でもこの人ああなる運命なのね・・・。最後の最後で自分の大切な人のところに帰りたいという欲求には勝てないのだな。

アニメになり制作者側の解釈や付け加えで原作ではないオリジナルストーリーが多い(先週・先々週の神田のエピソードもそうだったようですが)ということはある意味ドラマ性の幅が広がるというところで、今後もこっそり応援してます。

また気が向いたら感想。
スポンサーサイト

theme : D.Gray-man
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。