スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鋼の錬金術師12読んだ。

コミックス派なのでガンガンの方は知りません。
いつものように話のテンポがよくて満足させてくれます、きちんと伏線消化も、波及もうまいですしね。
カバーの中のおまけも大好き、今回の大佐の歌には脱帽気味。
さあ、ネタバレ感想アリです。ご注意を。



この上なく大総統至上な友人がいるのですが…彼女の狂喜乱舞が見える12巻の始まりというか大活躍なこの巻、不気味&排他的、最高な60歳。
対抗しうる存在の出現(大佐とかエド)に嬉しそうなところ…今後の容赦ない責めっぷりに期待っス。
さて、リンとランファン対大総統&グラトニーとの壮絶な戦い、ですがなぜリンたちに人造人間の気配がわかるのでしょうかネタばれあったっけ?まだだよね。
戦いの中でランファンがそこまでして(片腕を自分で落してまで)リンに忠誠を誓えるということ、リンがいい主君である証拠でした。リンは王者の風格もありますな、自分の甘さもしっかりと反省、臣下も守る懐の広さ。国に”不死”のものを持ち帰るという目標があるけどこの後思い切りエドたちと真相究明しそう。今回の活躍で株大上昇!

私は鋼はマスタング組軍部大プッシュなのですが…
も~今回嬉しかったのは
ハボックの前向き発言
一押しキャラだったので(ヒューズ以降)これからリハビリで退場するけどどこかで『復活』待ってていいんだと思い嬉しい限り。

そして愛しき大佐の無能ぶり…。
いつにも増して最高です。グラトニーに追いかけられてイザという時にけが人モードで反撃できず…。みんなに責められそれでも愛されてる彼に万歳!(というか総受け気質万歳)これからは軍部で大総統の正体を明らかにしていくのでしょうがどういった形で『扉』を開けるんでしょう…。部下死なせないでよっ!
エドは相変わらず、アルも相変わらず。でもアルが記憶を取り戻してからはその成長の早さ、というか大物ぶりがステキ!
今回の兄への一言「バカ兄何やってんだよ」「兄さんは迂闊すぎ」言ったれ言ったれ!最初から言ってるが絶対アル攻め。
そんな弟パンダまで懐かせてどうよ?鎧のなかパンダ入れたりして…巨大化したら?面白そうパンダが鎧…。

ウィンリィもエドへの気持ちを認識しましたけど、エドにとっては彼女が日常の帰るべきところ、今のスタンスで最終回まで付かず離れずがいいな…。ですが彼女も大総統に目をつけられたり、今後どんな風な運命をたどるのか、とても不安な一面も。

エドたちの方も物語の核心に近付き、人造人間との戦いも全面化。ぶっちゃけスカーの話は興味なしなんだけどなんか向こうから近付いてきそうな気配。共闘なんてことにならないだろうな、とか思いつつ13巻、来年3月発売かあそれまでコミックス派には長いなあ。
スポンサーサイト

theme : 鋼の錬金術師
genre : アニメ・コミック

目出度くも繋ったんで鋼錬で感想
「よかった☆」

あんなに目立つとは、大総統。
萌えてください!
Secret

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。