スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球へ・・・Section8「震える心」感想

HPの相方に原作を借りて久々に読みました。昔読んだのと随分印象が違ってた。う~んこれも社会が20年の間に色々発展し自分も年取ったせいだろうね・・・。そしてまた今頃感想を書く・・・。

キースの生き方。
そうあるべくして作られたので結局葛藤しながらもそうであるしかない。管理コンピューターへの疑問も憤りもあるんだけど、裏切りはしない、それが彼の肉親に近しい存在でもあるからなんでしょうけどね。


「何が違うんだ!」
キースのサムへの一言。
皆同じように生まれ育てられてきて教育を受けているのに可能性はあるだろう、何故諦める。
キースはエリートとなること、それしかないけど他の皆さんはどんなに記憶を操作されてもマザーに導かれていても過去からの積み上げの上の個性が残っている、特にサムはジョミーのことを覚えていたりするし懐かしんだりするし。それを理解できないのかもしれませんしまた彼も自分だけどうして目標だけ見てまっすぐにいられるのだろうと自問したのかもしれません。
エリートになることのみが彼の生きる意味なのですから、そのほかの雑事に気を遣うそれすら理解が出来なかったのかもですな。

そんな中ジョミーのメッセージが送られてくる。
(人類は精神派攻撃と言ってるが、それは人類が彼らを受け入れられないし、その強い能力でメッセージを送れることに恐怖を感じているから”攻撃”と言ってるけれどね・・・自分とは違うものは受け入れないと言うマザーの洗脳の一端ともいえますね。)
サムはそれを見て混乱し、誰もが気を失うほどの衝撃を受けた。それからいち早く復活したのはキースであり大惨事を回避できたのも彼の能力の一つ、そうなるべくマザーに作られているわけでもあるしね。
帰還しサムが過去の友人を思い混乱する様に自分にはないものを見、彼の優しい感情はマザーにはないそれであり当然自分にもない、魅かれていることを無自覚に感じているところに、自分を英雄視する生徒や先生が押しかけサムの気持ちを打ち消していく・・・。
サムの個性が画一化されているいこうとしている彼らによって消えていく、それにマザーから感じるモノを受け取ったのかも知れません。
また起こる疑問。

かわって、キースの秘密を追い求めたシロエはとうとうESP検査を再度受けることになり、それでも自己崩壊を起こさずにキースの秘密を握ったまま彼の「異端さ」に嘲笑する。
それはこの社会の異質さの告発でもあると思えますね。
「これでいいのか」と自分の記憶を手放さねばならないことへの恐れは没個性と社会の歯車として強制され自らの意思を捨て去ること=自分を消すことに等しいもんね。


その検査後のシロエとキース。
このステーションでは対極の位置に立つわけですが。
少し原作とは違うシロエの過去(ジョミーと接触がある)なので今後もしシロエが生き残り、ジョミーと会えば面白いのになあ、とも思いますが・・・。ま、無理でしょうね。
キースの心の中にはシロエとのこと、サムのことがあって彼が引き返せない道の中で葛藤することになるんですから。





ところでジョミーは「ミュウの長」って・・・?
ブルーもう死んだ?なんだか曖昧な感じですが、友人と話した時は「生きてるヨ!」と意見は一致したんですが・・・あれ?
スポンサーサイト

theme : 地球へ…
genre : アニメ・コミック

Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レビュー・評価:地球へ……/section08 : 震える心

品質評価 31 / 萌え評価 23 / 燃え評価 9 / ギャグ評価 15 / シリアス評価 26 / お色気評価 23 / 総合評価 22レビュー数 121 件 思わずシロエに手を上げてしまったキース。初めて感じる、その抑えようのない感情に困惑する彼をマザー・イライザは順調な成長と判断する。虚空

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。