スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球へ…section07「反逆のシロエ」感想

遅ればせながら・・・やっと見たので感想を。
今回の話はちょっと引っかかったところがあったのでそれを中心に。

この”教育ステーション編”ってね。
他の養育惑星で育って成人検査を経て送られてきた所謂一般の人たちと、マザーイライザの”申し子”まさに、14年間試験管の中で純粋培養された無垢な人=キースとの違い、人間の感情が分からなかったり分からないから跳ね除けられるという強い意志の持ち主。すなわち思念波の強いミュウに対抗するべき存在として作られた、彼もまたミュウと同じで異質な存在、であるというところを描くところでもあると思うんですよね。
その中にあって自分が他の人とはどうにも違うと気付き悩み、マザーに対して疑問を投げかけ、そしてそれもまたコントロールされ。しかしシロエを通しキースは今のシステムを受け入れつつ常に疑問も持ちながら世界を知っていくわけだし。結局自分が生まれた意味を受け入れ"使命”を果たすべくエリートの道を行く、という流れになる。
ジョミーとは正反対の位置に立つ同じ存在である、というのがキースの立ち居ちなわけです。
人とは違うことを自覚し苦悩するキースも、エリートとなって組織を動かすようになり冷徹で使命のためなら何でも切り捨てられる彼も、この教育ステーションで出会ったサムやシロエのことは一生の宝物のような温かく優しい記憶として引き摺っていく、そんなエピソードのところなんですよね。

で、まあキースのことはいいんですがそのほかの一般の人やシロエですよ。キースが目立ちますが実は一般人の異質なところ、そしてシロエがどうしてあの場にいられるのかって所の不自然さもSD体制の恐ろしさを描いて欲しかったなあ・・・と。

シロエはジョミーとの接触で本当ならその場にはたどり着いていないはずの人間だったわけですが網をかいくぐりたどり着いたこれもまた例外的な存在。
しかしマザーのような存在に監視され、思考を全て読まれている中で生活しているのだとしたら(原作のように)シロエの思考は筒抜けだろうし、またその思考が読めないとなればESP検査の対象となるわけですよね・・・。
でもキースを刺激する存在(?)として残されている。
ええ、『残されている』といった方がいいのだろうと思います。

そう感じさせるのがドロップアウトしたスエナに対する一言なんですよね。
彼女は人間の本能として人を好きになる、その相手がキースだったわけですが彼は全然その感情を理解できない。だから諦め慰めを他に求め結局旅立った、という風に見えたんですよね。シロエもだから「挫折でしょ」というわけだけど。

またサムもキースの言葉にその場では「あの言い方はないだろ」とか怒りつつも、後では「あの時はすまなかった」で終わる。
エリートになって地球を目指す、ということを第一に教育しているところのはずのエリート候補生が出て行く程の心変わりを受け入れるって・・・ありえないはずだけど。皆マザーの監視のままに育てられてしまっている"羊"なわけだからマザーが良いと言ったら”OK" で自己完結、なんですよね。その異質さが当り前になっている。

スエナのドロップアウトはマザーイライザがそういう風に彼女をコントロールしてキースから離したということなんでしょう。(ちょっとそこも分かりにくく、彼女が感情的に出て行ってしまった風に見える)
シロエはそれを「挫折」と言い、イライザがそうしたとは思ってないかもしれない。
けど珍しい出来事なはずのスエナの離脱をそう表現したり、本来ならそんな感情すらなくなっているかもしれない人の中でそれを言える、シロエは体制の申し子であるキースにとって「彼はヤバイ」ともっと感じてもよかったのかも、とか思うんですね。
キースがそんなシロエに対して危機感もありつつ興味を持つ、ってこのあたりのエピソードで…と思ってましたが。電子弓での対決の捨て台詞でいきなり切れちゃった風だな。もっとキースの心の中を書きつつ、スエナの離脱を通し、一般人は管理されることに慣れてしまっていて、このSD時代の人間の歪んだ姿をもっとリアルに描いて頂きたかったです。
これがミュウたちとの戦いの核にもなるんだしね・・・。


最後に・・・今回の一番の驚き。
成人検査から4年!!(原作は2年だったが)
つうことはもうジョミー18才??(外見は14だろうが)
待って、まだソルジャー・ブルー生きてるわけ??
ヲイヲイ!本来ならもう・・・な人なんですけど??
この教育ステーション編の後いきなりナスカ編じゃないよね~。

スポンサーサイト

theme : 地球へ…
genre : アニメ・コミック

Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レビュー・評価:地球へ……/section07 : 反逆のシロエ

品質評価 14 / 萌え評価 32 / 燃え評価 7 / ギャグ評価 9 / シリアス評価 33 / お色気評価 10 / 総合評価 17レビュー数 126 件 成長し、メンバーズ候補生となったキース、サム、スウェナ。最終学年生となった彼らの前にセキ・レイ・シロエが新入生として現れる。学年トップ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。