スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス反逆のルルーシュstage12「キョウトからの使者」感想

*BIGLOBEストリーム配信にて視聴中

後半戦に向けてのキャラクターも出始めました。もう半分きたんだなあ・・・そんな気がしないのですが、この調子なら急展開していくんだろうと。
なのでその鍵を握るキャラも出てきたんでしょうけれど、C.C.の傍に来たサングラスの男性とか、輻射波動の技術を提供したらしいブリタニア人?ラクシャータとか、キョウトの六家(←この表現でいいのだろうか?)の重鎮のなかにいた今回ほぼ一言出演の神楽耶とか・・・も。
でも一番その登場が待たれてるのってやっぱり第二皇子さんだよね。
1話からOPにいるんで想像は膨らむばかりの、シュナイゼル様ですが・・・まだか?本格登場。

さて、ナリタ攻防戦の後のお話。

*総督府状況

日本解放戦線はほぼ壊滅、そしてブリタニア軍も建て直しに必死、ということでその被害は甚大であったことが知れます。あのナリタでブリタニアは「NACグループ」なるものの尻尾をつかみたかった、という狙いもあったようですがそれも土砂の中。結局何の確証も得られずの屈辱的敗戦ともとれるでしょう。
レジスタンスにイレヴンの自治を司ってるらしいNAC(キョウトのこと?名門と財閥の集合体=お姉さま曰く過去の遺物)の関与は濃厚らしいンですが事務次官(でいいのかな?説明を求められて汗かいてたおじさん)が「噂に過ぎない」とか切羽詰っていましたんできっと裏で繋がっているんでしょうね、そういう腐敗臭がするな。
そこを潰すと「イレヴンの経済が立ち行かなくなり」「ナンバーズはナンバーズ自身に面倒を見させる」ことが出来なくなるらしいし統治後の地下鉄放置なども・・・実はってな感じで?。
さておき、「結果を出せぬものが無能」とか、お姉さまなかなか辛辣に自戒を含めて?言い放っておりましたが、黒の騎士団を追い詰めないことには役人達も首を切られそうな雰囲気で戦々恐々な総督府でしたね。


*ルルーシュ(ゼロ)への秋波?

シャーリーの一途な恋心は彼女が普通の少女であるから抱き続けられるものであって、彼女自身日常が壊れることはないと、世界が変化していくこともないと思うからこそ自分に素直になれるのだろう思うのです。
クラスメイトであるルルーシュの動向を気にして、友人からのからかいにも一喜一憂して。本人を見ると意識しまくり・・・可愛いし普通の乙女。
だけど悲しいかな・・・。
世界を変えていこうとするルルーシュにはそういう感情に気を向けている暇はないのだろうと思うし、考えることすらないのでは?と思うわけ。
「シャーリー突然なんだろう」ってな認識ではデートに誘われている事さえ気づかなかったかな、とも(ルルーシュはかなり天然だと思うのではっきり言われるまでこの調子のはず、言われても「何故だ?」とか言いそう)。
だけど、ルルーシュもゼロとして立ちはしたがその正体を巧みに隠さなければならないことや、「ルルーシュ・ランベルージ」である自分もまた捨てられないことで、生徒会の仲間や友人をすっぱり切れない優柔不断さがあるのだろうと思います。

その辺りをC.C.は懸念していると思うのです、が。
「よせ。邪推は」「そんなはずはない、私にとってアイツは」とかまた突っ込み返していたりもしたけど、彼女の中にも意識の変化があったのではないかとも思います。
前回の本当の名前云々の一件でルルーシュとC.C.は目的のための同志以上のものを得たと言う気持ちから「C.C.お前が必要だ」とはっきり言われたことは彼女にとっては自分の目的のための協力という気持ちと個人的にも力を貸したいという方向になってきたように、その表情から感じ取れたわけですが。・・・ルルーシュも何度か助けられたり正体を隠すことをしなくていい気安さもあって懐に入れた人物として扱いもソフトになってきたんですよね。
お互いの目的のための関係だったはずがそれを超えてきた二人といった気がし始めています。

で、カレン。
やり方はともかくほぼ不敗のゼロに対する信頼が尊敬となり、今は心酔と言った感じ?まだ自覚はないんでしょうがこれも一種の恋心だと。
紅蓮弐式のパイロットに任命され、ナリタで自分は戦えたことが自信にもなっているのでしょう、より一層ゼロに傾いてきてます。
確かにあっという間に自分達の組織が大きくなり世間にも認められたり、キョウトから招かれたりすると舞い上がるんだろうと。(けどその正体を知ったとき、一度怠惰な態度に腹立ててぶっ叩いた人だと知ったら?どうでしょうね。)しかし、C.C.という存在がゼロにいるからこそ逆に燃え上がっている感情なのだと思います。黒の騎士団としてのプライド=選ばれた自分達の外にいるC.C.がどうしてという反抗。
だから逆に正体なんてどうでもいい、このまま変わらずこちら側にいて欲しいと必死な気がします。仲間内のゼロへの不審からも庇いたてしていますし、自分が知らないゼロの素顔を知っているC.C.に嫉妬もしつつ健気に気を遣っているという気がします。(でもこの二人こそお互いの目的のために利用しあっているそれが途切れたら、終わりって感じても・・・)。でも多分、カレンはゼロを随分年上の人だと思っているのかと、そういう憧れ方ですよね。

*トラウマ

スザク・・・暫く再起不能かと思ってたので、出てきてほっとしました。
現実にいたC.C.のことと夢現の父のことがどうやらごっちゃになっている様子?「データに残っていないし・・・」確かめねばならなかったっていうことはそういうのに頼らないとあの時のことがわからない、という混乱があるわけだろうから、セシルさんに「精神が安定していない」といわれるわけですな。相当にトラウマ引っ掻き回される結果となったということです。
そして救出作業に率先している姿もなにか昔の経験がさせているものなのだろうと思えます。
「これだけの犠牲の上に何が出来るのか。」とロイド問うスザクはきっと過去にも見てきたのであって、だからこそ世界を変えたいと願った。でも選んだのはブリタニアの軍に入り中から変えるということ?
ズザクにもまた矛盾がある。
その辺キョウト六家と現在言われている彼らと多分親交の篤かった枢木家やスザクとの戦後の関係に何らかの変化があったのと父関係の何かが彼を今の状況を選ぶしかなかったという風にしたと信じたいと思います。

*正体を明かして力を得たゼロ

ルルーシュが8年前、日本に来た事情を知っていた桐原老(老といったのか?ちょっとわかりませんが)がキョウト側の代表として来ていた事でルルーシュは自分の身分を明かし、完全なバックアップを求めたわけです。
相手に素性を明かし協力を得る自信もあり、それだけ過去ルルーシュの扱いがひどかったから「偽りなきブリタニアの敵」と言わしめたわけでしょうな。そして「こいつならやる」と桐原老は確信したんでしょうけれど・・・。その場にいた黒の騎士団がゼロのことをどう思ったか、ですよね。
日本の裏の重鎮と「お久しぶり」と言える人で「日本人ではない」でも、「ブリタニアの崩壊を望み」それを貫く意志があって裏切らないだろう人。
どんな人だろう?って想像が膨らむしもっと知りたいと思うだろう。けれど権力者に太鼓判を押されたことで信用度はUP。
なかなか強かに自分の思う通りになるようギアスを使い、切り札でキョウトも組織も動かしたゼロの策略勝ちといった感想でしょうか。

*でも変えたくないもの。

ルルーシュがブリタニアをぶっ壊したい理由、戦いを挑んだ理由がナナリーの存在。
彼女の前ではいつまでも変わらぬ自分でいたい、いつまでも傍にいたいと願うルルーシュ。
その延長として学園での生活もルルーシュにとってはある意味普遍であって欲しいと願うものなのだと思う・・・ナナリーの今を大事にしたいから。
ミレイの言うとおり「居心地いいもんね。今の私達って」
「覚悟しておいた方がいい、変わらないものなんて何処にもない」
と言い切った生徒会長とは違ってシャーリーは覚悟がなく、ルルーシュは変えていくのが自分でありながら自分の周りだけは変わらない、変えないと思っていた。

だから時間が過ぎてもシャーリーとの約束の場所にも向ったルル。そこで知った自分の結果主義の招いた犠牲。
助けを求めるシャーリーへのルルーシュの対応は「罪の意識」からくるものか?受け止めるその気持ちの行方は?このことで変わっていくだろう感情にどう折り合いをつけていくのか、もう突き進むしかないのでしょうし…。自分の行動を理解されたいという気持ちもきっとあるでしょうから、いずれ仲間にもわかって欲しいと思っていたことがもしかすると断たれてしまったかもしれない、シャーリーの父が犠牲になった事実。
気づかないうちに心に溜まっていくものがいつ悲鳴を上げるのだろうと、ルルーシュ行動の危うさが浮き彫りにされたような気がします。
だってルルーシュは世界を変えて行こうとするごとに孤独に突っ走っているわけですから・・・。

*さて細かい色々

・死んでないけどオレンジさんは死亡者リストに・・・もう何でもありだよ?名誉も家名も気にせず突っ走れ!オレンジ!
・神楽耶は巫女さん、スザクは神主さん?家系(←?)なのねきっと。昔馴染みだろうから何処でどう絡んでくるのか、期待します。
・ヴィレッタがルルーシュの写真にインスピレーション??来たか!
・ニーナあんた、何やってんの?暗がりで?ネット配信で見たら何やってるのか全然わからなかったよ。ほぼ真っ黒で。でもこの人ユーフェミアのことを調べていくうちにゼロの正体とかに近づいていそう・・・?なんとなくそんな気がします。(←幾らなんでも突拍子ないですよね)


次回からOP/ED変わるんですか?ジンか・・・OP。
今度はちゃんと何歌ってるか歌詞がわかるかな?血+の時はほんと、???だったから・・・。
OP/EDのプロモ配信、実は何でか見れないので諦めて来週を待っています・・・。
スポンサーサイト

theme : コードギアス 反逆のルルーシュ
genre : アニメ・コミック

Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

stage12 『キョウト からの 使者』

思い切ってルルーシュをデートに誘うシャーリー。だが、ルルーシュは黒の騎士団メンバーとともに「キョウト」の代表と対面するため、富士鉱山へ向かっていた。キョウトの代表は、ゼロの素性を問いただす。一方、シャ

コードギアス 反逆のルルーシュ 第12話「キョウトからの使者」

変わらないものなんて、どこにも無いんだから――。 ナリタでの戦いで、日本解放戦線は壊滅した。 対ブリタニアを画策するキョウトの代表は、黒の騎士団に接触する。 キョウトの使者に素顔を見せるルルーシュ。 修羅の道を往くと誓うが……それは、彼の思う以上に非情な道で

コードギアス 反逆のルルーシュ #12 「キョウトからの使者」

 ナリタでの死闘は両者痛み分けで終わり、 ルルーシュは仮初めの日常へと帰ってきた。 ルルーシュにはシャーリーから、 “お兄さま” にはナナリーから、 一方の “ゼロ” にはキョウトから、 それぞれのアプローチが為されていた。 その貴重な “....

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。