スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Black Blood Brothers第10話「オーダー・コフィン・カンパニー」感想

先週から、ゼルマンが主人公か?
というノリで私的には大変満足な回が続いています。
今週は完全に「え~と、銀刀どこ?」って感じになってしまっていました(気のせい?)。この2・3回弟を探して彷徨う超ブラコン振りが妙に痛かったわけですが、来週はとうとう会えそうな感じ。

さて感想

やっぱりウォンがカーサだったことで最大級の危機がミミコを襲った、しかしミミコも「調停員」なんかやってるだけあってさすがに頭の回転が速かったよう、ああいえばこう返す。
カーサの狙いはジローに会うこと、そしてイレヴンヤード・・・?とミミコもカーサの狙いを体当たりで探って行く。
カーサの揚げ足を取るような会話に・・・にカーサがミミコを気に入り。また吸血鬼にも何ら構えのないミミコの態度に感心しつつ、その先の感情を危惧して。
ジローは「アリス・イヴに血の一滴まで捧げた」奴、惚れるなと忠告。
ミミコ曰くそんなわけはないらしいですが・・・。(後輩のヒバリにはどうもストライクゾーンだと気づかれているし)気になっているからこそ親身になっているはずです・・・うん、そうであって欲しいかな?

そこにやってきたコタちゃん。
彼女の血を(?)引き継いでいるらしく、やはりイイカンジに天然であった・・・。
カーサ的に「ずるいぞ!」らしい。行き当たりばったりな電波系な賢者様v
そして、一緒に登場、キタ~!ゼルマン様(←いつの間にか様付け…)
緋の虐殺者・・・つうだけあって、スンバらしい貫禄の炎の攻撃。視線で殺すとはこのこと!
・・・惚れた。
彼は自分のテリトリーを荒らされたことにお怒りだった御様子で。
「床に伏せて神に祈れ!」とかで。
屋根ごとカーサを吹き飛ばすなんて考え・・・お素敵。
何とか炎の攻撃を凌いだカーサの捨て台詞は
「カヴンの方々は豪快だが警戒心にかけている」
この言葉で九龍チャイルドの血による汚染が始っていたことに気づく。

そしてその裏で、カーサの弟ザザも行動を起こしていた。
懐に飛び込んできたそのザザが色々ほざいても(@セイ様)余裕を見せていましたが、さすがに爆弾で部下を人質に取られたらお顔の色が変わっていた様子で・・・したが。
こっちにも手助けが。
カッコええ爺さんが・・・杭を!トドメをさすのにも容赦ない。10年前の確執はここにもある様子、問答無用なのね・・・吸血鬼には吸血鬼同士平穏に生きたいというその欲求も強く、街を守ること、即ち自分達の生活・秩序を守ることに必死のようです。
しかしザザは他の人間に乗り移って・・・これじゃあ逃げ放題。
ヤフリー君を助け出せました。



で、今回のタイトルにも上がった「カンパニー」ってなに?は最後にやってきた。
その前身は思いきりヤ~さんだったわけね。
そりゃ胡散臭いはず・・・がシマ争いを巧くコントロールしてきた、ということなのでしょう。二代目の「漢」発言。任侠の世界でございました。

さて、すっかり影の薄いジローサンでしたが、「カーサが灰を守ってくれなければ・・・」の件はとても気になりました。
それがあって生まれ変われる?の・・・?

そのあたり描かれることがあるのでしょうか?後2回、だよね?




スポンサーサイト

theme : Black Blood Brothers
genre : アニメ・コミック

Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

BLACK BLOOD BROTHERS 第10話 「オーダー・コフィン・カンパニー」

BIGLOBEのストリーミング配信で見てからの感想です。

(アニメ感想) BLACK BLOOD BROTHERS 第10話 「オーダー・コフィン・カンパニー」

BLACK BLOOD BROTHERS 第1巻その本性を現したカーサ。そんなミミコの危機に現われたのがコタロウとゼルマンでした。対峙する、カーサとゼルマン。強力な力を持つ吸血鬼同士の戦いが今始まろうとしていました・・・。

「BLACK BLOOD BROTHERS」#10…ゼルマンの、あの手が~っ!

冒頭の回想は、またまた軍人時代のジローですね。服装はカッコいいのですが…私は、やっぱりいつものジローが好き。アリスの喋り方が、コタロウに滅茶苦茶近いんですけどぉ。わざとですかー?アリスとコタロウの関係を、視聴者に知らしめるために?でもこの風貌でその喋り方

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。