スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天保異聞妖奇士 説三「華江戸暗流」感想

宰蔵ってどうして普段は男装なのか?
巫女姿のほうが可愛いじゃん。
なんて思った第3話です。

往さんが迷った末に妖士になりました。
結局何処にいても異界の陰に苦しむのだろうと悟ったのでしょうか?

異界の妖夷に出会い漢神を操ることに目覚め、老人に異界の陰を見て取れた時、今までと違う自分を知りこれまで逃げていた自分を変えようと決心したのでしょうか?

いや・・・妖夷が喰えるのと、給金&腐民でなくなることに魅力を感じたから・・・って言うのが妖士になった決め手、と思うのは・・・気のせいか?気のせいじゃないだろうね。
でも、人間の世の食い物では満足できない生活を何年もしてて、ようやく満足できる”食”をぶら下げられたら・・・選ぶと思うのね。
過去の色々を掻き毟られてもさ~。
だって人間生きるのにはまず食べないと、だもんね~。元閥の言うとおり「人間一度美味いものを知れば…」だよ。食べられるのなら食べたいよね…食への欲求は生の欲求!

話のほうは。
・雲七の不気味さはやっぱり際立ってるな・・・敵か味方か?とんでもない何かを隠し持っていそう
・鳥居は妖夷の現われる今の世の中を利用して何を画策?神様がどうたら…とか往さんの稀な能力とか、存在とかを狙うのかな?次の接触を待ちたいところ。
・アビのガテンな体当たり攻撃にちょっと惚れた。
・そんなに美味しいのか!異界の生き物!生?で喰ってた往の子供の頃の回想はちょっと勘弁だった。

なんていう感想でした。
来週はなにやら毛色の変わった人たちと出会うみたいですね・・・。
次も見るには見るけど感想はもう書かないかも・・・。


スポンサーサイト

theme : 妖奇士
genre : アニメ・コミック

Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天保異聞 妖奇士 第3話「華江戸暗流」

説三 「華江戸暗流」  やはり、あなたは奇士にふさわしい――  この作品はまとめて見るといいかもしれないですね。 1話からの序章編は今回で終了。 往壓はようやく奇士になることを決めます。  妖夷との戦いを終え、

天保異聞妖奇士 説三「華江戸暗流」

天保異聞妖奇士の第3話を見ました。妖夷を食べる姿に驚き~。味が気になる…。ウルトラマンが16:30から放送してたので時間変更に気づいた。説三 華江戸暗流月夜の下、船で移動する奇士たちや往壓と央太。どこへ行くのか尋ねる往壓の問いに答える者は誰もいません。川はい..

TVアニメ 天保異聞 妖奇士 説三「華江戸暗流」

なっ、なんか、とんでもないことになってませんか!?あ、あれって美味しいんだ・・・・。でもでも、食べる気はしないよね。いつかの焼き魚なら食べてみたいけどさ。私は串焼きのって食べた事ないし。ww

(アニメ感想) 天保異聞 妖奇士 第3話 「華江戸暗流」

Winding Road/ポルノグラフィティ奇士たちに導かれ、往壓と央太が足を踏み入れた場所・・・そこは、日比谷の地下に存在する「蛮社改所」の本部でした。奇士たちは、往壓に奇士となるよう勧めますが、受け入れずたえと央太の親子と暮らす人生を選択するのでした・・・。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。