スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天保異聞妖奇士 説一「妖夷、来たる」感想

私が住んでる地方では唯一の、今秋放送開始新番組アニメです・・・。悲しいね、田舎って。


さて見ました。
華々しさはない始まりだったな・・・。
おじさんばっか出るし、風呂屋の映像は下腹の出た親父が股間を隠しつつうじゃり・・・まずここでめげそうになってみた。
・・・積極的に見たいものではなかった、とか(何の色気もなしだったし)。
でも話が進むとうまくシリアスとコメディがかみ合うテンポのいいお話になるような感じを受けました。



"あの国”を見てしまった往壓、25年間それから逃げてきて、現在は腐民。同じような境遇の少年(とその母親)を追ってきた妖夷から少年を救うために漢神の力で対抗する。
既に奇士として働いているアビらは漢神を使って妖夷を抑えた往壓を見たときに彼がそうだとわかり・・・。
庇われた少年はそれでも"かの国"を求めていた。
逃げている往壓とその国にいきたい?少年。
何を見たのでしょうか?主観によって見え方も違うのかな。

また、雲七という往壓の友人は神出鬼没?で往壓の過去も"あの国"のことも知っているような口ぶり。
この人は耀蔵の一味?なのか味方か??
今の所は往壓を監視しているようにも見える侮れない感じに思う。

最後にはドバ~っともう一体妖夷が出てきてまた来週。
世界観は説零もあってすんなりと入れたかな、と。
ちょっと地味な始まりのようにも感じましたけどね。
来週はどうして往壓が漢神を使えるか、とかあの耀蔵の一味の説明もあるか?
それにちょっと気になる、少年の家族、母親以外はどこいっちゃったの?"あの国”?それとも妖夷に・・・?その辺もはっきりして!

何より私は元閥目当て(CVの三木さん目当て)で見てるので来週はもっと活躍しそう?と期待して来週も見ようかね。
スポンサーサイト

theme : 妖奇士
genre : アニメ・コミック

Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天保異聞妖奇士 説一「妖夷、来たる」

天保異聞妖奇士の第1話を見ました。一応待ちうけもゲットしました。えっ!?妖夷を倒さないまま、次回に続くなの…。しかも2匹目まで登場!?妖怪退治系なら、少年陰陽師の方が好きかも。説一 妖夷、来たる天保十四年、陸奥。豊作を祈っている農民の親子の前に地面から赤い光..

(アニメ感想) 天保異聞 妖奇士 第1話 「妖夷、来たる」

Winding Road/ポルノグラフィティ時は天保十四年。江戸の地下に人知れず存在する神社、「蛮社改所」。江戸の街にうごめく「妖夷」を討ち取ることを任務とした者達がそこにいました。妖夷と戦うための特別な力を持った彼らのコードネームは「奇士」・・・。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。