スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLOOD+第47話「すべての血を超えて」感想

沖縄に残った人ゆかりある人たちが登場。
後3話?どういう形でどう言った面々が生き残り沖縄にたどり着くのか分かりませんが皆帰ることが出来ればいいな~と思わせました。

さて感想。

・小夜

深刻な状況。眠りの時期が近づいているようでヘロヘロ。
でも、意志は固い「次はない」…ちょっとドキリとさせられたことば。
次目覚めたら翼手の世界になっているかもしれない、と。う~ん決着つかずに寝たら寝首をかかれてどっちにしても先はないかな?とか思える、まさに正念場ですけど。
カイとのこと。
「眩しすぎる」また「翼手は明日を考えてはいけない」かなりな自制心のもと感情がカイに流れるのをセーブしていた御様子ですか、ハジにはバレバレでしたね。血を通して彼女の意思が分かるのでしょうかね~。
やっぱり、カイのことで揺れる心があった様子ですがもっと早くから彼女の心理をはっきりとしてたら、面白かったのに(ほらソロモンに揺れるときとかも)。恋に鈍感な感じより盛り上がったように思うケド…叶わぬ悲哀に一人嵌っている感があったりして…ね。ハジが「彼なら」と言うのには賛成です、それを言うハジの気持ちも考えてよ、と思った次第です。

・ハジ

そのハジですが、彼は小夜のことについて比率は、シュヴァリエとして>恋、なわけでしょうか。カイのことを思っているらしい小夜の事を受け止めていたりと自分の感情は二の次のよう。シュヴァリエの鑑っぽく女王の心に忠実ですが。最後もし戦いがが終わったときにハジって生きていられるかな?約束守れるのか~?
だってジェイムスとの戦いも防御が多くてそれも、すぐ治るからからいいのかもしれないけど、いつも自分の身が盾。やられすぎだとか思います。
小夜があの状態なんだから自分が気を遠くしてる場合じゃないよ?と思いますが。まだ何か隠された強さがあるのかな?とも・・・?

・作戦

とうとう岡村まで借り出される始末、真央に思わず形見分け…の心情でカメラを置いて行ったりしてましたけれど。1年も一緒だったりしたら絆されるわけか…結構お似合いだけどね、でも不吉な感じです。
作戦地に向う船で「何故ここにいるか」談義。カイの強い意志「自分の意思で今こうして戦っている」ということに納得の皆様でしたが、ルイスもデヴィッドも勿論、今後やばいけれど、彼らは戦う人であって。岡村の武器はやっぱりペンだと思うからこれまで調べたことをやっぱりきっちり記事にして欲しいとか、思う。このまま最終戦も岡村は借り出されるのかな~役に立たないと思うので止めようよ、とデヴィッドに進言したいな。

・ソロモン

はぁ~(嘆息)
一途な恋心で自滅した、とアンシェルなどは思っているだろうし、ネイサンは面白がっていたとか思う。どうせ開放するなら血もやれよ、とか思ったりもした。
が、彼も自分の意思で自分の生きる道を決めて小夜を至上としたのは彼らしい、といえば彼らしい生き方だったけれど切ないなあ。
小夜を助けるために受けた彼女の血が、体力のない彼を死に至らしめたわけですけど。ソロモンは小夜のシュヴァリエとしてタイトルの通りに『血』を超えて認められてこれからだったから残念。
ネイサンが「もう少し早く小夜に出会っていれば世界は変わったかも」確かに、結ばれていたかもしれませんね。それちょっと夢見たかった…。

それと最期の時がアンシェルに見守られて、と言うのがちょっとぐっと来ました。どうであれ、彼らは兄弟だったし長い時間を同じ目的で過ごしてきたのだろうからアンシェルが「バカが!」と言った言葉にソロモンへのある種愛情が込められていたかと思います。
ああ~本当に死んだか?アンシェルが出てきただけに、ちょっと期待したかったりしたけど…ジェイムスみたいにされるのは勘弁。ソーンが出てしまうんだもんね。

・ディーヴァ側

ネイサンがどうやらアンシェルをよく思ってないがはっきりしたわけですが、ディーヴァもシュヴァリエはどうでもいいらしい、分かっていたけど自分中心&親ばか。
アンシェルはディーヴァを実験体としか思ってないことがネイサンにはお腹立ちの御様子で、歌を披露した後に何か仕掛けそうですがネイサンの思いだって女王に通じそうにはない。跪く女王に無視されれば、
どうなるか。アンシェルの割りきりが一番頭いい方法な気がします。彼女が頂点な世界をあげれば「殺しあうこと」もなくなるんだしね、子供も安泰。その辺りネイサン<アンシェルなディーヴァだと思いました。


ラストに向けて人数が減ってきました…ね。本当に終わるか、小夜やカイや岡村やデヴィッドたちの大告白大会はあるのか?
来週から最終決戦…盛り上がっているのかないのか微妙な気がしています(泣)



来月からのアニメ予告もとうとう。ボンズのオリジナル和もの、キャラデザは川元さんでチャンプルーを思い出すし。原作は会川さん絡み?で期待していいのか?1年・・・これまた微妙な予告だった・・・。
スポンサーサイト

theme : BLOOD+
genre : アニメ・コミック

Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

BLOOD+ Episode-47 「全ての血を超えて」

Episode-47  「全ての血を超えて」  血に縛られ、血に抗い、血に導かれ、血を超えて・・・血を巡る因縁は、さらなる血を求める。ふたたび、休眠の周期が近づいた小夜。自身の『血』の決着をつけること決意する小夜は、ハジとの約

BLOOD+ 第47話 「全ての血を超えて」

BLOOD+  現時点での評価:3.0  [ハイパーアクション・バトルロードムービー]  MBS・TBS系列全国  土曜夕方6時放送 or 5時30分放送  アニメーション製作:PRODUCTION I.G  http://www.blood.tv/ ディーヴァに瀕死の重傷を負わされ、囚われ....

『 BLOOD+ 』 第47話 「 全ての血を超えて 」

眠りが近い小夜・・・赤い盾は団結・・・ディーヴァ出産・・・ディーヴァ派分裂 {/ee_3/} {/hiyo_shock2/}今回の冒頭は久々に登場の香里ちゃんです {/ee_3/} {/hiyo_en2/} 「 皆何処にいるのかな {/eq_1/} 」電話するか手紙書いてあげようよ・・・小夜・・・・・ {/namida/}

すべての血を超えて

「小夜に捧げる人生を・・・・」

BLOOD+ 第47話に思ふ。

ソロモン、小夜のシュヴァリエになれたのは、ほんの少しの間だったようですね。まさかあんな形で壊れちゃうなんて・・・。かすり傷ひとつが致命傷に・・・。おのれジェイムズ。でもね、ちょっと謎なんだけど。あれって腕が壊れただけで、実はまだソロモンは生きてる....

BLOOD+ 第47話「全ての血を超えて」

えっえーーー!なに、なに、なんだよー。録画していたのを見て、酔いが飛んだというかヘンな酔いが回ってきちゃった。後半から絵の崩れように合わせるような、なし崩し的な展開。なんだよー、あのデヴィッドに岡村なんて別人じゃん。ケモノヅメ作画を目指そうとしてるかと思

(アニメ感想) BLOOD+ 第47話 「すべての血を超えて」

BLOOD+(10)ディーヴァへの裏切り・・・それは破壊の女神の逆鱗に触れ、ソロモンは瀕死の重傷を負わされます。囚われの身となった彼の元を訪れるジェイムズ。彼は絶望の淵に立たされたソロモンに、小夜を殺すことを告げます。一方、ディーヴァの衛星中継を阻止すべく動き....

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。