スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界一初恋もか・・・。

まあ、予想はしていたが、「世界一初恋」もアニメ化だそうで。
確かに原作は面白いから、アニメも雰囲気があのままならいけるでしょうよ。
しっかし・・・アニメもドラマも原作は漫画・小説からばかり・・・オリジナル作品がないよね。
それもよりによってこっち方面の原作をアニメにしなくてもいいかと思うんだ。
何だか最近・・・いいのかなあ~?こんなのでさ、アニメ界と思う。
純ロマが2期あったことも、世の中どうなったのかと思ったけど、こっちも地上波放送ならもうなんだかね?
ま、この手のアニメは地方では見れないんで・・・。






続きを読む

スポンサーサイト

theme : ボーイズラブ
genre : アニメ・コミック

戦う司書シリーズ、読了。

戦う司書と世界の力 BOOK10 (集英社スーパーダッシュ文庫 や 1-10)戦う司書と世界の力 BOOK10 (集英社スーパーダッシュ文庫 や 1-10)
(2010/01/22)
山形 石雄

商品詳細を見る

シリーズ全巻読み終わりました。

10巻目、ファイナル・・・圧倒されました。
悪人も善人も何かしらに傾ける愛がある、愛している。
そんなお話だったように思います。
世界の力。
そのタイトルにふさわしく、死んだ人も生きている人もみんな出てきた!今まで出てきたキャラクターすべてがどんどんと繋がっていく物語に圧巻され感動し。
何度も視界がかすんだわ、こんなの久しぶりに読んだ。
詳しくはネタバレなので書きませんが、とにかく。
ハミ姉さんも幸せになれた、ヴォルケンは、最後までヴォルケンだった。
ルルタの孤独も・・・!

これどんな風にアニメになるかな?
期待!!


さて。
前々から気になっていた、「読書メーター」なるものを始めてみました。
貼り付けてみたわけです。累計がでるんだけど、1年でどれくらい読んでるのか見えていいなあ~。
友人から借りた本とか、すぐにタイトル忘れたりしてそれもマイページに記録が残るから~便利。
最近、印象に残らない本が多いのか、自分の記憶力の低下なのか・・・!
どちらにしても悲しいしツラ~イ感じだったので。
「これ読んだっけ?」とか立ち止まれば振り返ればいいさ、記録に残ってるってこと思い出せる。
ありがたいことです。

theme : 戦う司書~The Book of Bantorra~
genre : アニメ・コミック

戦う司書アニメ17話と。

やっぱり発売日に書店に入荷してなかった「戦う司書10」。
さすが田舎・・・1日遅れの鉄則が。あ~あ・・・早く読みたかった。明日にチャレンジ!
のかわりに、図書館に予約していた2巻「雷の愚者」6巻「荒縄の姫君」が入荷したとの知らせ。
取りに行って今読書中・・・。新刊が手に入っていたら読まなかった可能性もあったこの2冊、今日届いてよかった。

アニメのほうも17話、見ました。
ヴォルケンメインの話。
あ~ハミュッツがでてきただけでちょっとモヤっとした・・・自分的にイメージした小説での彼女像を引きずり気味です。あの、人を食った態度、むき~!!感情的にはヴォルケンとシンクロして見れてしまったかも。
しかしヴォルケンさんの正義感。
武装司書には向いているのに向いていなかったという、虚しさが・・・。
これ以上は小説のネタバレですので止めます。

さて。
OPも今回からかわり、ラスボス的な感じでルルタも登場。原作では透明の髪。それをアニメではどんな色で表現していくのかと期待していたが、やはり白か。
しかしあと10話(全27話)なんだが、残り原作5・5冊ぐらいをどういう配分でいくんだろうか?
小説読んで臨むとかなり端折ってるのが目に付くな~。
う~ん・・・どうしても心理描写が少なすぎる気がする。
今回のヴォルケンの話にしても、以前のモッカニアにしても見ている側に響く主張の熱さというか執念がもっと前面に来て欲しい。
原作1冊をアニメでは2~3話?ペースでは、原作の重厚さがどこか物足りない気もしてきた。
こりゃルルタとニーニウの回もかなり・・・。←ここは丁寧に書いて欲しいなあ、話の肝だぜよ。

ん?そういや先週のミンスメインの赤本話の回はアニメオリジナル??だっけか?
あの話はユキゾナとかユーリとかの紹介がてら、ミンスのことが良く描かれていたけどもアレ?
もう一回初めから原作読んでみよか。



他。
冬から始まったアニメ、実は1つしか見ていない。
話題作の、何とかヴァンパイアは1話みたけど続かなかった。デュララだっけ?まだ見てない・・・つか見れないからネットを彷徨わねばならん←そこまでしようとは思えない。
見てるのはCSで見れる下着アニメのみ(櫻井さん目当て、コレははっきりいえるな)・・・しかしコレも挫折しそう。
あ~早く春になって!!

theme : 戦う司書~The Book of Bantorra~
genre : アニメ・コミック

とりあえず・・・。

「戦う司書」~9巻まで。
ノロティが活躍してると思われる、借りられなかった2・6巻以外は読み終わりました。
明日発売の10巻で完結なんや~。わ~どうなるの?コレ。絶対悲しいことになってると思う。
死にたがっていたハミュッツの能力がアレだから、あ~方向性はなんとなく・・・。

しかしアニメの1話で感じたハミュッツの不気味さというか・・・腹立たしさ、だなうん。
小説では倍増した。
想像力が働くとどえらい悪役になった、私の中で。
それがMAXになったのはヴォルケンの話のところだった、5巻の「追想の魔女」のラスト。
後味わりぃ~もう・・・ヴォルケンがかわいそすぎて。
ああ・・・明日のアニメはこのあたりのエピソードなんだろうなあ。ちょっと見るのが辛くなってきた。

それから、ルルタの切ないこと。
ラスコール・オセロの言うとおり、この話の主役はルルタなんだろうと思った。
楽園時代の英雄としての、心の葛藤のエピソードにはぐっと来た。
絶望しているのに、でも一縷の望みをかけ2千年かあ・・・。世界を巻き込みすぎですが、でもなあ・・・。人を想う心の一途さの尊きこと。
ハミュッツにはわからんだろうな・・・。
私が一番好きなシーンは9巻最後の方の、ルルタがコリオと話をするところでした。
同じ位の精神年齢?で対照的な二人、お互い愛した人に命をかけて戦ったのにね。
自分の想いを達成でき満ち足りた死をむかえた者と、想いは届かず死ねない者。
どうなるのかな~。
明日は本屋いこ。





theme : 戦う司書~The Book of Bantorra~
genre : アニメ・コミック

密かに待ってた!

新年も始まって既に半月・・・ご無沙汰しています。
遅ればせながらごあいさつ。
『今年もボチボチやって行きます。よろしくお願いいたします。』

さて現在、「戦う司書」のノベルズにドップリはまり中です。
図書館でほぼ全巻揃ってたのを見たら思わず借りてしまった。
借り物ゆえ期限つき、どわ~っと読み進めています。
いや、なんというか・・・残酷で切なくて・・・凶暴だな。
こういう話は好みだな。今まだ3巻目ですけどね・・・モッカニアさん!!

~先ほど。
ネットを彷徨っていたら。なんと!
「蒼穹のファフナー」が戻ってくるって記事が!!
知らんかった・・・2期だ2期!やっほ~!(2期という表現が似合わないというか、素直に続編でいいか)
「蒼穹のファフナーHEAVEN&EARTH」というタイトルで公式HPもあり。
帰って来るんか?総士!公式のTOPにカットがのってるわ!わ~~!
あんな終わり方で、しかし総士の言うように「帰って来る」って・・・次があるかといったら・・・?
だったからね・・・。
でも、ホンのちっとの可能性にしず~かに縋ってたから、嬉しいよ・・・!
まあ現実的には多分DVD-BOXが売れたんだな。
あの痛かった2クールあたりと本編の前に当たる世代の人たちの話、大好きだった。
今でも時々DVD見直すもんな・・・。
沖方さん・・・!ありがとう←なんとなく・・・。
んで「マルドゥック・スクランブル」の方も劇場アニメ化ですか・・・はい楽しみです。
ちょっとテンション上がった!

そんな感じで、とりあえず叫んでみた。

それから近日中にHPの中身をごっそりとお蔵入りさせます。
まともに管理も出来てないし、もう需要もないだろうからシンプルにします。・・・今作業してます~。

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。