スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス反逆のルルーシュR2#20「皇帝失格」感想

アーニャさん・・・最終兵器的なものを抱えていましたな・・・。んでえらくイメージとは違う人が出てきましたよ。

ルルーシュ視点で描かれているというのもあって・・・ルルーシュの母は今まで理想の母的な優しいイメージがついて回っていたのですが・・・そうではないらしい・・・気が・・・します。
大人の本音の部分というのは子供からは分からないものですし自分だって子供の頃親に対して持っていたイメージとか・・・やはりある意味神聖なもので、そのイメージが裏切られることはないと思っていたし。
そして自分が親になってみて思うことはやはり子供が持つそのイメージというか、を裏切りたくないと思うものです・・・。
ですが大人には子供にはいえない過去に本音・・・捨てられないものはあるわけです。
それは成長すると子供にも分かるのでしょうがルルーシュは10歳で母とは別れてしまったからね。イメージはだんだんと美化されて来るだろうし残されたナナリーがああで・・・家族を守るべき立場の父があれでは母の哀れさに傾くと言うもの。

で、その母です。
マリアンヌもギアスを持っていたらしい。そのギアスは他人の心に住める(乗り移れる)?というものなのでしょうか。
ギアスを持っているということを勿論皇帝は知っていたはずです、そうなると肉体の死とはまた違ったところにマリアンヌの死はあるかも、と言うことで助けることはしなかったとかも考えられる。遺体を運び出した理由もそこにあるのだろうかとか。
しかしCの世界に入っていたC.Cとの会話を聞く限りマリアンヌという人は自由奔放という感覚で自分が狙われているというのに護衛を断った彼女は現実世界から逃避でもしたかったのか?とかマリアンヌという殻を捨てたかったのかなあ?なんて思うのですけれども。
V.Vがマリアンヌを嫌悪していたあたり、もしかすると・・・彼女は結構身勝手な部分もあった?とか思うのです。閃光のマリアンヌと呼ばれてた辺り結構やり手だったでしょうからね・・・宮殿におさまっている人ではなかったかも・・・。
意味深な「今でもアナタが私たちの見方が知りたくて」とC.Cに言ったマリアンヌ。私たちとは誰か。
また「ねえ、どうしよ。助けるべきかな彼を」・・・彼とはルルーシュのことなのか・・・迷うと言うところが既に・・・何といっていいか彼女はC.Cにギアスをもらい契約は不履行であったらしいですが彼女にも何か理由はあるらしい。
ルルーシュのこれまでの根本がひっくり返されるのではないかとちょっと心配になったりした母の登場でした。

で、今アーニャさんはマリアンヌに抑えられていると言うことなのでしょうかね。
それとも彼女はすでにギアスの犠牲者なのか・・・?

さて・・・今回の話でとうとう来た(つうか立ったか)と思ったのは、これまでもこの人が何考えてるんだろうと正体が分からなかったシュナイゼル殿下なのですがね。
確かに戦争というものを嫌悪していて何とかしたいとは思っていたようですが今一歩父たる皇帝の正体を見破れ切れないところで足踏みしていただけなのか?
ギアスのことが分かり父の謎行動に裏づけができたことで、スザクの挑発めいた言葉に乗るように「私が皇帝になろう」と発言。しかし「これが妥当な線だろ」的な妥協案というか「私がどうしても」と言う必死さはないなぁと思える言い方に、シュナイゼルという人の本当の望みというか、やりたいことというのはどこにあるのかと感じたのですがどうなんでしょうねこの人・・・。
「人の本質は何かに支配されたいということ」
「権威を演じられる・・・多分」
という微妙な反応に含まれるものは何かな?彼の言う「権威」のもう一つの意味とは・・・?
なんとな~くこれまでのブリタニアを崩壊させる「皇帝」になるつもりなのかとも見えたり。
しかし・・・ロイドの言うとおりクーデターですよ、殿下。
スザクへの不信を抱え、皇帝の「俗事」発言に揺れるラウンズのジノがどう傾くのかも見物でもあります。

最後にスザクスキーの私としてはここで恒例のスザク語りをば。
あったことをなかったことにはできないとこれまでのことを全部自分の中に呑み込んでしまい思い切ったと思えるスザクの言動・・・それを裏切りを重ねてきたとかビスマルクに言われてたけどさ(←そうではないと思う)・・・彼もまたルルーシュと同じで初心を遣り通そうとしていると私は思います。

「これまでの自分は甘かった、結果よりも手段を、といいながら自分が大事にし手いたのは理想や美学だった」
「人を殺めるというのが自分の業なら僕はこれを認めよう。必要なのは結果」
フレイヤを撃った背景に何があろうともやってしまったのは自分、その結果「ブリタニアは勝たなければならない」・・・#17でルルーシュに言ったように「正義の味方と言ったなら本当になればいい」と言ったのと同じ、これまでしてきたことを本当にしなければならないと言った思いなのだと思います。
だからシュナイゼルに多分、既にスザクの本意ではないと思える「ナイトオブワンにしてくれるか」という言葉で挑発した。ギアスというものを強く否定するとう意思を表明し後の世界の混乱をこの人なら、と思って言ったのではないかと思うのです。幼い頃の衝動はあと先考えずでしたが今回はその後の世界もスザクなりに考えシュナイゼルなら人が人を殺める世界を止めてくれる、任せられるのでは、とも思ったのでしょう。
また皇帝のギアスのことはスザクサイドはシュナイゼルと(カノンも?)スザクしか知らない事実なのでしょうから・・・周りの人間はスザクの変貌に驚いたり失望したのだろうけれどスザクの皇帝暗殺はどんな条件下でも自分のギアスが発動すれば目的を達成できるという結果を考え、その後自分は罰を受けるのだと覚悟しているようにも思えました。
自分が皇帝に打ち込むそれに「ルルーシュとナナリーの絶望をこめる」とか「それは僕の十字架」とルルーシュを止めようとしたのも皇帝殺しという罪を背負う気持ちでいたのだと思います。
けれど・・・ナイトオブワンがどうやらギアス使い(皇帝が与えたか、V.Vなのか分からないけど)・・・ここに誤算があったようですね。
ラウンズの騎士たちの動向を含め今後ブリタニアがどうなるのか、スザクがどうかかわっていくのか黒の騎士団間までも神根島に行ってどうなるのか・・・今後は混乱必至。
ここまでキャラクターが大所帯で・・・どう収拾するんだ?と思いつつ・・・これでもか展開を続けていくんでしょうかね。

と、最後に気になること。
オレンジさんのギアスについてですが、ギアスキャンセラーっていう能力があると言うことはスザクのギアスのキャンセルも可能(勿論リヴァルや会長も・・・アーニャも??)ということ。
残りのどこかでオレンジのギアス発動があるんじゃないだろうか、と思っているのですが・・・どうなんでしょうね。


スポンサーサイト

theme : コードギアス 反逆のルルーシュ
genre : アニメ・コミック

コードギアス反逆のルルーシュR2#19『裏切り』感想

先週は入院先で放送を見て携帯で感想書いたらやっぱり途中でぶった切れてたな・・・記事が変なところで終わってて、なんだこれ!と思った人も多かったと思います・・・お見苦しいところを・・・すみません。
今頃修正を入れてみました。
さて、今週分の放送時には退院していたんですが現実にもどると忙しい・・・なかなか感想も書けずに放置・・・静養する暇もないわ・・・元気だからそんなの必要ないが・・・。
でも少し涼しくなってきて過ごしやすくて助かってます~。

さてギアス・・・こっちの話は寒いよね・・・なんだか毎回悲しい・・・。


ゼロの正体の暴露、それがシュナイゼルのチェックだった・・・そして黒の騎士団はゼロを弾いた。

ということでしたが、正体を知られたルルーシュも何の手も打ってこなかったのだから仕方ない事態だったのかもしれません。
朝比奈の仕入れていた情報やロロ・オレンジ・ギルフォードが味方についたこと・・・そんな不思議は重なっていたところにシュナイゼルからの証拠の提示。黒の騎士団としてというか日本人として一番許せない「虐殺」の命令をゼロは出してしまったということを知ってしまった彼らはそれに反発して・・・日本人として、戦ってきた黒の騎士団の古参や藤堂たちにとっては許せないことで一気にゼロへの信用は地に落ち・・・仕方ないことなのでしょう。
その場逃れを起点に突っ走ってきた感のあるゼロですからね。つじつまが合わない行動も謎も・・・信用しきれないというベースは常にあったと思いますから・・・。

またルルーシュもシュナイゼルに自分の正体がばれた瞬間、こういう日は来るという可能性はあったんが・・・ですかルルーシュはその対策をしてなかったから。
それについては「ちょっとらしくないなあ」、とも考えたりしたこの話の顛末なんですが。
それだけスザクの2度目の裏切りに失望し激昂していたのと、東京進攻という自分の計画に自信があったということなのか?
スザクからのフレイヤ情報も彼自身を信用できないとスルーしちゃったし・・・。でもそのことと過去に「生き延びたかった」という理由でスザクに掛けたギアスがとんでもない方向に発動してしまった。
結果、ナナリーを失ったことで我を忘れてしまい自分の正体がシュナイゼルにばれていることもとんでしまっていたのかな、とも思うんですけれど・・・。

にしても・・・ちょっと黒の騎士団も勝手だな~と思う節もあるんですね。
ギアスという力は確かにフェアじゃないから正義に照らしてゼロの所業は許せない、と思っても仕方はないでしょうけど。ディートハルトが明言したように「ギアスという力を利用できるならすればいい」というのは劣勢であったテロリストの本音だと思うのです。どんな手を使っても現状を打破して今どうにか自分たちの手に取り戻せるかもしれないという局面なら・・・ゼロもゼロのその力も必要だったことなのではとも考えられます。利用されるのは許せない、駒扱いされ死んだものがいるという事実は受け入れられないというのも分かるし「正義の味方」を名乗って来た裏がこうだったからとゼロを全否定するような変わり身は・・・なんとなく解せない気もします。
特に・・・扇の「日本を返せ、そうでもしないと死んだものに顔向けできない」みたいなことを訴えたことはやはりちょっと言いすぎ感があるんですよね。
ここまでついてきてあれほど頼って持ち上げてきたのに、自分たちのものさしの中で正義ではない行為があったというレッテルでペテン師扱い、その一言でゼロを切れる・・・それもどうかと思えました。
日本人としてのプライドをかけてテロ行為をしていた人たちです・・・世界に殉じて生活するのがいいか、平和への道を戦わずして得るか、戦い抜くか・・・日本人はそれぞれの思いの元生活していたのですから。それをゼロの力を借りて武力で押し通して来た人たちですから・・・何だか・・・この変わり身の早さに抵抗感。

というか、判断が、ものの見方が一方的なのですね。
もしゼロがルルーシュというブリタニアの皇子でなければ彼らはある程度ギアスも受け入れたのではないかとも思います。「本当はどうなの?」と少しはゼロの意見を聞いたのではないかとも。(ストレートに答えは返らなくともそれぐらいはするのが普通だと思うのですが)
少なくともカレンはルルーシュの行動がゲームではないと理解していたはずだしゼロには何らかの理由があったのでは?とルルーシュの気持ちを誰も考えてあげられない冷たさというか・・・切ないシーンでもありました。

そんな中ルルーシュの気持ちを一番分かっていたのはやはりロロなのかも知れません。
疎まれていた、殺そうとした・・・ルルーシュの告白に衝撃を受けていたロロですが薄々分かっていたのではないかと思います。しかしルルーシュの傍が自分のあるべき場所と考えたとき邪魔なものは排除する・・・ロロはそんな方法でしか生きられなかったのですからそうするでしょう。
そしてそのことが兄を助けると思っていたからこそ頑なに身を削っていたんですよね。
ルルーシュに拒否されもしあのまま諦めていたらロロは自分をも失ってしまったでしょう、やっと見つけた自分もね、だから本懐を遂げたというか・・・ロロは幸せなのだと思っています。

「これが残された結果、報いなのか・・・」

もうだめだと諦めた命もロロによって救われた。
しかしもう本当のルルーシュを理解してくれそうな人は・・・今のところいそうにありません。ナナリーは死に、C.Cもああだし・・・スザクは自分が壊れてしまいそうだし・・・。可能性があるのはカレン位か。
そう考えるとルルーシュは孤独です。
すべてを包み隠し独りになっても皇帝には立ち向かう・・・当初の目標の一つに向かっていくことは諦めてはいない。
仮面をかなぐり捨ててルルーシュとしてやっとたったのだな、と感じるものがありました。

さて。
スザク・・・笑ってたな。
ギアスのせいだとしてもフレイヤを撃ってしまったことで失った日本人としてのプライドへの自嘲なのか。死の直面したときには撃つかもしれないという事実に気づけずに自分のラウンズとしてのプライドを優先してしまった己の浅はかさを笑ったのか。
どちらにしてもスザクの自尊心は壊れてしまったのかもと思える悲鳴・・・のような笑い。
苦しいだろうなと思う、あの一発は自分と言うものをなくしてしまった一発だったからね。
今後スザクはどうなるのか・・・とても不安です。

またそのフレイヤの一発がおこした惨状にジノが「これはもう戦争じゃない」と吐き捨てた。ジノの今後に変化をもたらすトピックになったのではと思わせる一言や。
アーニャの以前とは違うどこか不安そうな・・・自信のないような言動もギアスとの感応も今後のストーリーに大きく作用するのではと思ったりで。

もう大詰めだ・・・甘い話で終わるわけはないとずっと思ってきたけど回を重ねるごとに現実味を帯びて悲しくなってきた・・・毎回どこか後味の悪さを感じてしまうこの頃です・・・(悲)。


theme : コードギアス 反逆のルルーシュ
genre : アニメ・コミック

コードギアス反逆のルルーシュR2#18『第二次東京決戦』感想

…スザク…(泣)。
スザク悪くないよ。絶対悪くない。
ルルーシュがスザクは父や日本・友情を裏切ってきたって言ってたけど違うからね。スザクの中のものさしはずっとぶれていないと思います。ただ『生きろ』と言うギアスがスザクの最後の判断を狂わせてる。フレイヤ発射だってそのギアスのせいだろ?でもスザクは自分の罪として背負う。また守れなかったと打ちのめされるよ…しかも今回は自分で引導を渡してしまった…ナナリー…まさかの…もう言葉もない。この罪をどうスザクはするのか…生きろと言うギアスがある限り死ぬ選択肢はないだろうが…。(だがカレンの紅蓮にやられてしまう運命を選ぶことも罰を受けることにはないからな!生きて何かやり遂げろ…やり遂げさせてあげたいなぁホンマ)
しかし考えてみるとランスロットにフレイヤが搭載されたのはシュナイゼルの命令でしょう?スザクから聞いてすべての辻褄を合わせたことでスザクが土壇場でまた何かをすると言うことが事前に分かっていた。だから今回スザクが出撃したらもうそれで逆転のカードはあった。て勿論普通に勝ったらそれでよし!で負けてもフレイヤ発射で局面は変わる。スザクのプライドはあるように見えて最後の最後に覆される…それは計算されていたはずシュナイゼルの作戦は成功。まあナナリーを巻き添えにするつもりはさすがになかったでしょうけど。

さて自分のかけたギアスが巻き起こしている悲劇をルルーシュは分かってないと思うがスザクを恨むんだろうな!お門違いだっていつも思う。場当たり的なギアスこそあとで大惨事をうんでいるし…掛けたが後の責任は知らん…からねー。まったく……結果の人だからな。 そんなルルーシュの唯一の存在ナナリーは消えてしまった?(よね?皇帝があの状況をどうにかできたりせんよね)からにはもうルルーシュの戦いに意味はなくなった。あとはそれこそスザクへの憎しみだけになると思う。
どうなっていくんでしょうね…黒の騎士団も朝比奈の情報が藤堂に届いているようだから一波乱ありだろう?重ねてコーネリア脱走にヴィレッタ拘束の事実が明るみに出たらもう分裂必須。
次のタイトルが『裏切り』とまた意味深。
今回もバタバタ人が死にましたがラストまでこんな感じかなぁ?
アーニャとか気になるしジノはやっぱりいい奴でどうなるのか不安。生き残って欲しいなぁ。
スザクはこれ以上苦しめないで欲しい。
色々語りたいが今回携帯投稿で…どんな風にUPされるか確かめられない。

諸事情でオンタイム一回しか見れなかったから…今回はこの辺で。見難い記事になっていたらごめんなさいませ。 なんにしろスザク…アイタタタ(痛)…こっちまでかなり凹み中です。

コードギアス反逆のルルーシュR2#17『土の味』感想

やはり今週も時間がない・・・色々書きたいが簡単に感想を。

『キミは誰だい?
日本人
名誉ブリタニア人
ナイトオブセブン
それとも枢木ゲンブの息子
ルルーシュの友達
ユーフェミアの騎士・・・?』

シュナイゼルがスザクに向けていった言葉だけれど・・・その通り・・・ですね。今のスザクは全部抱え込んでいる感じ。
あのお方、みているところは見てたんだなあ・・・と思いました。
でも皇帝の不透明なところに気づきスザクを監視し、彼からすべてを聞いた後どうするのか。
純粋にこの悲しい世界をどうにかするために立つのか、それとも・・・?
黒なのか白なのか・・・限りなく灰色ですなあ・・・。最終兵器的なものも持っているしどうにも黒っぽいのですがまだまだ分かりませんね。

さて今のスザクは↑のどれにもなろうとしているとだから自分を見失っているというか。
自分が10歳のときに起こした事件で成り立った世界に生きるならばナイトオブセブンでいるべきなのでしょう。あのギアスが掛かるまでは自分のした結果の中に生きることだけを目標に・・・信念にしていただけに、今となって切り捨てられない自分が出てきてスザクもまた整理がつかない、といった感じかな。だから嘘をつかなくてはならない・・・それは誠実な彼には苦しいことだと。
ルルーシュとの対話も、ルルーシュが本当に変わってしまってどうしようもないというのならあの場で生かしておかなかった気がします。
スザクの激昂はギアスというものに翻弄された人にとっては・・・当たり前ぐらいの感情の爆発かな?殺されても仕方ないよ・・・ルルーシュ。
どんな理由や状況があったとしても人はたくさん死んだからね。
けれどスザクはルルーシュの中に「秘密をしまいこんで罰を受ける」姿を見つけてしまった。
それは過去の自分がそうだったから、投影されたものを見て気づいた。だから「本物にしろ」といったのでしょうね。このとき一瞬二人は通い合ったのですが・・・。

はあ~(嘆息)

監視されていたか~。
しかしスザクは悪くないと思うけどな・・・私。
でもルルーシュにはそうは映らないよな~。
ルルーシュとスザク、おそらくこれでもう完全に決別か・・・という感じ。ルルーシュはもうだれも信じられないでしょうし、スザクもまた信じられるものを失った気がしました。

その上ランスロットにフレイヤ乗ったのか・・・。どうなるんだろう、スザクには撃てないだろうからな・・・。
もう残り10話もないんでしょうからこの後は戦いも本格的で話は畳み込みに入るのでしょう、スザク苦しい立場に逃げ場もなくなったというパンチも加わりましたが。周囲にいるロイドやセシル、ジノ・・・この二人はスザクにいい影響を与える大人であって欲しいと思いますし彼を助けてあげて欲しいな~。
ジノはスザクの変化を感じ取ってるし、ロイドも・・・ああいいながら情はあるようですから。それにスザクは自分の父がおそらく信じられないことをしようとしたせいで父殺しをしてしまったのだからあのときから大人は信用できないと思っていると思うんですがね・・・。
それはルルーシュもそうでしょう、あの父に子供の頃にあそこまでされてるからね・・・。

という感じで来週はナナリー救出の話も被りながらトウキョー攻防戦かな。
スザクのランスロット搭乗シーンに飢えていたので見たいけど・・・苦しむのかな~とも思えば複雑。
後は密かにアーニャさんとジノの活躍に期待です。









theme : コードギアス 反逆のルルーシュ
genre : アニメ・コミック

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。