スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主婦休暇頂いたので。

なんといいますか。
今頃毒が回りました。
明日から2日、大阪に遠征です。

地方の昔馴染みの知り合いが主宰のソレ以外に顔を出す日が来るとは思ってませんでした。インテ・・・何年ぶりだろう??軽く10年以上ぶり?
こんなのは最初で最後かも、と思いつつ・・・楽しみな反面大丈夫かなあオレ、と心配なこともいっぱい。
しかし二日連続で並ぶんだ・・・。
1日目の明日は・・・子供のため。
黄色い電気ネズミのイベントでドームにいます。行く人いますかね?何だかレアなものを3体もらえるとか?私はその係りになりそうです。
でダンナと子供は家に帰し、私はお泊り。
ぶっちゃけ嬉しいわ。
でも体力持つかな?

あ、色々・・・なんのこっちゃ分からん人はもうスルーしてください。
行く方もいらっしゃると思いますが楽しみましょうね。
すれ違うかもしれませんね~。

続きを読む

スポンサーサイト

衝動って怖いね・・・。

一昨日衝動買いしました・・・DSライト。
なんというか・・・二台目です。

子供のを取り上げてするわけにはいかないと思い・・・こっそり購入。
したいソフトがあったから買ったのに。
結局、子供が寝た後ダンナと頑張って育てているのはペンギンだったりサルだったり・・・コイだったりする。

つくづく親バカ・・・。
G関係のゲーム欲しかったのに・・・・いつ買えるの?(涙)

theme : 日記
genre : アニメ・コミック

休止なのね。

世界陸上開催で「地球へ…」が休止。
その代わりといってはなんだけれど、18時~スカパ=アニマックスの24時間マラソン今年は「アニソン」がテーマですが・・・司会のタカノリ目当てでずっと見てます。

今の時間の放送はギアスの24&25スペのラスト近くですが(記事書いてるうちに終わると思うけど)。
改めてみるとやっぱり。
最後の銃声・・・誰が撃ったんだろうと考えてしまふのでした・・・。

先日、5歳の子供と一緒に見たとき、うちの子は
「撃ったのは白兜のほう(←こういう風に表現するのを聞くとよく見てるなあと感心した)」
と言い張った。
理由を聞くと
「ゼロは悪いから」
そう思った理由を詳しく聞くと
「嘘付いたから」

話の殆んどは難しくて分からないはずの5歳児でも最後にスザクが「僕とユフィに嘘をついたね、ナナリーにも」って所とか、仲間を置いて行ったところがいけないこと、と思えたらしいです。
ん~。
しかしルルーシュは初心貫徹でした。
ナナリーが居なければ行動に意味がなくなる・・・。
それからスザクに対して固執したのが自分の甘さといってるように、それが命取りになりかねないと思いつつも彼を攻め切れなかったのだろうと思う。
多分これもスザクに気があるナナリーを悲しませたくないそのため、という理由が一番強そう。
胸のした流体サクラダイトですが・・・今になって考えるとフェイクなのではないか?とも思うのです。
その辺もしかするとスザクは読んでいたりして。
すると撃ったのはスザクかも?とも思うんですが。
結果を求めナナリーを助けることのみを考えているなら・・・ルルーシュ、私はルルーシュだろ~思うんですが。身体能力で考えたりすると、ルルはよえぇ・・・し。直前にスザクに懐に潜り込まれてたり・・・。
それにあそこにいたカレン・・・彼女にも撃つ理由はあるんだよね・・・。

タカノリ曰く「中途半端に終わりやがって」な2クール目のラスト。
まったく・・・次はいつ始まるのか知らないけど(春かな~)引っ張ってくれるな~。
ま、そんなこんなを考えつつ、またアニソン話題です。

スカパの番組内でネット等で集計した皆のアニソンのベスト500~1位まで24時間掛けて発表してます。
相変わらずGダム、そしてSEED関連曲が50位以内に一杯入ってますなあ。

数多のアニソン、知らないものも多いし納得結果もある。自分が好きなアニソンを選べといわれたら一杯ありすぎて絞り込み出来ませんが、カラオケでよく歌うアニソンは?と訊かれればう~ん・・・。
ETERNAL WINDとか一千万年銀河とか水の星に愛を込めてとか?
ってGダムばっかりじゃん。
最近ものならやっぱり種関連だしねぇ。やっぱGか。
ホントはangelaとか思い切り歌いたいけどハードル高いよね~たまに歌うけど。でも最近は懐かしい80年代のアニメの内容さえ??になりつつあるマイナーなものの主題歌を入れまくり貴腐人仲間と「お前行け!」とマイクをまわしまくるのがツボよ。
ま、自分的アニソン18番は多分「夜霧のハニー」というか前川陽子さんだっけ、あの方が好きなの。ま、アニキとかも好きだけどさ。

そんなこんなで24時間は無理でもBGM代わりに夜中もアニソンの特番見て執筆進めます~。

theme : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
genre : アニメ・コミック

地球へ…Section19&20簡単感想

忙しくしていまして、2話纏めてみましたので簡単感想に。

まずは19話「それぞれの場所」
自分の起源ともいえる場所に戻ってきた二人・・・。
ミュウである自分を知りその後の運命を決めた故郷アタラクシアにジョミーは帰ってきて、テラズNO.5と対決・・・結構あっさりとキメましたけれどこれもジョミーが強くなった証拠かと。
ブルーの形をして現われてもブレることなくジョミーはまっすぐ見ていられたということがその強さの表れだったな、と。
一つ、惜しかったのは両親との再会があったようでなかったことですが・・・。ジョミーの記憶の中には彼らとの温かい思い出があり、そしてそれはいつまでも美しい記憶として生き続けていて・・・それがジョミーを支えてもいたので再会を果たして壊れるのならこの形で(後姿の再会)でよかったのかなあ、と思いますね。
それに彼らの人生を変えてしまう決断もジョミーはせねばならなかったわけで。地球の位置が分かったことで今の体制を安全に打ち砕く、それをジョミーはするわけですから、その体制しか知らないだろう人類、両親を含みその生活を脅かし非難されることも全て受け入れ進む決心を既に覚悟していたのですから原点のアタラクシアに立ち寄り両親が自分を忘れていたことに逆に安心したかもしれません。
しかし仲間のミュウにも冷たく接するその意味は、非情でなければ勝てないという戦いであるというだけの理由なのか、少し疑問になってきました。

一方キース。
自分が作られたのはこの体制を守るために作られた存在だとはっきり確認でき、国家騎士団の中にいてこそ自分、その価値があるとわかってしまった。生まれてきた意味と今生きている意味、それを求めるのならばSD体制を受け入れそれを守るしかない・・・そのためにシロエもスエナも
そしてサムも、自分のために狂ってしまった人がいることも背負う・・・もう後戻りも出来ないんですね。

それぞれ立つ場所は違いますが二人はやはり似た存在。本当なら一番分かり合える存在なのだろうと思うのですね。

20話「決戦前夜」

キースサイド、人類統合軍のお話なのですが印象に残ったのは主人公に近いキャラではなく、体制に流されてきた人たちの変化。
スエナは自分の中のおぼろげな記憶の謎を自分の力で引き寄せてきたわけですが、ナスカの時のエリートさんグレイブでしたっけ・・・?彼もどうやら何か動くようで(見間違い出なければスエナのところに来たのはかれですよね?)。おおばけしたらいいのにと思ってましたが・・・どうやらそうなりそうです。

ミュウの出現によって閉じられていた情報や世界が突きつけられた。
「ミュウは伝染する」などど言う流布を信じている人もいますが、今までの自分の中にある空虚な部分を感じていた人たちは「これでいいのか」と考えはじめ自分達が何をすべきなのかを模索し始めたといって言いようです。
そしてジョミーの養母であった彼女も、心のどこかで自分が今まで育ててきた子供のなかでも特異な存在となってしまったジョミーの成人検査のことを覚えていた。幾ら機械が彼らを意のままに操ろうとしても結局は一人一人の本質と経験や培ってきたものは消せないし積み重なっていくということが証明されたようでした。
退行してしまったサムがある意味一番自由だった子供時代に還ったことも、幸せを求めるがためだと思えますしね。

体制が作ってしまった悲劇・・・今を守るために切り捨てられる人間。
サムはその筆頭なのでしょうけれど彼を通しそれを十分承知しているキース。
彼はここまでになってしまった世界とこの世界でしか生きられない、マザーに依存してしまった彼らを放ってはおけないとも考えているようでした。しかしその限界もわかっているんでしょう。
そして自らが人類ではあるけれど異端であることも認めそのために生まれたならまっとうして生きる意味を求めるしか行き場はない・・・。
マツカ曰く「死に場所を求めている」ということらしいですが・・・。
彼に冷たく当たりながらも認めている、本当は彼らの存在を認めたいのだろうとも思えますが自分の過去からそれは許されず、そうしてしまえば自分を見失う・・・キースの戦いは自分との戦いのように見えますね。

とうとう全面対決。
ジョミーとナスカの子たちの戦いぶりとナスカの子らの葛藤もどう描かれるか期待しています。

theme : 地球へ…
genre : アニメ・コミック

行って来ちゃった、電お~映画。

先日、とうとう(?)行って来ました。
貴腐人3人・・・イイカンジで目立ってたよ!
うふふ、チケット売り場のお姉さんに「ええと大人三人で(ホントに)よろしいんでしょうか?」
マイク通して言うなっての!


特撮初心者、ずれたこと言うかもしれませんが、まあ・・・感想です。
ネタバレ・・・あるかなあ?

続きを読む

コードギアス反逆のルルーシュstage24&25感想

やっと我が地方でも先日放送がありました。
感想をすぐ書こうと思ったんですが・・・色々詰め込まれすぎていたのとなんだか見終えた後なんとなく後味悪くて。
一日熱を冷ましたという感じです。
しかし・・・
続編が決まってなくてもしあのラストだったら(それはないか)暴れてたって!

ルルーシュのやってきたことは結局なんだったのだろうかと思わせたし
そして本当に孤独になってしまったことが恐ろしく切ないんですよね。
第1話でC.Cとの契約の時「王の力はお前を孤独にする」と彼女が言った言葉がとにかく印象にありまして、回を追うごとにそれを感じていたのですが・・・本当の意味でそうなってしまったな、と・・・。

感想としては色々あるんですが、やはりルルーシュとスザクに関してを中心に。



あらすじなどの説明はありません、見た人向けの優しくない内容です。

続きを読む

theme : コードギアス 反逆のルルーシュ
genre : アニメ・コミック

地球へ…Section18「再会のアルテメシア」感想

『システムを破壊して人間達に生き方を問う』

ジョミーの非情ともいえる反撃が始まりました。
まずは育英惑星のシステム、テラズNO.5を殲滅することで、自由(というか自律?自立??)になる人間達がどうなるか、ということなのですが。
ミュウとの戦いは人知れず行われているわけですから、その戦いをジョミーは現実のものにして人類に突きつけ問題をきちんと表面化していきたいンでしょうね。それが降伏してきた救命ポッド(かな?)をも攻撃させ、自分達の存在を証明するかのように、また本気であると見せ付けるようにジョミーはトオニィに撃たせたのだと思います。

そのことでシャングリラの内部も随分荒れていますがね。
ジョミーはブルーが死んで変わったんですが(…唐突な感じが抜けませんけど)マザーが絶対にミュウを認めないという体制で攻撃してきたことに、話し合うテーブルに着くのにはミュウとしても力を見せ付けるしかない、それが近道とそう判断して力で押しているんでしょう。
が、そのジョミーの考えを本当の意味で理解しているのは・・・誰だろうなあ・・・。
トオニィはジョミーの力に心酔してるから付いて行ってるって感じで中身は子供だし人類は完璧蔑んでる(それはナスカ産の子供全員)・・・なんだかご褒美の欲しい一心って感じだし。リオは分かろうとしているけれども・・・彼自身は戦えないことで一線越えられないようだし。
フィシスはキースと接触したことで自分を疑い、ブルーとの想い出の中にいて今は未来を占えないという自分の過去に囚われているし・・・そして長老達はイザ始まってみると「やりすぎ」って・・・!なんだかなあ・・・ハーレイも何とかジョミーの考えを尊重して付いて言ってるけれど・・・といった感じでジョミーは孤立化していますね。
しかし一人でもジョミーはその強い意思を貫き地球への道を歩いて行きそう・・・ナスカでの暮らしはコンピューター支配からの脱却を実現したし、そこにミュウの可能性も見たわけですから同時に社会の異常さをしっかり理解したわけで。経験してきたことからジョミーは自分に自信を持って戦っているそんな印象です。
しかしますます孤高の存在になっていく様でもありますな。

さてアルテメシアへ向うシャングリラを追っている存在スエナ登場です。彼女は成人検査前ジョミーと再会したことをぼんやりと覚えていたんですね。鮮明ではなかったからこそ記憶の底にこびり付いていてかえって忘れられなかったのかもしれません。
その曖昧な自分がいることで彼女は何かをかぎつけて、白鯨と接触したという航宙士を巻き込みとうとう白鯨に追いつくことが出来ました。
今回は何よりも地球統合軍の人間ではないスエナとそれからモビーディックを信じている航行士・・・彼らの台詞が鮮明でした。

「コイツが俺の見たモビーディック、何が夢だ、黙ってろだ。もう隠せねえ鯨はいたんだ、本当にいたんだ」
と記憶を手放さなかった者・・・強い意志が記憶操作を凌駕していたんでしょうし。
スエナにいたっては、一度アタラクシアに帰ってきた友人のことがずっと心に引っかかっていてそれで人生をも狂わせたみたいだし(離婚したりして・・・)。しかしそれこそが彼女の生きる道になった。

「皆が忘れてしまっても、この世界には私たちの知らない何かがあるってあの日からずっとそう思っていた。あの日見たものをずっと思い続けていればいつか、本当のことがわかるんじゃないかって・・・それが貴方だったなんてジョミー」

強い思いを抱いた者はコンピューターの支配を超えた、人心は何者にもコントロールしきれないということなんでしょうけれども、そんな人たちは今まで強引に粛清されてきていたんですね。だから今の社会は保たれてきたんだし、スエナもキースに脅されていたりしてそんなことが逆に疑問となってスエナを突き動かしたのかもしれません。
何よりも曖昧な自分こそが許せなかったのだろうしここで屈することになれば自分を裏切るわけですから、見え隠れする白鯨の存在を追いはっきりさせることで何かを得られる、変わると進んだのでしょう。

結果は、昔のままのジョミーとの再会でした。心の中で今まで追いかけていたものをようやく突き止め過去と現在を繋ぎました。
強く思っていたからこそ記憶は繋がったのでしょう。
スエナのような人がミュウを知ったときに世界を知り、生き方を深く考えていくのかもしれない・・・お互いを理解できるのかもしれない。
さて、彼女はどうミュウに関わっていくのかを期待したいところです。

アルテメシアでジョミーの養父母たちも歳を取って出てきましたね。
再会はあるんでしょうか・・・?そしてスエナが養育していたらしい子供との再会も・・・?あるんでしょうかね?




theme : 地球へ…
genre : アニメ・コミック

ごめんなさいは!?

今日(正確には昨日か)からスカパで5日間に分けて#1~20の無料放送・・・何の番組??な場合はかる~く無視してください・・・が始まりました。

映画に行くのに・・・実はよく話が分かってないんですよね。
赤い人とか青い人とか黄色や紫な今ジンさん(!)がどんな理由でいつの時代から何で来たのか知らないまま現在のお話を見てるんですよ・・・私。
しかしそれはどうよ?いうことで1話から見ることにしました。せっかく映画行くなら最初から話が分かっておきたいっていうマニア魂です。

今日は4話までの放送でしたが・・・。
「ごめんなさいは!?」
が最高でした。あはは・・・毎日私が子供に言う言葉か!
ぐっは!ヤラレタ・・・こうやって調教するんだな(笑)

しかしあの姉もそうだけれど、弟も(主人公)素晴らしい!どうやったらあんな性格に育つか?とか考えてしまった。親の顔が見たいよ!

つことで。
後4日見たら話は完全に繋がるな~ヨカッタさ~映画に間に合うよ。
さて明日は青い人参上!



カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。