スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球へ…Section17「永遠と陽炎と」感想

ナスカ編が終了しました。
何といいますか・・・ジョミーが踏ん張ってきたんですけれど結局はブルーにもってかれた感がありますなあ。でもね、ジョミーが4年間ナスカで頑張ってきたことを
『ミュウの未来を感じることが出来た』
とブルーが言った事は嬉かったなあ・・・。
本来の人間の姿に還り自然出産したり、大地に根付いて頑張ろうとしたり・・・その体で努力をしてきたミュウたちに未来を感じたことでブルーもまたジョミーにこの想いごと託して間違いなかったと言った感じでした。
『僕は盾になる』
一人でも多くのミュウを生かすためその身を犠牲にメギドと共に消滅したブルー・・・アルタミラもメギドに滅せられたようですので過去に助けられなかった仲間達への確執も含め決着をつけたという気もしました。

さてジョミーのことですが。
ナスカでのことはミュウとしての種(というのかな)の可能性を広げたしシステムがなくても生きていけると言う自信もできたのでしょうけれどその代償も大きく。
原作では既にブルーが死んでいたこともあって、若者と長老達のこともフィシスのことも含めすべて一人でジョミーが背負い苦しみ。そして攻撃されてナスカで死んでいく仲間の叫びをモロに感受してしまいそこで彼は聴覚や視覚を失い言葉を失い・・・亡くしたものの大きさに慟哭するんですよね。
そのことがジョミーを人間不信にして人類とは戦うしかないとなりまたトオニィたちをミュウの兵器として扱うような指揮官になり強引でワンマンなリーダーに生まれ変わってしまう。しかしまたそれが孤高の存在として登りつめていくことになるターニングポイントだと解釈していました。(そこはまったくキースが昇進していく様と似ているんですよね。)とても印象深いところだったのでじょみーの身に何も起こらなかったので「あら?」という感じも拭えませんでしたけれど。失わなかったことで発生するストーリーがあるのでしょう、きっと。

『システムを破壊して人間達に生き方を問う』
ナスカでのことはミュウだけでなく人類の本来のあるべき姿として自然と共に生き自分達の意思でどう生きていくかを決めるという当り前の行為が根付こうとしていた大地だった。
キムたちがナスカに留まることで死ぬと分かっていてもそれは彼らが選んだ道であり・・・そういう生きかたも自分で選ぶものでそれが生きることだと学んだのかもしれません。
しかし人類はシステムの導くままにいき、死する。
ナスカを通し余計に異質な社会を目の当たりにしてキースを通してシステムに支配されたものこそ人間ではないと感じ、それの破壊を成してこそミュウと人類が同じステージで話し合えるとジョミーは考えたでしょうか。
なんにしろジョミーは元凶であるシステム破壊を命令したんですよね。
ミュウの未来も人類の未来も背負っていく覚悟、ということでしょうかね。ジョミーと7人の急成長した子供たちが中心となって次回からとうとう人類との全面対決なわけですが・・・どこかでジョミーが原作のように感覚のいくつかを失うような大事件があるのか?と考えたりしますね。

最後に。
オレンジ臭のする(名前忘れたがCVが成田さんなので)キースの教育ステーション時代の先輩の台詞
『どっちが化け物だ』『これは戦争ではない、虐殺だ』
こんな風に考えている軍人もいるんですね。システム下で育ったエリートなはずなのになあ・・・何だか好感度UP。最後ミュウとの戦いの間ででおおばけしそうな気がしますよ、この人・・・。
スポンサーサイト

地球へ…Section16「赤い瞳 蒼い星」感想

ブルー中心の感想を簡単に・・・時間経っちゃったし。

15年ぶりに起きてきた眠り姫=ブルーさん。
フィシスの生まれのことを知っていたのね・・・フィシス本人も(ん~そうなら前々回だったか「どうして同じ(地球のヴィジョンを)持っているの?」って台詞がなんだかなあ)

彼女を通してブルーは地球のことを知り母なる大地がすべての源と憧れを抱き、フィシスに母のイメージと重ねた。遠き地球のヴィジョンを持つフィシス・・・特別なミュウ。彼にとっては女神に等しい・・・だってどんなにマザーに管理されようが生まれてくるミュウがいる。それは地球がミュウの存在を認めているということの証だし・・・。
その彼女と同じ生まれではあるが、ミュウを絶対に受け入れないであろう正反対のキースの登場に揺り動かされ目覚め・・・彼女を守るときが来た、と目覚めた。彼にとってそれは必然だったわけですね。

300年の月日、ミュウたちを引っ張ってきた彼も自分の終わりが見え、志を継げるジョミーにすべてを託した。ミュウの長としては既に役目を終えたということだろうね。けれどブルー個人はまだ自分の想いを遂げていない・・・フィシスを守り通すということ。その時が必ずあるはずと知っていたのかな?過去、フィシスを連れ出しすその日のタロットカードの死神を見たときから彼は彼女のために死ぬのだろうと思っていたのかもしれない。

15年間眠りは生命活動を維持するためのもので力を蓄え?その時を待っていた。彼女を守るために自分のすべてを捧げるのだろう強い意志を抱きつつ。
でもブルーのフィシスへの想いは恋愛感情ではない気がしますね。母への思慕というか、そんな感じ。こうとても崇高なプラトニック的なものだと思うんです・・・女神といったからには多分。
自らの心の中の穢されたくないもののために命を掛ける、そんな気がしました。

しかし・・・メギドを止めた?その力・・・ブルーによく残っていたなあと率直に思うんですが、ブルーが目覚め出張ってきてなんというかジョミーの陰が薄いというか・・・。
私はアタラクシア後慣れない逃亡生活を支え長老の軋轢に耐え、ナスカに辿り着き人としての本当の姿を取り戻そう頑張ったジョミーのこれまでと今度はそこを捨てなければならないと悩み苦しんだところがとても好きなので・・・国家騎士団とのナスカ攻防戦はジョミーに先陣切ってほしかったなあ・・・戦わねばならないと知っているからナスカに残ろうとする者へもその姿を見せるべきと思ってただろうし。でもブルーすごく感情的になっていてジョミーより早かったんですよね。
しかし「長とはどういうものか伝えられるのは最後かもしれない」って・・・ジョミーはそれなりに頑張ってきたのに!もう29歳よ?「今までよく頑張った」って一言ぐらいブルーさん!?ジョミーを労ってやれよ!
そう思ったのは私だけでしょうかね??
でも意思を貫き通すためにその身が破滅に向うことも厭わないブルーはカッコよかったです・・・確かに。

来週・・・ちょっと怖いなあ。ナスカ後のジョミーが壊れる時も迫ってきたよね・・・。

theme : 地球へ…
genre : アニメ・コミック

浮いた500円を。

子連れで行かない・・・夏休みの映画。
子供向け制作なはずなのに・・・ね。いい歳の3人が子供に紛れて座るぞ!一応市外の遠い方の映画館がいいな・・・(希望)
HP「電薔廃園」の管理人夏休みオフ会はとある映画に行くことに決定しております。

我々マダムは水曜や映画の日に行けるかどうか、予定が立たないので前売りなる物を買いました。
残念ながら映画館で前売り販売がなく・・・最終手段的な生協で購入すると特典のお守り(←あっ)がついてきませんでした。
しかし、1800円のところ1300円だからね・・・500円浮いたぞ!
さあこの500円の有効活用は・・・?
①BL本に消えるか?
②映画後の呑み会に消えるか?
③晩御飯代になるのか?

勿論②でしょう!と言いきれないところが子持ちの悲しさ。
きっと①・・・ああ貴腐人生活万歳!

続きを読む

theme : 日記
genre : アニメ・コミック

地球へ…Section15「変動の予兆」感想

渇水でアップアップしていましたので台風様様、ありがたや~な気持ちもあったのですが。録画で見ると左上の警報情報は邪魔・・。う~んいつかのTBSのL型ジャックよりいいですけどね。

ブルーが目覚めました、必然的目覚めなのでしょうが引き金はキースなのかトオニィの思念の強さだったのかミュウ全体の未来を案じてなのかに・・・どれだったのでしょう。でも目覚めても思念さえ送れないヨワヨワ振り・・・ちょっと萌えでした。

話は飛びますが、今回見ていて思ったミュウ全般に関すること。
ミュウという生き物は自分持つ思念の強さ、ESP能力に100%頼り切っていてそれを放出しきると死んでしまうように・・・本当にその能力ありきの生き物・・・これまでとは思ってなかったというか。
設定的には元々体に欠陥がある人がその能力を持つという特性もあったようですから補って余るものとして頼りきるのも分かるんですが、マツカとかナスカに住むミュウを見てるとそんな気がしなかったから今回特にそれを感じました。
ジョミーとハーレイ・女史・ブルーはさておき、その他のあまりの危機管理能力のなさ・・・後先思わずその時の感情でマツカに思念を送ったナスカの青年にしろ・・・後はESPでどうにかなる、してくれるジョミーがいる的な頼りきりが悲しいというかガックリさせられた・・・。
ミュウは思念波=感情が左右する=それが能力となるという生き物なので、冷静かつ目的完遂のために身も心も訓練し鍛えてきたキースには
「この程度で我々と取引しようなんて、笑止」
といったようにその姿はさぞ滑稽だったでしょうな。

しかしだからか、ミュウを束ねなければいけないジョミーは苦労しっぱなしです。戦えるものが独り(今のところ)で・・・長老達には責められて中間管理職・・・な立場やし・・・。
その上、ブルー復活。ブルー至上主義の長老達がシャングリラを危機に陥れたこと、キースを始末しなかったとかでジョミーを責める構図が・・・無きにしも非ずで・・・。

さて話はブルーに戻りますが。
伝説のタイプブルーとキースが言ったとおり体は弱いがその思念の強さはさすがでした。キースも実在したのか、と驚いてましたが伝説になるくらいなので恐れられていたんでしょうけど。相当な老獪でキースの内部にすんなり入れたところが得意分野+年の功って感じで敵に回したくないお方と認識されたでしょう。だってどんなに訓練していようがあっという間に丸裸にされちゃってね。
キースは肉体的にはミュウが恐ろしいと思わなかったでしょうがブルーにジョミー、この2人の存在はあまりにかけ離れているから特に生かしては置けないと思ったでしょうな。

ブルーが見たキースの中のフィシスと同じイメージの地球、キースへの攻撃を思わず防御したフィシス・・・それをブルーは知ったわけですがそれでもやはりフィシスは彼にとって特別な存在なのですよね。
人間の腹から生まれない彼らの母なる存在に近いのですから、地球を憧れるとともにそれに憧れている・・・。
ブルーはそのふたつを求めるとともにミュウとして生まれた尊厳を守り通すわけなのでしょうが・・・ジョミーと次回どんな話をするかをとても期待!!

「大きくなったな」
とかジョミーに言う台詞があれば・・・かなりイイ・・・。2人のほのぼのタイム希望ですがしかし彼らには時間がない。メギドは確実にナスカを狙ってきますからね。危機を感じているジョミーとブルー、そしてトオニィの急成長・・・ナスカからの逃避行。
せっかく復活したけどブルーもここまでなのか?
・・・また眠り姫で気が付いたら地球で、ってことやっぱりないよね・・・(悲)。


theme : 地球へ…
genre : アニメ・コミック

またかよ?

また我家の電気製品が一つ壊れました。
・・・もう引越して2つ目。
一つ目はTVだった・・・今度は買って2年半のDVDレコーダっスよ。

何処が壊れたかというとダビングできない症状です。
買ってから同じ症状2度目・・・なんでこんなに故障?
うちは本当に電気製品がよく壊れる、多分引越が多いからでしょう。
移動さえしなければ取り扱いはそうそう悪くないハズ。

で、前回の一回目の故障は保障期間中だったので交換ですっきり。
しかし今回は有料・・・。
25000円プラス出張費だってぇ?持ち込んでも2万超えるってことかよ。

・・・もう・・・。
どうせデジタル対応じゃないし・・・修理にそんな金かけられっか!とか思って電気屋へGO。
色々みてとにかく操作性のいいもの、編集が簡単に出来るものを探して取説を見ていたら店員がやってきた。
やっぱり売れているものを勧めて来る、シェアが広いと故障した時良いと・・・買う前から故障した時のこと言うなよ(怒)
ちなみにDVDレコーダの寿命を訊いてみた、すると店員が
「寿命はだいたい6~7年ですねえ」
そうですか・・・3年経ってないけどさあというと。
「どのぐらいの頻度で使いますか?」
「はあ・・・週に15~20時間ほど録画して、DVDにもバンバン落としてます」
「・・・そりゃ・・・3年持ちません・・・パソコンと同じで酷使すれば寿命は縮みます・・・」
さいですか。

なので修理する気は消え、ソッコ~で買い方向へ。
どうせ3年とかならあまりいいやつでなくてOKだしデジタル対応であれば他機能も今のと同様で十分。
・・・値切り倒した・・・250GBの某亀山モデル出してるとこのやつ。5万円台・・・まあまあ安かったな。
地上波デジタルTVチューナー内蔵のやつなのでTV画像も綺麗になりました。

色々すっきり。
さて・・・またオニのような予約をこれから入れなおし快適ヲタライフですよ(笑)

theme : 家電品
genre : 結婚・家庭生活

地球へ…Section14「同じ記憶」感想

第二期のOPとEDに変更されましたが。
OPがようやく(というのは変だけど)竹宮センセの世界観…というの?
耽美な感じになっていてよかったです。
私らの世代…と言っていいのか?
竹宮恵子、萩尾望都両巨匠に青池保子、山岸涼子、木原敏江…先生達の耽美な(あるときは倒錯な)世界が当り前な生きてきましたので…。ちょっとだけ…それを感じさせる・触れているようなOP映像?という印象でした・・・妙に落ち着いたというか。
トオニィの変化も孵化するようで…イメージで逆に儚さを前面に感じてよかったと思います。


さて「同じ記憶」を持つ二人、両極の存在であるはずの地球のエリートとミュウの女。彼らは同じようにしてマザーの申し子として生まれた二人なのですね。だから同じ地球のヴィジョンを持っているわけですがそれはまだキースにもフィシスにもわからない。
だけど、同じものを見出したということがお互いを惹きつける。自分とよく似たもの(というか同一のものが呼び覚まされたというか一瞬で理解してしまった)には心の壁もないということなのでしょうか。
お互いがどうして同じものを持つのか?
これを知ることがキースの「どうしてミュウが生まれるんだ」という質問の答えになるんですが、キースのそれはさておき。
キースによって心が乱されているフィシス…それがブルーの深い眠りを呼び覚ますようです。
結局、ブルーはフィシスの生まれについてある程度勘付いていたということになるんだろうかと思えます。彼女が持つ地球のイメージに支えられたブルーですがそれを持っているという彼女の記憶、それが自分達とは違うと感じ、ミュウはどんなに管理され生まれようが発生するものだと気付いている?その疑問を確かめるために地球に行くのだと彼の中にはあったのかもしれません。確証はしていないけれど、もしかするとというレベルである程度答えを推測していたのかも・・・もしそうならミュウは自然に生まれる存在であり、フィシスがその象徴であるということになる。
だから悪しきマザーン支配をと訴えていくつもりだったのかもとか。
マザーの代弁者とも言うべくキース…それが近くにいるということでブルーは触発され今までマザーに対し抱えていた主張をぶつけるために振り絞った力で覚醒するんでしょうか。
けれどきっと分かり合えないと知っている、だから完璧なミュウ、ジョミーを求め…戦う運命に立ち向かう後継者を選んだということになるのでしょうかね。
どうなろうがこれがブルーの最期に…(悲)なるでしょうね。

ジョミー。
最近見るたびに彼が愛しくなってくるんですよね。
悩みつつ成長していく姿。女史じゃないが「言う様になったなあ」と。

「異質な者同士わかりあうのは難しい、でも分かり合いたい」
誰も戦いたくない、話し合う余地はないか、
「強さは力だけじゃない」
両方の陣営の間に立って必死で考えているし。
「過去のことを忘れよう」
と憎しみの連鎖も断ち切る覚悟なわけですが、それでは根本解決にならないと心の奥底では迷っていて、でも皆を守りたいという気持ちが伝わってきて切ないですな。

トオニィと対面させ、自然な人間の形をキースに見せ人間の可能性も示唆するわけですが、マザーの申し子には「ありえないもの」として映り余計に敵視される結果になったようです。
その負の波動はトオニィの子供であるが故の純粋な感受性を刺激し、危機を募らせ、「グランパが殺らないなら」と暴走していく結果になってしまいました。
これは予想外だったと思いますね、ジョミーとしては。
生まれたナスカの子はとても強いミュウでその片鱗を感じていてもまだ3歳ぐらいだろうし…そこまでになるとは思っていなかったと思うかな?純粋な子供に育てたいという気持ちで接していたと思うし、それが仇になった感じですが。
その全ての責任をジョミーは背負っていくのだなと思うと悲しいなあ…。


お話は。
キースを単機で救いに来たマツカがナスカに迫る、単独で迎撃に出るジョミー。
そのジョミーの留守中。
トオニィの幼い防衛本能の爆発によるキースへの攻撃が自らを危機に陥れシャングリラにも波及、フィシスとキースを再会させてしまいつつそれがブルーを刺激し…。
錯綜して入り乱れそうな次回は。
原作沿いではないオリジナル要素満載と思うので、ワクワクしていたりします。

theme : 地球へ…
genre : アニメ・コミック

ドラマ「山田太郎ものがたり」第1話感想

今期開始のTVドラマで一番注目してる「山田太郎ものがたり」
見ました。
原作・・・何年前に終わったっけ。大好きでした・・・あの貧乏エピソードと天然な太郎が・・・。御村の笑い上戸なところもツボだったなあ。

ドラマキャストでは二宮和也くんが主演なので超期待、彼芝居うまいしね。最近は結構シリアスな役柄が続いてた気もするので、コメディではどうなんだろうと楽しみにしてました。

内容としては太郎の貧乏エピソードのどれを何処までやるかというのが見所?(←何か変な見所設定…)というか・・・原作は爆笑の渦だったのでどれだけ笑わせてくれるだろうとか・・・思ってたりする。
原作の始めの方で好きだった貧乏エピソードは御村と一緒に喫茶店にいって「粗目」の砂糖をパクる話・・・バレンタインのお返しの原料をゲットしようと画策する話だけど。
さすがにパクリはいかんだろうから・・・放送はないだろうな。

それから杉浦先輩との絡み。
同級生になってたなあ・・・妹が太郎を狙ってきょうだいで取り合いするところとか楽しみにしてたけど・・・。
何だかキャラが・・・違!
工事現場の先輩の人にキャラとられてそうな感じだから、正体を知らぬまま太郎や御村の対抗馬として描かれていく設定なのか、それともあの笑顔に堕ちるのか・・・。
さてどっちかってところですな。(ドラマもスーパーの息子設定なら、後者になりそうだけどねえ)

きらきらな瞳で御曹司だの王子だのと誤解されている太郎、皆と太郎が考えていることがズレてる、そのギャップが面白いかな。想像はコスプレで、というところも笑いました。
コスといえば来週は早くも御村家のメイド?二宮くんがメイド服着てたような・・・?女装か・・・よし子もバイトするんだろうか?御村の面白いじいさん出るんだろうけど・・・どんな設定で来るか。

実は本編での御村とよし子のエピソードが好きだったりしたので・・・期待してるけど、ん~微妙だ。というかあの櫻井くんの役どころを見てる限りよし子とは何もなさそう・・・相手小学生だし~。
今日みた感じでは今後の流れは、太郎と御村の友情を軸に、隆子の玉の輿妄想ラブコメ&山田家のハートフルストーリーってな感じに纏まりそうなので、山田家の太郎以外のきょうだいにはロマンスはない(太郎にもなさそうだけど)だろうね。
もう一つ言えば・・・後日談の三郎の話(キャリアウーマンと恋に落ちるやつ)と五子(アラブの王子を手玉に取る分)が好きなんですが・・・絶対無いな。

そうそう元お嬢の母、放浪癖な父はイメージだったので、父本格登場を期待しつつ・・・3つ子も生まれるんだろうか?・・・次回も見ましょ~。

theme : 山田太郎ものがたり☆☆
genre : テレビ・ラジオ

地球へ…Section13「星に潜むもの」感想

何と言っても今日の見所はジョミーとキースの一騎打ちでした。
ジョミーは守りたい者のために、キースは命令を遂行するために=それが彼の生まれ生きる意味なんですが、お互い守るべきもののために一歩も譲らない緊迫した場面でした。
お互いに接触する前に相手を感じるところ・・・危険だと直感するわけですが。何だか悲しい運命の二人だなあと。本来なら一番分かり合えそうなんですもんね。

さて。
対峙の前ジョミーの言葉、フィシスに語ったことですがジョミーが何を考えているのかを素直に語ったのがちょっとよかったですな。
原作ではナスカに降りた意味があまり表現されぬうちに攻撃され星を失ってしまったイメージがあったので・・・。ジョミーの成長と主に彼の守りたいものや心情がよく分かった気がしました。

「この星を僕たちの星としていつか地球と対等の席に着くんだ」
「長老達の夢、若者達の願い皆叶えてやりたい。それが理想だといわれても。想いを抱く者だけに抱く未来が訪れると思うから」

ジョミーはこうして年代間の溝を埋めようと必死で考えたことだったんでしょうが、とかく時間が掛かると思われます。その考えにはできるだけ戦わない方法を友考えていそうですし・・・。
しかし、キース率いる部隊がジルベスター7に来たことで様相は一変していく。
フィシスがいう「不吉な風」・・・キースのシャトルだったわけですね。

戦士として訓練されたキース、それに対抗できたのはジョミーが生粋のミュウだったからですが、リオの登場で(これが嬉しかったり)キースは囚われの人に。
深層意識を探り、キースのことやキースより地球の情報を引き出そうとするミュウたち。
意識がなくても抵抗するそのキースの強さにマザー=機械を想起させる
「お前は人間だろ、お前は精神まで支配されてそれでも人間だって言うのか!」
ジョミーは人間としてまたミュウとして同じく生まれてきたものとして悲しみと悔しさを爆発させたようでした。
・・・ミュウはその叫びを共有できるのでその叫びが誰のためなのか。純粋に届いたのだろうとも思えます。

にしても。
キースを筆頭にメンバーズたちはこういう風に教育されている人ばかり。ミュウの地球への道の障壁になるものは今までよくつかめていなかったところに彼らの出会いがあったわけで。
ここまで訓練した人間をぶつけてくることで彼ら人類統合機構(でしたかね)には共存という言葉などないし、「敵」としての認識しかない。
ジョミーがみんなの夢を叶えたいと願うなら、彼らと戦っていくしかないのですね。皮肉なことにそれにジョミーは気付いたでしょう。
しかし・・・他のミュウはまだ漠然としか気付いてないでしょう。何と言っても戦い方を知らない人たちでもあるので。(原作においてはそうだったけどなあ~)

もう一つ。
キースが押し付けられた部下の酷いこと。なんだありゃ?新人にしてもどうにもならん、キースはよく耐えたなと思えたり。
辺境はあんなもんなのか?管理してる慇懃メガネの人格疑うよ。
辺境だけに能力的に↓が振り分けられてるとしても野放し状態なのかなと疑う。緊張感まるでないしね。辺境はあんまりマザーの力も及ばないというか、中央から見ればどうでもいい人たちってとこで。慇懃メガネさんはそれに劣等感&野望でもあるのかな、と思うわけです。
が・・・すぐに失脚させられそうですよね←マツカにが希望。

次回。
忘れ去られていそうだったブルーが目覚めるの?
やっぱりフィシス絡みかよ。
眠り姫のまま気付いたら地球に来てた説を押してたんですが・・・(泣)



続きを読む

theme : 地球へ…
genre : アニメ・コミック

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。