スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Black Blood Brothers」第8話『護衛者』感想

ケインってカサンドラに遣えていたらしい。
しかしあのカサンドラは一族を裏切って九龍の血統に加わったのは何故かな?
で、結局「あのババアと決着をつけてやる」で驚愕な顔をしていたケインだし・・・敵対してしまって決着付いちゃったんだろうね・・・。
かなり強いんだよね、カーサはどうも。

だってその名前を出されただけで結構ボロボロだったジロー。
制圧チームが来なければまずかった?かも知れない対ヤフリーとの対峙で。九龍の血統には厳しいジローも名前が出ただけで動揺させてしまった位だから?でも仲間だったんだんだよね?過去を垣間見た限りでは仲よさげでしたが・・・。
けど今はかなりの確執ありだろうし、コタロウをつれてすぐに特区を出ようとするぐらいだから相当厄介な相手なのでしょう。

それはケインも一緒のようです。
ウォーロックにいる頃から敵わない相手だったようで緊張している様子です。しかしセイは勝てるそうです・・・精神的攻撃を真っ向から受けたら廃人になりそう・・・最強なのか?

さて、怪しい人ザザ。
何してるんでしょうね~どうやらヒバリの会話からこの人が情報屋?そして九龍の血統に連なるものなのね。
ヤフリーがジローのことをたいしたことない、とか言ったりして侮っていたのも「色々あるんだあの血統には・・・」とか?何があるの~!
ジローの過去も知っているだろうこの男。妖しくて注目NO,1です。
最後、ガクと項垂れてましたがあれはなんだろうねぇ~?

コタロウを探し回るジローと来週辺りカーサも出会いそうだし?そろそろ過去絡みで大きく動いてくれるのかな?
1クールで終わるアニメなんですよね・・・そろそろ戦いも本格的になりますかね?楽しみです。
スポンサーサイト

theme : Black Blood Brothers
genre : アニメ・コミック

コードギアス反逆のルルーシュStage3「偽りのクラスメイト」感想

*BIGLOBE配信にて視聴(既に見た人向け感想)

"力"を使ってクロヴィスの前に立ったルルーシュ。
外交の道具?として日本に来ていたらしいがテロリストの仕業とカムフラージュさせほかの皇子や皇女が命令して??母親が殺されて、その後の(だろうな)日本占領の時にルルーシュも死んだとされていたらしい。

と言うことでルルーシュの過去の片鱗が見えてきました。

・庶民の出の母を持ち公爵待遇の純血の皇族からは疎まれていたか蔑まれていたか…?の存在かな。出来がいいので疎まれていそう・・・。
・テロリストの仕業として襲われ死んだ母親。それが日本への宣戦布告の理由とかにされていたのか?となる…なんてことはないだろうか?アバンのナレーションでは「突然宣戦布告」だったしな~ブリタニアが。
・相当な恨みを皇室に持っている様子のルルーシュ&貴族社会は膿んでいる様子。何だか「銀英伝」思い出すぞ。
などと、クロヴィスとの対峙で感じましたが。
「奇麗事で世界は変えられない」と言いながらルルーシュは引き金を引き、クロヴィスを殺してしまったわけです。

いきなりか!
かなり恨みつらみがありそうですが、母をなくしそのために妹があの状態?になって彼なりに考えた結果今の「社会」がおかしいと言うことなのかと思います。
一介の学生の自分が与えられた”力”で、「変えられる」と感じたからこそ、まずクロヴィスを始末し、そして次の皇族を呼び寄せ、真実を知り攻めあがるつもりでしょうかね?

・ルルーシュと妹ナナリー
母親が目の前で殺されて心因性から来る不自由さを抱えている妹ナナリー。しかしそのせいか感覚は鋭敏でルルーシュの感情の変化も感じている様子。
「昨日の夜、怖かった」クロヴィスを殺した日のことですね、侮れませんぞ、彼女が一番。
そんな妹をルルーシュも大事にしているようで、今まではアッシュフォード家の後ろ盾で一介の学生風情が何ができる、と思っていたジレンマで鬱屈していた彼が、”力”を得たことで思い通りにかなり強引に目的を果たせそうな自信に満ちている。それがナナリーの「優しい世界」と言う願いに近づく一歩だと、近道だと信じているみたい。妹のため(将来を)選択できる世界にしたいらしいルルーシュ、今の傲慢過ぎる行動の原動力になっているようです。
ナナリーが邪道的な力もった兄が社会を揺るがしていることを知った時が…怖いな。でも話としてはその日も来るでしょうね。

・ルルーシュとカレン
カレンはあんなに何枚もの猫かぶったらさぞかし大変!公爵家の娘らしいけどどんな家柄?テロリストと接触してるって知れたら親は失脚だな。
しかし、お互いの声ですぐにピンと来るものがあった二人もなかなかのもの。
駆け引きめいたお互いの正体の探りあいはルルーシュの”力”勝ち。
が、同じ人間には一度しかその力が使えない事も判明。
ルルーシュはテロリストを今後も自分の駒として使うらしい。ちゃっかり利用して行くつもりで作戦も小ざかしいな、と感じたり。
しかし、カレンはブリタニアとイレブンの混血。その素性にルルーシュは少し驚いていましたけれど、珍しいことなのか?奇異なことなのか?カレンにも戦う理由がある、それがイレブンとしての誇りにかけて、というならイレブンという国はかなりの国だな…(日本なんだよな?)

・ブリタニア軍
どうやら軽い反乱?というか純血の親衛隊たちがクロヴィスの死を招いたとして将軍を始末してとりあえずの実権を握り次の皇族を待つ?らしい。
そんな中。
スザクがクロヴィス殺しの罪人として逮捕される・・・ってさあ。
ランスロットに乗ったときのスーツ着てましたけど。あのロイドってヤツの所にいたはずだし、アリバイはありそうなもの。スザクが連れて行かれてもパーツ扱いだから別段困らず他のがいればどうでもよかったのか、ちょっとそのあたりの経過がわからなくて不満。

・ルルーシュとスザク
「生きていた!」
犯人は自分だと、自分だけが知っているルルーシュ。助けに行くみたいですけど、ルルーシュにとっての特別?は妹とこのスザクなのだろうね(ええそう信じてますよ…思いの強さは妹<スザクでお願いします)。
過去、二人の間にどんなエピソードが?これが早く知りたい!!(妹も絡み、3人は幼なじみのようですがさて・・・やっぱ銀英伝のラインハルトとキルヒ思い出すわ)。


と毎回一話に盛りだくさんの内容が詰まっているアニメだと思います。
見逃せないですね~。


theme : コードギアス 反逆のルルーシュ
genre : アニメ・コミック

天保異聞妖奇士 説三「華江戸暗流」感想

宰蔵ってどうして普段は男装なのか?
巫女姿のほうが可愛いじゃん。
なんて思った第3話です。

往さんが迷った末に妖士になりました。
結局何処にいても異界の陰に苦しむのだろうと悟ったのでしょうか?

異界の妖夷に出会い漢神を操ることに目覚め、老人に異界の陰を見て取れた時、今までと違う自分を知りこれまで逃げていた自分を変えようと決心したのでしょうか?

いや・・・妖夷が喰えるのと、給金&腐民でなくなることに魅力を感じたから・・・って言うのが妖士になった決め手、と思うのは・・・気のせいか?気のせいじゃないだろうね。
でも、人間の世の食い物では満足できない生活を何年もしてて、ようやく満足できる”食”をぶら下げられたら・・・選ぶと思うのね。
過去の色々を掻き毟られてもさ~。
だって人間生きるのにはまず食べないと、だもんね~。元閥の言うとおり「人間一度美味いものを知れば…」だよ。食べられるのなら食べたいよね…食への欲求は生の欲求!

話のほうは。
・雲七の不気味さはやっぱり際立ってるな・・・敵か味方か?とんでもない何かを隠し持っていそう
・鳥居は妖夷の現われる今の世の中を利用して何を画策?神様がどうたら…とか往さんの稀な能力とか、存在とかを狙うのかな?次の接触を待ちたいところ。
・アビのガテンな体当たり攻撃にちょっと惚れた。
・そんなに美味しいのか!異界の生き物!生?で喰ってた往の子供の頃の回想はちょっと勘弁だった。

なんていう感想でした。
来週はなにやら毛色の変わった人たちと出会うみたいですね・・・。
次も見るには見るけど感想はもう書かないかも・・・。


theme : 妖奇士
genre : アニメ・コミック

BLACK BLOOD BROTHERS第7話「銀刀」感想

第7話にして・・・まだ語られていないと思うんですが。
どうしてジローって「特区」に住みたいの?
まだ肝心のそれがわからない気がするんですけれど・・・?気のせい?過去の彼女との何かに関係するのでしょうかね?


さて、
「意外と丈夫でよかった」
爆破されたアパートをそう評して悲しみにくれるよりもジローとコタの処遇を優先したミミコ。なかなか芯の通った彼女。
カンパニーに二人を連れて行けば、そこでセイ・ケイン・ゼルマン・ジャンらが集まって会議中。特区入りを認めて欲しいミミコであったがジローの特区入りを認めないとケインは冷たく言い放つ。
トラブルの種を抱えられない、とそれは秩序に反するとか?
しかしその兄弟を欲しいといい始めたゼルマン・・・ってば。
ああ見えて相当な年寄り・・・老獪なわけか、セインをガキ扱い。ジャージ姿の外見少年中身オッサン・・・ちょっと素敵。

興味はコタのケッサクなところとか、始祖殺しなジローとか・・・?
でもそれは「賢者の血に連なるものには手を出してはならない不文律」とかの無視になり、言ってはならない「始祖殺し」ジローへの興味をあけすけにしたゼルマンに、キレたセイは言葉によるプレッシャーを与えてましたけれど、それに動じないミミコの上司、陣内があの中で一番の曲者だ思った・・・だって人間でしょ?彼。

しかし相当因縁めいたものがあるらしいですな香港聖戦には。

そんな話の途中に、ジローがオーギュスト相手に向っていったとか。
特区入りへの立場を悪くするとミミコが急行するが、「見せしめです」とクールに言い放ちやめるつもりも説得に応じるつもりもないようなジローは結局やり方は違っても反目するものは同じ目に合う、という特区の論理を曝け出し…そして特区を出ることを打ち明ける。その決断に笑顔のコタ。
どうやらミミコにこれ以上の迷惑を掛けたくないという意味も込められていたみたいですね。だから、余計どうして彼らが特区に入りたかったのかとか思うわけです。


さあ、その頃。
会議でも問題の九龍チャイルド。特区に手引きしてそれらを入れているものがいるとか?
しかしその真相はどうやら違うよう。
人為的に特区の中で九龍チャイルドを作った勢力がいるらしい。カーサの弟(?)なザザかな?1話か2話でそんな実験をしていたような。
オーギュストは成功例だったのか?仲間に噛み付きそれらも皆九龍チャイルドもどき、とでも言いますかね、オーギュストは血を介さずとも変化を遂げたのだった。

「私が見間違えるはずはない」と九龍チャイルドを斬り捲ったジローが言うぐらいですから、同じともいえる存在ができていたのでしょうとも。


外からは入りやすいらしい結界をやぶりジローの「慌てふためく姿」をみたいとか面白がっていそうなお姉さま、カーサも本格登場の気配?そして現われた始祖?の血を継ぐヤフリーとジローが出会い。
「この10年カーサが会いたがっていましたよ」
なかなか強かなヤフリーでございました。

キャラクターもそろそろ出揃った?今後が楽しみになってきました。




theme : Black Blood Brothers
genre : アニメ・コミック

コードギアス反逆のルルーシュstage2「覚醒の白き騎士」

*BIGLOBE配信にて視聴中。

話の展開もスピーディでランスロットはかっこよかったしスザクの技量には惚れた!ルルーシュの傲慢振りがどうしてかって言うのも想像通りでツボ。
製作会社の思惑に振り回されてる感じもするけどいいよ!面白かった・・・!

ちょっとあらすじ。
C.C.に貰った力で親衛隊のナイトメアを手に入れたルルーシュ。
「俺を巻き込んだ借りを返してもらおうか」
ゲーム感覚でレジスタンスの戦いを指揮するルルーシュ。
作戦は奪ったナイトメアからの情報で敵の裏目をかいて成功していく。
一方、レジスタンスに圧されていくブリタニアはロイドのチームが開発する"ランスロット”のパイロットとして選ばれたのは、助け出されたスザクであった。
1機のナイトメア"ランスロット”に翻弄されるレジスタンスは追い詰められ、指揮しているルルーシュも"ランスロット”追い込まれていく。
が、巻き込まれそうになった民間人を助けるためにスザクはルルーシュの乗ったナイトメア追跡を中断。
その隙に"力"を使ってブリタニアの第3王子、クロヴィスと対峙したルルーシュは自分の身分を明かす。

では感想。

・ルルーシュ
あ~参りました。やっぱり、とは思ったけど。ルルーシュってば"皇子”かよ!あの感覚は上流階級の感じだったもんね・・・。
第17皇位継承者???
末席なのかもしれないけれどね~当時邪魔になったから排除対象だった??
今はエリア11に住む公爵家の子供、ということになっているのかしら。
しかし、自分の血に繋がる者に銃を向ける、これは"復讐"なのか、何のため?自分や自分の家族のため?名誉のため?かなりの執着を感じました。
「全てを変えるために」
過去、ルルーシュは殺されかけたようですからその辺の確執から逃げエリア11に来たのかな?
今の目的のためには冷徹になれる、という過去が早く知りたいですね。

さて、チェスに見立ててのレジスタンスを動かしてブリタニア軍を翻弄した傲慢な指揮ぶりはなかなかに自信過剰でまるでヒール。
結局、1機のナイトメアに追い詰められ『実戦の要は人間か』などと悟り、アノ力で大胆にも敵陣深くに入っていった行動力。
狡猾で唯我独尊タイプの主人公はどうこれから攻めあがって行くのか、大変期待です。

・スザク
「イレブンは騎士にはなれないのでは?」
と言うことらしいですね、この差別社会め!
かなりあやしい感じのロイドからナイトメアのパイロットとして抜擢されたスザク。
シュミレーションではいい成績らしく、「脱出機能がはずされている」(←ヲイ!でも萌え設定)ナイトメアのパイロットとしてはブリタニアの人は使えない?のかという条件もあって選ばれたのかな?
「最高のパーツ」と言う認定を受けてしまいました。
がスザクは、女の子(c.c.)を連れたルルーシュを助けたいと言う意志で乗っている・・・がレジスタンスの指揮官がよもやルルーシュとは思わず。「何だアノ化け物は?」扱い・・・。いや、素晴らしい覚醒でございました。
お互いを認識する事無く、接触はスザクの民間人を助ける行為で対決終了。
しかしシュミレーション以外では初めて乗ったのだろうナイトメアをあそこまで生かせる動き…親衛隊は目じゃないねきっと。
時折受けた傷を痛がるスザク、でもルルーシュを止めたいと全力で戦うスザク…邪な萌えポイントでございました。
この後もお互いを気づかずに戦う場面があるのかと思うと…胸躍るわ(そういうのが好きさ)


少しだけルルーシュの過去が見えた分、ものすごい妄想にかられた今回。スザクと知り合ったきっかけとか、スザクはブリタニアに侵攻される前どんな家柄だったのか?とかも。二人を別ったのはブリタニアとイレブンという差別的な身分のせいなのか?
公式を知らないうちに一杯妄想しておこう。
とにかく、次回は死んだはずの皇子(ルル)が何かやらかすはず。
楽しみです~。

theme : コードギアス 反逆のルルーシュ
genre : アニメ・コミック

結界師スペシャル、見たよ

我が地方では地上波での秋の新番アニメはもうないと思ってたら、あったね。うっかり日テレ月曜7時忘れてた・・・。

「結界師」サンデー連載の漫画らしいですね。
原作は知らないけど新聞の番組紹介欄に「サンラ伊豆」制作って書いてあったから見た。
それだけの理由で見た。
見ている後ろでだんなが、「ああ、やっと話が動いた漫画だ…10巻以上出て話が動いたから前振りが長いでこれ」とかいいよった。

そうなの?


けど主人公の式神は可愛かったし、主人公良守CV吉野くんだし、狐かわええし、カマっぽいが。
シリーズ構成が大野木 寛さんだったんで、これからも見てもいいかとか思いつつ・・・。だって掴みの今日の放送はなかなか面白かった。

結界師としての2つの家のこと、小学生の頃の良守と時音の過去、それを経て現在の時音との微妙な関係に良守の覚悟。
ストレートな展開なのでよく分かった、さすがこの時間のアニメ。

個人的な期待は良守の兄です・・・出てくるまでは頑張って見よ。でも来週何だかオキャッパな結界師(なのか?)が出てたぞ?!わ~好みかもしれないぞ、そんなにおいがする?

隣で4歳の子供も来週見るとか言ってたし…ツボは何処だったの?我が子?多分四角いマーク入りの式神・・・だろう。

また来週。

theme : 結界師
genre : アニメ・コミック

天保異聞妖奇士 説二「山の神堕ちて」感想

ええと、妖夷同士も戦うのね?
何ナノかな?縄張り争い?

妖士の5人よりも気になる存在な自称いんちきな博打打の雲七。
このおっさん何者なのかな・・・?
往さんが子供の頃異界に行ってたことを知っているだけでなく「戻ってきたのはあんただけ・・・だから漢神が使える」ってどうしてこの人が知ってるんだろう、とういうかもっと自分の秘密を知ってる人がいることを突っ込めよ!往さん・・・。


さて山の神の妖夷は、央太のオヤジが同化したもんだから彼らを追ってきていたわけね。
それで父という漢神を取り出せたわけか。
じゃあ、今後でて来る妖夷に隠された本当の意味を往さんが取り出して戦い、妖夷に隠された真実を見ると・・・言う流れなのかしらね。

・・・今の所地味だな~という印象は拭えないけど・・・。

今回の戦いのシーンでは元閥はドハデに大砲ぶっ飛ばし、他の4人は連携取れてたけどね。これに主人公が馴染めば面白いアクションも期待できそうかな?
まだまだ2話、細かくわからないのは当たり前。
徐々に往さん以外の妖士達も、あの鳥居側の怪しい人たちもそれぞれにクローズアップされてキャラがたって話が進むのを待ちましょうか。


theme : 妖奇士
genre : アニメ・コミック

「Black Blood Brothers」第6話「夜会」感想

ほのぼの過去編、天然な彼女・・・いつも心和むなあ。

さて、『夜会』=カヴンと呼ばれるゼルマンの配下に襲われていたジローたちはオーギュストのプライドをズタズタにしちゃってから、サユカっていうゼルマンの秘書?っポイ人の案内でカヴンへ。

銀刀に興味があると言ったゼルマンはアジトに3人を引き入れる。
そこで、略式な吸血鬼風?口上をジローがつらつらと・・・。でも正式じゃなかったのであまりお気に召さなかったようでした、ゼルマン。
「オニーさんキレ~」のコタロウの発言は気にいったみたいだったけど。
なってったってゼルマンは「血色(緋色が本当かな?)の目の王子」とか・・・王子、ねぇ・・・素敵v


話の中でゼルマン曰く、「長く生きてりゃいろんなことを聞く」と言うことで賢者の空体??見当たらないとか、コタちゃんを「変わった転生体だな」とか・・・ん?コタの金髪碧眼からして・・・例の天然彼女の転生?&賢者??
だからカンパニーに「力を貸してあげようよ」とかいうコタロウの意見を尊重したり、その身柄をかなり気にして護ってるのかしらね~やっぱり。
結局ゼルマンとは手を結ばず、「今度会うときは敵かもな」と意味深に笑って彼らを解放。
・・・その現場をコテンパンにされたオーギュストがラリって見てましたけれど、なにあのケモノっぽいの。

さて。
今度3人のところに来たのはセイとケインとリンスケ。香港聖戦の時の戦友らしい。
ここでもセイのことを「転生」体とか。そういえば1話でしたか盲目の青年がいたような・・・彼の転生なのか?

しかし吸血鬼って・・・!?どうなってるんだ?
オールドブラッドって転生できるのか?そういう能力と言うか、高貴な方は転生して血とかいろんなものを受け継ぐのかな?

和やかな宴会?の途中、戦友セインは「火種」のジローを特区に受け入れられないと宣言。調停員であるミミコはかなりの衝撃を受けましたが
見た目ほど平和でない特区らしいです。
何も語らないオカマ・・・目線が気になりましたよ、何を含んでいたのやら。

そして今夜もミミコ宅お泊りお願い!のジローたちにまたオーギュストが眼の色変えてよだれたらしてやってきたもんね。殺しちゃいけないよ!ジロー・・・短気だな意外と。


追い払って今度こそ帰宅、しているとミミコの家は目の前で大爆発!

毎回災難だわね、ミミコ・・・それを期待してる私って!



次回「銀刀」

theme : Black Blood Brothers
genre : アニメ・コミック

ガンダムSEED DESTINYスペシャルエディションⅢ「運命の業火」感想

*フレッツ配信にて視聴。


本編29話から42話までの総集編と言うことでしたかね。
このシリーズアスラン視点、と言う割にはいつもアスランの心情が綴られてないと思うのは気のせいかな~と。

全体的な感想としてキラファンな私としては・・・キラの出番少なかったのでちょっと悲しい。
34話の「悪夢」と39話の「天空のキラ」を含む割には少なかったと思ったりしましたが(ね、Aさま)。
ですが、全体的にすっきりしてよかった気がするのはファン失格でしょうか?キラ達はどう考え思っていたかは本当はアスラン視点となった時離れている間は彼らのことがわからなくていいんですよね。だからこそアスランがキラ達のことをどう思ったかをしっかり書いて欲しかった。

しかしシンをしっかり描いていた、という気はします。
そのせいかアスランが議長を疑問に思っていく対比がよく出ていたのかなあ?とも思わないでもないのですが。

続きを読む

theme : 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
genre : アニメ・コミック

コードギアス反逆のルルーシュstage 1「魔神が生まれた日」感想

*BIGLOBEの配信にて視聴中

今日から配信開始ということで見ました、コードギアス。

どうしてだらけの第一話でも、いい感じでした。
特に主人公の黒さ。キャラが立っていてよかったですね…。
『ブリタニアをぶっ壊す!』ですよ。
そしてこれからは”力"で何かを変えていく強引で冷たい感じの主人公になりそうで期待できる!真っ黒OKよ!結果が全て、のお方らしいので…冷酷無比の冷たい瞳で突っ走って欲しいかと思ってみたり・・・。

さて。
ブリタニア帝国に支配されたエリア11(日本)に生きる人はブリタニア人にしても日本人にしても自分中心の日和見的な無関心さがあって、今の日本人を模しているような妙なリアリティを感じました。(住むエリアが違ったりするブリタニアとエリア11の人たちや裕福さの溝は、これからの日本の「格差社会」を想起させたり・・・)
その中にあってルルーシュは、今の日本や日本人に諦観と苛立ちと、また変革をと思う心があるらしいのですが・・・また彼も自分の望みに忠実らしい?
どうしてブリタニア人だというのに、同族を嫌悪しているのか。
7年前に失ってしまったものは何か、と言うことを早く知りたいですね~。
車椅子?にのった少女(妹らしいが)との関係や、スザクのこと、学園生活も楽しみ。

それとワタクシの好物がありましたよ。
ツボった設定が・・・!また幼馴染とは敵対か?
エリア11の人間なのに帝国に忠誠を誓った正義感溢れるスザクはルルーシュとは幼馴染、一緒に遊んでたよ!山登りしてたよ?
ツボ設定つきやがって!(何だか4年前に桜の下で別れた主人公達(AK)が過ぎった←別番組)
でも撃たれちゃったスザク。
生きてないと話は進まないんですが…ヲイ。
帝国の兵士として生きる彼が夢見る世界は帝国を内部から変える事。正義感溢れて主人公とは真反対、白で実直っぽくて常識派?かなそんな性格だなきっと、ルルーシュとの対比が楽しみ~。

それからC.Cですね。キミ何?と言いたいですが。
"見つけた…私の"
ということで、”何の力”を与えちゃったのか?
契約の引き換えに私の望みを一つ叶えて欲しい、と言うことらしいですけど。トンデモない気がするよね、このお願いも。
貰った力=ギアス、言葉だけで視線だけでルルーシュは人を殺せちゃう?マインドコントロールの能力を貰っちゃった感じ??でした。
タイトルにある"魔神"はここにかかってくるんだろうけれど、どういう意味なんでしょうね?その辺りブリタニアの神?(神聖帝国だしな)とかに関わってくる謎なのかも。
っていうか。
ブリタニア帝国何様?だね。

と言うことで続き見たいと思います、ツボ設定がドーンを来ることを祈って!!

theme : コードギアス 反逆のルルーシュ
genre : アニメ・コミック

天保異聞妖奇士 説一「妖夷、来たる」感想

私が住んでる地方では唯一の、今秋放送開始新番組アニメです・・・。悲しいね、田舎って。


さて見ました。
華々しさはない始まりだったな・・・。
おじさんばっか出るし、風呂屋の映像は下腹の出た親父が股間を隠しつつうじゃり・・・まずここでめげそうになってみた。
・・・積極的に見たいものではなかった、とか(何の色気もなしだったし)。
でも話が進むとうまくシリアスとコメディがかみ合うテンポのいいお話になるような感じを受けました。



"あの国”を見てしまった往壓、25年間それから逃げてきて、現在は腐民。同じような境遇の少年(とその母親)を追ってきた妖夷から少年を救うために漢神の力で対抗する。
既に奇士として働いているアビらは漢神を使って妖夷を抑えた往壓を見たときに彼がそうだとわかり・・・。
庇われた少年はそれでも"かの国"を求めていた。
逃げている往壓とその国にいきたい?少年。
何を見たのでしょうか?主観によって見え方も違うのかな。

また、雲七という往壓の友人は神出鬼没?で往壓の過去も"あの国"のことも知っているような口ぶり。
この人は耀蔵の一味?なのか味方か??
今の所は往壓を監視しているようにも見える侮れない感じに思う。

最後にはドバ~っともう一体妖夷が出てきてまた来週。
世界観は説零もあってすんなりと入れたかな、と。
ちょっと地味な始まりのようにも感じましたけどね。
来週はどうして往壓が漢神を使えるか、とかあの耀蔵の一味の説明もあるか?
それにちょっと気になる、少年の家族、母親以外はどこいっちゃったの?"あの国”?それとも妖夷に・・・?その辺もはっきりして!

何より私は元閥目当て(CVの三木さん目当て)で見てるので来週はもっと活躍しそう?と期待して来週も見ようかね。

theme : 妖奇士
genre : アニメ・コミック

Black Blood Brothers第5話「経済特別解放区」感想

ミミコによって特区に入った銀刀&ジロー。
銀刀はなにやら色々な勢力に狙われていますが・・・?



目覚ましを壊されたミミコに52件の留守電・・・それだけ鳴って起きないあなたもなかなかのツワモノ・・・。いくら枕の下に入れてたって言っても。ま、それだけ血ィ~吸われ初体験に真夜中の共感に戦闘に・・・と疲れてたってことなのかしら?
遅刻原因?の屍に近い眠りのジローには水をぶっ掛けて制裁、過激なミミコさんでした。
だが災難は続きカンパニーに出勤すれば昨夜の行動は噂になってるわ、後輩は尾ひれをつけてしっかり噂を流してくれるような結果に。
次に噂を聞いたらミミコはジローの恋人になっているでしょう。部屋にも入れてたしね。
・・・でも調停部の上司は、それを狙ってそうな感じですが?
「手はうってあります」だものね。
カンパニーはジローを確保の方向ですから。

さて特区の"協定血族”には3つの勢力がある様子。
住処を決めようと”協定血族”に挨拶回りをするが門前払いされちゃった兄弟は観光としゃれ込んで特区見物。
その途中、"闇”(って言ったか?)勢力のうち?の黒魔術か新興宗教かって言うような変な服にレトロな着たグループが…出てきていきなりジローたち3人を襲撃!
次の展開に向かうためのお膳立ては終了。

キャラクターの方もえらく欲望に忠実そうな、腹黒っぽいゼルマンも登場し、セイ(背中に刀さした子?)は何だかコタちゃんに関係あるみたいだしね・・・。
予告でも「お前たち2人には興味がある」って!あちこちで銀刀の争奪戦と見せかけ、大物らしいコタちゃんの争奪戦になればかなり好み展開。

それにどんどん巻き込まれていくミミコ・・・やっぱり上司に嵌められていると思うぞ?



しかし毎回冒頭にある過去編。
どうやらヘタレだった様子のジロー。カサンドラに助けられて嫌味言われてましたけど、現在は敵対?なんですよね。何があったのか。
どうにもこっちが気になりますな。

theme : Black Blood Brothers
genre : アニメ・コミック

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。