スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLOOD+29話「呪われた血」感想

アンシェル魔の手というか策略が迫って来てるなあと回を重ねるごとに思いますが。あの腹黒おっさんには頼むから二度と女性には擬態しないで欲しいけど・・・。どうなんでしょうね?では感想。


・イレーヌへの血わけ
やっぱりと言った結末。だってアンシェルが作った翼手だもんね~その元はどう考えてもディーヴァ、だよね。
と思うわけですが。シフたちの思いは砕かれてしまったしその命も救う方法が暗礁に乗り上げてしまった。と言うことになるのか。
が、これからシフが狙うのはディーヴァということに?
赤い盾との共同戦線は無理でしたけど(彼らは人間不信だろうし)今後どのように絡んでくるか非常に楽しみです・・・。
モーゼスの感謝の言葉、彼らがもっと人間的になる日も待ちたいですけれど・・・悲しい存在で終わらないで欲しいな。

・小夜
小夜も自分の血はディーヴァとは相対するものとわかっていながらも、その血をあげてよくなれば、と一縷の望みに掛けたわけですが・・・結局死を加速させてしまった・・・。
父の死のトラウマ的嫌悪感を再燃することに。
誰も怨めない、ただ自分を疎ましく思うしかない宿命。
リクに「自分を嫌いにならないで」と言われつつもやはりその身を呪い嫌う彼女。
でもその彼女を見てると、シュバリエである彼らも自分の一部として嫌っていて自分の負の部分を背負わせてしまったそんな罪悪感に苛まれてるばかり・・・仕方ないけど自分だけの殻に閉じこもる小夜、もうちょっとハジやリクの立場も考えようよ~なんて今日はさすがに思った。

・ハジのハグ
近しい存在である彼の抱擁は、小夜に対する強烈なメッセージになってくれればいいと思いました。
死んでいくものもいれば、こうして同じ時を過ごせる生をもらったものもいる。ということを。
シュバリエたちは付き従うものと言う存在で小夜を至上としていますがその痛みや哀しみも身近に理解してくれて、小夜を尊重してくれる。その存在の大切さをもっと小夜がわかればいい、なんて思ったり。
独りではない、とハジが言外に伝えたそんな暖かい場面だったと思う次第です。
笑った顔・・・見たかったよ。

・ヴァン
登場のないところで何だかこそこそやってきた、と言った感じですね。
切り裂かれなきゃいいけどなんて・・・ソロモンからアンシェルに鞍替えというか、その判断はちょっと・・・先行き怖くなってきたお人ですね。

・カイ
純粋にシフたちを助けてあげたかったんだろうけれど、裏目に出て。小夜も傷つけてしまった。
何だか溝がどんどん深くなるような・・・。
良かれと思ったことは全て逆方向へ行っているような気もする。迫ってきた真央を巻き込みたくないのでしょうがあしらう様子は自分の許容量が一杯でハナから受け付けられない、そんな状態なのでしょうかね。

・真央&岡村
さすがヤクザの娘、啖呵切るときはやるなあ、でも岡村の提案はデヴィッドたちにはなかなかいい案だと思うけれどね、どう判断するのかしら・・・。

・1ヵ月後
カールもなんだか綺麗な手になって再登場、アンシェルの研究結果らしい。あの辺りにシュバリエの寿命とか関係するの?なんて思いつつ、ハジも何だかねぇ・・・あの手。
さてソロモンが何だか蚊帳の外っぽく・・・裏切れ裏切れとソロモンの裏切りを念じる心が通じるか(笑)

リクはかわええなあ・・・しかし。
あの瞳で強請られたらなんでも買っちゃるし願いもかなえたくなるよ・・・さすがの小夜もさあそう思ったかしら?



来週はジョエル@石田の声が一杯聞けるかな~。
でも出かけていますのできっと感想はオヤスミです。

スポンサーサイト

theme : BLOOD+
genre : アニメ・コミック

見ようか見まいか・・・。

21日から配信始まってるらしい、リーンの翼の#2を見るかどうしようか・・・?ちょっと悩み中。
だってDVDももう出るらしいし(買わないけど)・・・#1が無料配信だったから見たようなもんで。
全6話って本当なの?と言う感じです。どうやって纏めるんだ?
とかなり疑問なので、まだ見る気がしないなあ・・・。

これも映画のZガンダムで肩透かし喰らったから富野御大ちょっと敬遠中?かもなあ。

スカパでGW「ケロロ軍曹」の1話からプレイバックの方が今興味あるしなあ・・・。家族で今更のように嵌ってみたり・・・。
とうとう子がガンプラが欲しいとか言い出す始末。
アンタまだ4歳だ、無理。つかそん時の旦那の目の輝き、見落とさなかったよ。
作りたいのはアンタかい・・・(爆)

theme : 管理人日記
genre : アニメ・コミック

「幻惑の鼓動」Chara6月号掲載分感想

立ち読み・・・なじみの本屋によると店員に
「ほれ!立ち読め」
なんてとんでもない手渡しで心置きなく読ませていただきました・・・。持つべきは同じ年代の腐女子・・・よく分かってらっしゃる。

ネタバレあり。

というか、自分がサイト1周年に「幻惑~」のこの塔谷と晃一の妄想文書いたから本編が気になって読んだのよ、珍しく雑誌を。
(もし↑(Chara4月号からの)妄想文を読みたい人が居たら、サイト名/電薔廃園;http://www.geocities.jp/d_haien9231/コピペで飛んで、TOPから一周年記念SSの展示へいってくださいませ)


さて。
あ~やっぱ一筋縄では晃一はおちそうにないなあ。
「与えるだけなのか」
ですもんね塔谷の晃一への問いが・・・。


晃一は自分の意思よりも塔谷が焦がれるその気持ちを尊重して、自分を差し出して安心させてやってるようです。
自分の感情は戸惑ったまま・・・で何かを含んでいる。
でも晃一はラキ(過去)の感情には支配されていないと思うので、塔谷をきっちり好きなはずだし、家族にもカミングアウトしてるし根性据えてるはずなのに・・・。

どこかすれ違ってる。

やっぱり三角関係路線か?葉月とさ~。いや初めから晃一ハーレム形成なんですから何が来てもOKだけど。

なんか、ちょっと哀れ塔谷・・・。
もっとこう、晃一の塔谷に対しての感情がはっきりしているのかと思ったのに、何かまだまだの印象。そう簡単に芯から二人は結ばれないのかな~なんて立ち読みなのでうろ覚えですが、そんな悲壮感と切なさを感じました。

theme : ボーイズラブ
genre : アニメ・コミック

BLOOD+第28話「限りあるもの」感想

・変わらないと誓うカイ、変われない小夜
家族が自分以外全て翼手になってしまったカイ。姿形は変わろうとカイにとっては父でありリクであり小夜である。それを認めるには自分は昔のままにいつまでも彼らを受け入れる・・・。

この覚悟がカイを大きくしたんでしょうね。
翼手という括りには自分の家族がいる、なら他の翼手も認めなければカイは翼手全体をひいては家族も否定しなければならなかった。
色々な人がいるのと一緒で翼手も色々なやつがいる、話せばわかる、と言う発想はこれまで小夜にはなかった意識のようでした。

小夜自身、きっと翼手というものを忌むべきだけの存在と思っているからかなあ・・・自分自身も好きではないように思う。だからすべてが終わったときには自分も消したい・・・?と願うのだろうし。今は自分の感情は抜きで翼手と戦うべきだけの存在と自分を追い込んでいるのかも知れないですね。

カイはどんなリクでも小夜でも愛すべき存在だろうけれど、小夜は自分自身も翼手で愛せないしそれに似た存在も自分の被害者であり責任を負うものとしての認識。そして犯した罪に終止符を打つには全ての翼手を葬ることしかない(自分を含め)と思うことを目的として生きてきた。もし小夜が翼手を認めてしまえば、確かに今までのこと全てがわからなくなってしまう。もしそうなれば自分のやってきたこと・生きていることさえ否定されるようで怖いのかもしれません、だから変われない。
変わってはいけないと感じているかも、自分が唯一の存在だしね。

しかしシフが"作られたもの”と言うことを知った時点でディーヴァ側の狙いが何処かにあったはずだから、シフ本人たちとできれば話し合うこととかをデヴィッド辺りが勧めてみるのも必要とか思いました・・・赤い盾事体も全ての翼手を殲滅する、それがねらいで個人的な恨みもバリバリ、責任問題と共存は考えない、と言う強硬姿勢なのかと思いました。
・・・カイの「人間対翼手の戦いと単純にいえない」
この言葉がやけに印象に残りました。結局皆何だか認められんとエゴを押し付けあってると感じましたけど、それを超えたところにカイが一番に着いたのかも知れません。


・イレーヌへ血をあげるのでしょうか?
いいところでまた来週!でした(涙)
本人が生きたいというならばその血をあげてみてもいい気がしますね、小夜・・・どう出るんだろう。
でもシフたちが"小夜の血”で生きながらえることができる、という情報自体が嘘っぱちのアンシェルの罠とかだったら怖い、と思う・・・。
それに、ディーヴァの血で作った彼らなら・・・!
ダメじゃん。
どっちにしてもイレーヌはなんだかダメなように思います・・・。

けれどシフのリーダー格のモーゼスは話が通じそうな人のような気がする・・・協力体制に持ち込めないかなあ?

・ハジ
戦えないシュバリエだと嘆くリクに「いつまでも小夜の傍にいてあげること」と言ったハジ。
「ハジも」と言われ、儚い笑み・・・。
どうにも今日のサブタイトルがかぶった。
「限りあるもの」
ハジも何らかの限界を感じているのか?と思わせました。
やばいのか??そんな気がしたよ(涙)

・真央&岡村
もっと感動的再会かと思いきや、地道な岡村の取材の結果の再会で岡村の執念を感じてみたり。
今後真央はともかく、岡村は深く関わって来てほしいなあ・・・実際には戦えないわけだけどでもこの人には筆があってそれで戦えそうです、デヴィッドにも駆け引きしてたし、度胸もあるし帰っても職がないしヤクザに狙われてる(笑)
真央はヤバイと感じつつも度胸据わってるし、カイに惚れ直しちゃったんでは?でも実際危険だしね真央はこの辺で沖縄に退場かも知れない・・・な。
赤い盾がどう二人の処遇を決するでしょうか、これも来週?


今日はカイのかっこよさ3倍増しに見え・・・。
リクのジョエルのお下がり半ズボン姿が・・・おいしゅうございました。

では来週は「呪われた血」


theme : BLOOD+
genre : アニメ・コミック

運命スペシャルエディションフレッツで配信

自分へのメモ的記事です。
5月12日11時から~フレッツで運命スペシャルエディション「砕かれた世界」の配信がある様子・・・よかったな自分。
DVD発売よりも少し早く見れるな・・・。

とこれまた久しぶりに昨日フレッツ行って知ったちょっと気分浮上・・・?

theme : 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
genre : アニメ・コミック

NANA第3話

ほぼ一言感想・・・。ちなみにNANAはアニメでしか知りません。

友情と恋愛の境界って難しい。というか、奈々の場合は恋愛恐怖症が見せた境界線がそれだったのね。友人なら、と思うことで自分をまもってたんですもの・・・。
ショウジ、キレる気持ちはわかった、よく耐え忍んだ!(同室での一夜)でも彼なら奈々の過去ごと包んであげれそうな包容力あり?期待。
元不倫相手ともさまざまな誤解が解けトラウマからも開放されてこれから二人は恋愛モードっすね?

本編より次回予告の十数秒のナナの過去編に興味津々・・・(大失礼)。

theme : 2006年春の新番
genre : アニメ・コミック

お疲れモード

最近バタバタしてて何だか疲れていると感じるので、何か活力を、と思って種の公式サイトへ行った(←こんな行動が既に可笑しいぞ?)・・・かなり久しぶり。

STARGAZERのサイトがオープンしていたけれど・・・ファントムペインかあ。そうですか。
ネオ部隊率いる人たちも少し出たりすると嬉しいけど、キラ絡みそうになさそう・・・所詮キラ至上な私の意見。

運命スペシャルエディションやっぱり都会のみ放送か。
田舎ものは買え・・・といわれてるよ。でも今回はそんなに待たずに発売だからいいけどね、は~アスラン視点なら見たいかな、うん。

とちっとも癒されてない感じ?これで放送が全国展開なら癒されたのに!
そういや、SUIT CD10はドラマが5の3人(アスラン・イザーク・ディアッカ)なのね・・・。最後ぐらいシン・アスラン・キラにしようよ、同じ戦後ものな内容なら。
と思ったのは私だけではないと信じています。
あ~でも元クルーゼ隊ザフトレッド生き残りは、売れるんでしょうね・・・シナリオもニコルの墓参りらしいから・・・。
これもまた踊らされるのかしら・・・。

なんてぼやいてみました。







theme : 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
genre : アニメ・コミック

BLOOD+第27話「パリ・ジュテーム」感想

今回のOPとてもいいですね、カイの歌のように聞こえるなあ・・・。
さて感想。


・小夜・・・本当に顔つきがガラット変わった。デヴィッドの言うとおり自分の存在を認めないとリクの存在も認められない。そして犠牲者は増えていく、そう考えたら自らが自覚して進むしかなかったのだろうと思う次第。その覚悟も決めるとかなり前向きな印象でした。

・シフ・・・作られた翼手でやはりアンシェルが一枚噛んでいた。
"保険"らしいですがディーヴァ&小夜の両方の血を利用したんでしょうか?あの異形の翼手とは違って自分達に近いようですが・・・。
二つの血を、という意味では以前ハジがディーヴァの伴侶って言ったことに関係してる?
シフたちのことにあまりいい感情がないソロモンがアンシェルにもっと疑問に思ってくれて、離反・・・ってことはなさそうだなあ・・・彼はディーヴァのシュバリエだし・・・。

・カイ・・・翼手を認めなければ弟は全否定だしどんな形でも弟だし・・・でも弟の気持ちは小夜に向いてるし・・・複雑な感情に翻弄されているよう。
そんな中以前襲われ殺されそうになったシフに対して、血が足りないから襲われるかもしれないって言うのに助けた。一瞬自分の血を分け与えるような行為に出るのかと思った・・・。
さすがにそんなことはしなかったけど敵意がない彼女に対して攻撃しなかったってことは彼女が弱ってたのもあるだろうけど、戦わないで済むなら弟同じものは殺せない・・・だったのかな?ならいいけどきっと翼手って何かっていう知りたい気持ちからかもな。

さて彼女らの過去を知り小夜の血を欲するイレーヌに、
「奪い合うことだけが手に入れる方法じゃない」
「分け与えるということを知っている」
イレーヌに言ったのは彼自身イレーヌのもう殺したくないと血をガマンしている行為やその境遇に同情しているせい、でしょうがなかなか言える台詞ではないなあ・・・。
相手は自分などすぐに殺せるほどの戦闘力もあるし、利用されるかもしれない、なのに殺伐として生きてきた彼女に「希望」を与えたのはカイだったと思います。
人間に作られ、人間不信の彼女にとってはその純粋でおおらかなカイは本当に救いだっただろうなとおもいます。自分はもうソーンが出てるわけだし戦いたくない、そして死にたくないでしょうから。
弟に向けるような目で彼女を見れたカイには本当に感心したというか男前でした。
ディーヴァとそのシュヴァリエたちにはこうはいかないでしょうが、でもイレーヌを通してシフたちとの架け橋になれたらなあ・・・と夢見たら。
来週イレーヌ・・・死?どうなるのかしら?
でもイレーヌと出会いカイ自身は自分が小夜とリクを受け入れてその居場所を作ればいいのだと吹っ切れた御様子・・・毎週成長していくみたい。

・岡村と真央コンビ・・・図書館ですれ違い。とうとう突き詰めてきましたけど、来週出会うのかな・・・?相変わらず潔いほどカイ命で真央素敵!結構このコンビしっくり言ってて面白いからなあ、追っかけ体勢が終わるとなれば何か淋しい。

全般的には第2クールの終わり辺りから毎週面白い展開だと感じています。また来週。

theme : BLOOD+
genre : アニメ・コミック

NANA第2話見たよ

うちの地方でも放送がありました・・・。
見たのは見たんですが。
漫画読んでないし映画も知らん、今日のは小松奈々の過去編?先週の同居が始まりそうな予感はどこ行った?
わからんまま見続け、彼女が恋愛至上主義ということがよく分かった・・・。
しかし彼女の一目ぼれって凄いなあ、したことないからわからん。
さすが王道的少女漫画が原作ですな・・・色々すれてきたおばちゃんが見るアニメじゃないなあ・・・(笑)。


実はナナのほうが興味ある、だってCVが朴ちゃん・・・。それだけを期待して見てる私は邪道でしょうか???

次回は見るか見ないか、不明。でも春の新作アニメ、地上波で見れるのこれだけって・・・どうよ?わが地方・・・(悲)

theme : NANA
genre : アニメ・コミック

小説バトン

風邪やネオチでなかなか書けなかったバトン!
種サイト「果てないつばさ」のディア様より頂いていたので、今頃また・・・(汗)。いつも忘れた頃に書いてごめんなさい・・・。

以下

▽本棚に入ってる小説の数
▽今読んでいる小説
▽貴方が買った一番新しい小説
▽よく読む、あるいは思い入れのある小説(5冊)
 

続きを読む

theme : バトン
genre : アニメ・コミック

BLOOD+26話「サヤに従うもの」感想

カイを中心に簡単に感想を。

アニメのタイトルでもある「BLOOD」って言葉の重さを今日は何だか感じました。

カイが生きていて欲しいと願ったリクは血を分けた兄弟で、そのリクを救ったのは血の繋がりはないが家族の小夜。カイはリクを救うそのお願いをするときに家族としての小夜をもう切り離してしまっていたんですよね何処かで自分達とは違うと感じていた、だから「たった一人の弟なんだ」と慟哭し彼を助けてくれと哀願した。
何とか助かってリクは外見は変わらないけれど、既に自分とは違う血を持つ者になってしまい、小夜のシュバリエとなって小夜の血の永遠の虜囚となり・・・カイの心配をよそに小夜のことが中心になってしまっている。そのことを受け入れられないカイの苦悩。自分が願ったとおり生きているリクは本当に自分が望んだ姿なのかと立ち止まってしまった、それがリクを過保護にしてそばに置こうという行動になったのかなあ、などと考えたりしました。

それは全てカイが判断して希望してリクにどんな形でもいいからと生きていて欲しいと願った結果なんだけど。
その想いに気づいてはいてもリクの至上は小夜なわけで。

自分と同じ血を持っていたはずのリクは今は小夜と近い、そんな現実を受け入れなければいけないカイの孤独、かなり哀れでしたね。
心ではいつまでもカイの弟なんでしょうが、リクがシュバリエとして生きることになればカイはかわいそうだけど二の次・・・。

こういう風になるという覚悟があの動物園で少しでもカイにはあって、リクがどうなろうとも受け入れるつもりであったなら、自分の口からリクに小夜の血を飲ませたといういきさつなりを教えてやるべきだと、思ったりしました。
血を分けた兄弟と血によって縛られた関係。小夜が欲しかった家族という温もりはもう得られないし、カイは自分の命が尽きるまで、弟であって弟でない成長しないリクを見守り続ける。
そしてリクもハジと同じ存在になったことをどう受け止めていくのでしょうか・・・知らない間にそうなってしまったのですものね。
カイとは違う生物として血を求め、変わってしまった弟に血を与える、それで繋がる兄弟としての血・・・何だか切ない限りだなあ・・・とちょっとカイの首に噛み付いたリクの姿を見たとき、目頭が熱くなったりしました。

そしてシフ達も、何だかアンシェルがその裏に絡んでいるような生い立ちで小夜の血を求めている・・・。


久しぶりの出血大サービス戦闘もあり、血・血の26話だったように感じています。



続きを読む

theme : BLOOD+
genre : アニメ・コミック

BLOOD+25話「赤い盾」超短感想&SS(腐入り)

やっと見ました。
ちょこっと感想=腐女子版。

デヴィット×ジョエル!
ジョエルが自ら部屋に招くとは・・・。
女王様受けかよ!って思い切りTV画面に突っ込んだ。
「二人の時はジョエルでいいよ」
く~!
石田声にノックアウトされてるってのに、そう来たか!赤いワイン飲んでさ~誘っちゃってたし・・・。とかかなり腐視点で見ました。

最後のリクの目覚め・・・。
引っ張られた感のあったお話でしたが早くも今日もう26話見れるんだ。シフ達との戦いらしいですが、リク・・・まさかもう参戦???
不慣れなシュバリエ、ハジがリクをフォローする姿が今後続出するのにも腐視点で期待したいと思います!


↓続きを読むにSS入れときました。(腐女子思考OKの方のみ)


続きを読む

theme : BLOOD+
genre : アニメ・コミック

帰って来ました・・・。

1週間ほど家を空けていました。今日やっと帰って来たら、子が熱発かよ!?
はぁ~頼むよ・・・疲れでしょうが、明日から幼稚園・・・行ってくれよ・・・ムリかも。

さてBLOG仲間moda-e族マダム達と萌えてきました・・・。
面白かった・・・。カラオケで古いアニメソングを歌うのはもはや定番化・・・。
いや、だから「ぴかりが歌えるやろ」で何でも入れるのよしてくれ・・・いや歌える私も私。今回のHITはゴッドマーズ(TV)←古っのEDだったわ、歌いきる私も私だが・・・今度は特撮でぶいぶいに回すことにします・・・。
しかし、種サイトの1周年と5万HITの企画を詰めてくるのをほぼ忘れてた・・・というか。私の場合これ以上連載を増やすとまずいので、どうしようかと相談するつもりが・・・ポンチには言えずじまいさ。今ストックがあって書き進んでいる話は連載でいかないと無理なのばかり・・・。

ちなみに・・・。

続きを読む

theme : 管理人日記
genre : アニメ・コミック

NANA1話感想

見ました…続きが見れるかは分かりませんが…(今は実家…家に帰れば放送がない可能性大)。
実は漫画も読んだことはないし映画も見てない…んでまったくの初見でした。

見て良かったこと!
ナナが朴さんだった!やけに男前なこの声はもしや…!と喜んだらやっぱ路(←王ヘンに路が本当ですね)美さんでちょっと得した感じ……。
さて私はストーリーを知らないので次の展開が分からないせいか1話としてはまずまずだったかな?と思います。私の好みの作画ではないし少女漫画チックなストーリーもかなりご無沙汰だし元より読まないのでなんだか新鮮だったかもね。
好感が持てたのは奈々(ミュージシャンにならない方はこの漢字であってますかね?)の彼氏でした。
なしくずし同棲を許さず自分の事は自分でするし、彼女の上京目的を支援するその態度が誠実に見えましたね。
…と奈々と彼とはずっとうまくいくのかな?

なんてダークな大人は先行き暗く考えたりしましたが…
機会があればまた見てみたいかと…。しかし最後の日テレのアナのナビはいりませんね…。

ファンの方変な感想書いてごめんなさいませ。所詮NANAを深く知らない者の戯言…お許しを。

大放置中…

ネオチ中です…。
たまに長く実家に帰ると用事山積み…更に旦那と同郷なのでもれなく嫁もせねばならなかったりすると、パソコンあってもネットには入れず携帯でも書き込めずで…こんなに放置は久しぶり…。
今日家に帰るつもりが子の要望で明日になり、住んでる所では上映のない「ケロロ軍曹」、実家にいる間に観に行くつもりが暇なしだったで…悲しい…。
でも貴腐人な萌えメンバー(HPの管理人仲間)には会えてカラオケやらランチやらと活力補給してもらったから贅沢言えないか~でやっと明日帰れる~あ~幼稚園も明後日から…新学期の準備してない~。
なんちゃって母なんで…ギリギリです~。
つーことで家にはいませんので…HPの方は更新やレス出来ませんごめんなさい。レスは明日、更新は近日中に「明日に続く光」を…ちなみに慟哭&流星は進まずで(ToT)…子が幼稚園行き出したらこの二つは捲ります~!?
では…。

今日から始まる「NANA」見てみよう…うちの地方では放送なさそうだけど…

もう4月・・・。

早いな~4月になっちゃいました。
色々番組も終わるし始まるのね・・・。
去年エウレカセブンを見始めて実は10話で挫折。盛り上がってるのでなんとなく置いていかれた気分。実はレントン役の声優さんの声が私には・・・何だか耳にあわなかったのだ・・・。(大失礼!です、自分)で見る気がだんだん失せたの・・・。
でもDVDには撮ってあって今旦那が追いつこうとしています(笑)もう無理・・・。気分が落ち着いたら見る予定。

さあ、4月からは何見よう、で。
地方だからあんまりないのよね、選択肢。何が始まるかも実は知らない。
沖方氏脚本のアニメは6月?WOWWOWでとか言ってるし。
ネット配信らしいSEEDスターゲイザーでも待ちますか。
といった感じで・・・。

今日昼からネオチ。
多分BLOOD+の感想は木曜辺りです。見れたら携帯で投稿。見れないと思います・・・。

theme : 腐女子の日記
genre : アニメ・コミック

カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。