スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLOOD+第20話「シュヴァリエ」感想

ほんと~にこの土6って、テーマソング歌う人も豪華なら声優も、豪華よね・・・。
ジョエルは石田彰さんか・・・ネイサンは藤原啓治さんで・・・シュバリエ4人はイイ声で出揃ったわけで(カールだってね)、それに対抗する組織の方も(赤い盾もシフたちも)豪華ですな。しかし、登場人物多いなあ・・・この話。

さて、少し謎が解けてきたなと感じた先週だったけどまたまた気になる謎を落とされた。
・ジョエルの日記は今までの小夜の記録=つーことはこれを書いた人も長生き??って言うことなのかしら?若そうだったけどネ。小夜ストーカー歴が長いってことっしょ?
・ディーバの婿=ハジ??ん?シュバリエとして道をはずした者とか言ってたけどそういう意味含むなのか。さてはハジ好みじゃなかった?ディーバが、なんて思ったり。
・シュバリエの嫁?小夜は何人相手すりゃいいの(さらっと大人発言すいません)
・3日食べてない・・・?小夜。反動が怖いなあ、誰かの血を啜りそうです・・・。
・赤い盾のNO2は第一印象がどうにも悪い・・・ネチネチとデヴィットもいびられていそうというか赤い盾も一枚岩ではない様子?
・カイが読んだ「ジョエルの日記」は何語で書かれていたのか?(内容よりそれが気になる)
・シフっていうマントの人たちは、小夜もディーバも狙っている様ですな(予告とかをあわせ見ると)
・結局ディーバの顔は出ず・・・引っ張られましたね。

てな感じで、色々とまた複雑な背景なのね。三つ巴か?戦いは?
シュバリエ4人が出てきたことで彼らは人間とは種が違う、そしてリーダーはアンシェルらしいし、ディーバ至上そのためには同族も殺すっていう徹底ぶりが確認できました。今までは対抗する態勢も整っていなかったみたいですがここに来てそれぞれの”人間”としての地位も確立しているらしいので強気なようですね。
4兄弟の意思は繋がっているらしい、皆で一つといった感じなのかアンシェルが頭?ということなのか、それに逆らうことは不自然だという様子。その中で自分の気持ちを優先しようとするソロモン、期待できますね。
過去の小夜には接触していると思うんですが、ベトナムの時今の小夜と出会い踊ったりして凄く興味が沸いて親近感というかその存在が欲しいと思っているようですけど、どうなるのか・・・これで兄弟の結束が崩れると面白いけど、私としては兄弟も自分の意思も裏切れないと悶々と悩み話に絡んでいって欲しいなあ。

さてデヴィットとカイの会話の中で
「それでもお前は家族だといえるのか」と問いかけるところがあったけど。
これってカイを試しての台詞であって欲しいと思う。
デヴィットは戦い続けるため小夜が必要だと思っているだろうけど、カイには本当のところ真実を知っても彼女からはなれず、小夜の安らぎであって欲しいと思っていてくれればいいなあと思いました。
確かに翼手に対抗するそのためだけに組織は彼女を利用している、今のところはそう思えます。でもハジも赤い盾もどうして真実を教えず彼女が思い出すことに拘るのかということを考えた時に、赤い盾と小夜の繋がりが”ジョエルの日記”を含めたそれにあって、小夜の意思が赤い盾に関っていてディーバと戦っているのだと思いたいのだけれど。

しかし・・・小夜を受け継いでいく者としてカイを選ぼうとしてる?なんて思ったりもしたけどでも、カイの「覚悟」を探っていると、だってすべてを知っても「どんな小夜でも家族の一員だ」と認める所からカイの戦いは本当に始まるのかもしれないと思うので。

最後に・・・飴男がだんだんとかわいそうになってきました・・・。
なんかね、無自覚のままソロモンのパシリか下僕?

以上。







スポンサーサイト

theme : BLOOD+
genre : アニメ・コミック

荒川静香さんおめでとう!!

よくやってくれました!
荒川静香選手金メダル!
朝早くから起きてみてよかった、ほんと~に嬉しい。
キレイだった。彼女って何だか妖艶でね、とっても優雅で色っぽい感じだった。
アジア初のフィギュアで金メダル!
3位から逆転!
もういっぱい凄いオプションつけて優勝!すご~!!
苦しんだ彼女が、踏ん張って踏ん張って頑張ってくれて日本の選手団をも救ってくれたね。

村主選手も4位ではっきり言ってスルツカヤ選手よりよかったけど技術点かあ・・・難しい採点だね。でも彼女らしさの溢れる演技でこれも満足。
朝から心をホットにしてくれてありがとうございました、選手の皆さん。

theme : フィギュアスケート
genre : スポーツ

いわゆるファーストガンダム視聴中

いやもうね、何回目見るのかはわかりません。
ファースト世代なので、でもさすがにTV版のリアル組ではないです。

何年かぶりの視聴・・・。
2月14日からCSで放送が始まったので月から金曜の放送毎回見ています。
今日これから8話「戦場は荒野」ですけどこの話は映画では割愛のところです・・・。あ~始まった。

ファーストガンダムってだいたい皆映画3部作をさすらしいけど、私にとっては多分TV版。
映画で超話題になる前には再放送で見ていたと思うTV版が印象深い、映画に行ったとき潔く抜かれたエピソードの数々、どこ行ったザクレロ?ブラウ・ブロ?に文句言ったはずなので。

でも見直してアレ?と思うこともある。
TV版のはじめの方のシャアがあんまり不遜じゃない、というかWBやガンダムの性能に恐れをなしていて自信喪失してたり?それがなかなかに新鮮。
それにドズルに従順な?というか彼を敬っている雰囲気がね、なかなかにシャアらしくないつーか、後のシャアの性格に振り回されぎみ?
シャアの演じ方というか、性格とかまだ手探りかなあ?まあそれはアムロとかブライトもそうだろうけど・・・。
しっかし、民間人のアムロって戦うことにあんまり抵抗ないって言うか・・・昔の主人公はこうでなきゃ??なのかもね。すんなりと戦いに身を投じる、生きるため、か。
これ見てたからキラが思い悩んだ時とってもリアルに感じたのかも・・・普通戦争だからって民間人が人を殺めようとしたり殺めたらどう反応するかって考えたもんね・・・。


あ~そういや明日の放送は「親父にもぶたれたことないのに!」
「殴って何故悪いか・・・」です。
う~ん、幼きころに嵌ったアニメ。
名台詞に関らず本当によく覚えているなあと・・・今も見ていて台詞がそらで言えたり、細部を忘れてない自分が怖い。
ボケてから昔のことを語る老人となったとき、ファーストの台詞を語ったりしないか・・・不安だわ・・・。






カーリングに絶叫!

冬の五輪もマイ注目種目の一つ、カーリング。
面白いですねほんとあの競技。
総当り予選の1試合目の放送がBSでされるのが6時ごろなので、子供と見てます。
今日は第10エンドで小野寺さんが決めた瞬間、アナウンサーも大絶叫でしたが、我家も!
なんだか勇気付けられるよね。
日本不調の中選手も雰囲気悪いだろうなあとか思いますけど、そんな中で負け先行の勝敗だった彼女ら。
逆境に負けない精神、だんだん上がってきてる正確さに心躍るわ。
まだまだ可能性を残して深夜に試合があるけどさすがにLIVEは無理なので、勝つことを祈りつつ就寝・・・。
あ~勝ってくれ!


theme : トリノオリンピック
genre : スポーツ

BLOOD+第19話『折れたココロ』感想

今日は出先で見ました、が…えらく重要な回だった!
今まで燻ってた色々な謎が解けて来て引き寄せられた~家にいないのが悔やまれる…流し見なのでなんか取り違えてるかもな携帯からの投稿です。

まず小夜がまんまと説得され騙されたようになってしまった気持ちを考えた。
確かに宮城の父のことがあったから翼手=人に仇なす化物という図式で、自分しかあれを倒せないと来れば、相手をよく解らずともその思い込みと父への想いで戦って来れると思うよ遺言もあったしね。
でも以前の記憶がないために前の自分がわからないままに戦うことが本当に自分の望むことだったかは本人にも謎だからアンシェルに言われてみて気が付き自分の存在意義や逆に翼手がどんなものかを突き詰められたら、迷うし自分の無知さに気付くわけで…。
過去の自分を知らないから今の自分を生きようとする決心だけで生きていた小夜を否定されれば何もかも失ったようなものかな…と。
倒そうとする相手は身内と教えられ、それを周りは知っていて何も知らない小夜を利用したと言われたらそりゃ…『うそつき』と、姿を消しても仕方ない。ただ鵜呑みにしてしまうほどに追い詰められ、自分もまた翼手であると突き付けられた時…父への想いや同胞の存在自分の生まれた意味、どうして過去敵対したかを深く考え自分を取り戻さないとこれからは一歩も進めませんね…。どんなドラマが用意されてるでしょう…偽りの家族と罵られたカイにリクがキーであって欲しいなぁ。

さて
なんであんなに弱いのかハジ?でも死なないからそれはいいのか?なんだかね~何か理由がありそうな弱さ?ディーバのシュバリエたちとはえらい違いだから……彼にも何か隠されたものがあって欲しい。
ディーバの正体もわかったし5人のシュバリエがどんな存在かわかりまたハジも小夜の血を分けたもの?と言う存在ということになるかな、そのあたりは過去編で見たい!が新キャラの3人の登場でベトナムでの置き去りな伏線が来そうな予感も?

余談?
・ディーバはきれいな少女らしいけど、かなり残忍そうね、小夜と双子ならいいなあ…と妄想中。
・あの中身おっさんなリーザ…リクとシャワー一緒してどうするつもりだったんだろ?って突っ込んでしまったのは私だけ?まさか血吸うつもりだった?
腐女子だからちと違う妄想入ったよ…。

来週、
ハジは出てきたらやっぱあの傷もふさがってるんだろうか?でも小夜との信頼関係どう変化したでしょうね。それもまた見どころかな…?
妹なディーバもやっと出るようだから…シュバリエも勢揃いしそう?久々に飴男も予告に出て来たし!
色々期待したいですね。

トリノ/新競技面白いの多いよ

トリノオリンピック、寝不足に耐え見ています。今日も6時前起床でしっかり見た、フィギュア男子。
プルシェンコが見たかった!
最終グループ1番って知ってたから早起き。
相変わらずお美しい、というスケートでしたがプログラム的には前のオリンピックや今回のショートプログラムの方がよかった。でも、4回転の美しさとか確実さって他の選手にはなくて、やっぱり王者でした。
高橋君、うんよくやった。
まだメダルがないもんだからみんなテンパってる様にも思うけど、他の選手には感じられなかった柔らかさがあったように思ったし…これからの経験でまた一皮剥けそうですよ!

しかし今回の五輪からの新競技色々あるみたいだけど面白いね~。
昨日はスノボクロスで、帰ってきてた旦那と見てて大興奮。4人一緒にすべってせめぎ会う競技、見ていて面白かった。スケートのパシュートも面白いけど、スノボクロスはタイムが関係なくゴールしたもん勝ちっていうのが余計面白くてよかったです。コーナーの陣取り合戦とか密かに、姑息に押したり引いたり・・・転倒したらアウトだしねそのハラハラするところがスリリングで。こういった駆け引き競技って好きです、後競技が残っているショートトラックとかカーリングにまた期待しておきたいです。

それから、日本では一般の人が絶対選手になれない(自衛官か警官?でないと無理なのかな、でも実質自衛官だけで冬季戦技教育隊所属らしいですけど)バイアスロンのパシュートがこの週末にあるので実は期待していたりします・・・。

theme : トリノオリンピック
genre : スポーツ

早すぎる秋の話

久しぶりに12日の日曜日に地元のイベントに行きました・・・。
もう、復帰は無理。情熱が足りなさそう。
自分にはオンの活動が向いているのだと思い知りました。
好きなときに出来るってのがいいしね~顔見えないのは少し残念だけど。
お邪魔した間中のあの独特の雰囲気に、もうついていけない様に思った。年取ったのかね。
何だか本とかも買えなかったわ。
でも、十年ぶりぐらいに再会した友人との会話は楽しかった。
一般ならまだ大丈夫だね、きっとでもリハビリ必要だわ(笑)

で、その中で既知の某地方TV局のディレクターに会った。
「は?種にはまったぁ?」とびっくりされHP持ってることに引かれ・・・。でトドメ・・・。
「でも今年の秋からもまたガンダムじゃん、よかったね」
って・・・どんなガンダム?種シリーズ?
あなた確かTBS系列の局に勤めてなかったっけ???
怖くてそれ以上突っ込めなかったけどガンダムはあるよ(それも種シリーズよと聞こえた)、と確証を得た言い方でしたわ。
やっぱあるわけか?あ~もうさすがにアスランとキラではないだろうけどネ・・・。(種ではないだろうと何だか信じたいがどうだろう?)


微妙な気分・・・。

theme : 日記
genre : アニメ・コミック

3歳児のバレンタイン事情?

我が子・・・4つ(今のところ)
旦那・・・1つ??らしい

はっはは~参りました。
しかしこのバレンタインイベントって凄いね~

以下三歳児の我が子がバレンタインチョコをもらった時の一コマ・・・。

Aちゃん(女)「はい、チョコあげる~」
我が子(男)「ありがと~」
Aちゃん「うん、本命じゃないけどねー」
我が子「ふ~ん・・・(←聞いちゃいねぇ)」


女の子は素晴らしいネ・・・!絶句(>_<)
幼稚園年少、3月生まれ同士の会話とは思えない・・・。
つか、男は3歳で「本命」云々知らんしわからんが女って生き物は・・・!

これ書いてるうちに近所の女の子がまたチョコ持ってきた・・・。
しっかし凄いイベントだなぁ。幼稚園児にも蔓延してんのね・・・。


そりゃOL70%がいらないっていうはずよ・・・。


続きを読む

theme : 日記
genre : アニメ・コミック

BLOOD+第18話「エカテリンブルグの月」感想

「美しい・・・少女だった・・・」

いや・・・「美しい少年」を期待していました。1%ぐらいは。
やっぱり女かよディーバ。
シュバリエ=騎士だもんね。
がっくし。

しかし今回も渋い絵面。
小夜ハジをメインに持ってこない構成で地味な感じのお話でしたが、話がよく見えてない私には面白かった。

忙しくて1度流し見ただけの感想ので、簡単に。

・ジュリアのカイへの「恋愛と同じよ」って・・・彼女もルイスと同じくいいおもちゃを見つけたって絡み方、いじられカイが最近ツボ。
・ベトナムからロシアへ亡命の研究者っていう設定が、妙にリアル。
・ええともう一人?亡命してきた人が残ってるってことよね。
・『俺も年取ったな』・・・1986年のチェリノブイリを知らない世代がいるんだ、こりゃ参った・・・。ルイスの気持ちはよく分かる。
・翼手はあのコンクリート詰め?状態で何年も生きているって言うのも怖い話、やはり息の根を止めてしまえるのは小夜だけって言うこと?
・D67の作られた過程、って言うのがわかったけど。
赤い盾って、それをよく知らなかったの・・・ね?
・ディーバの血の長期保存、それが必要な連中というのはまあ、わかるけど。その研究によって出来た人造のディーバの血を人に投与したら人の形も理性もなくしてしまうことを、ディーバの血を持ち込んだシュバリエたちはわかっていたのかな?とか思う。偶然的にあの息子に投与されて変化しそれから今のようにビジネス化したとか?う~ん複雑。
・デヴィットって難しい顔して結局カイのことを心配していると思うね・・・、彼には無意識のことかもしれないけど。その点ルイスも同じでしょうけど(ルイスの場合からかい=”かわいがって”いるとけど)
反発してるカイも、背中の傷で何か気づくものがあるかな?
・翼手はガソリンで燃えて、建物は爆発してそれでも”半永久的"の眠るか。血を啜ればまた生き返るって??放置しておいていいの?

まだ謎がいっぱい。
TVだけを見て他の情報もいれずに見ているので、色々想像することが頓珍漢かもしれませんが、翼手の謎に近付くという視点では面白かったです。

最後に、リク
「大丈夫だよ、ハジの服借りてたから・・・」
・・・ありがとう最後にちょっと想像膨らんだ。

ではこんなところで。



theme : BLOOD+
genre : アニメ・コミック

地方ニュースで我が子がちらりと・・・。

今日息子の幼稚園に、雪のプレゼント。
南国のこの土地、雪は早々積もりません。
4tトラックいっぱいの雪でどれだけ盛り上がるか・・・!
それは恐ろしい光景だった様子。

が、その光景が夕方の地方ニュースで流れた!その園庭の片隅にちょこんと盛られた雪とその雪で雪合戦する子等の様子、ソリをしている様子とか、我が子のクラス中心で取材があり・・・。
しかし、アップになる子は数人。
よく出来た子は自らフレームIN。
うちの子はモブで登場、あんまり映ってないのにがっかりしどうして自分があまり映りこんでいないかよく分からない様子。
自分ちで撮ったビデオを見るのとは全然違うよ、と説明、何回か繰り返すうちにそれがわかった様子で、一言。
「今度は自分で映りに行く!」とのたまいつつ・・・。
そうそうTV局の取材チャンスはないよ、我が子よ。

続きを読む

theme : 日記
genre : アニメ・コミック

紀子さま御懐妊!

素直によかったと思います。おめでとうございます!
男の子が生まれればいいのになあ・・・。

女性天皇・女系天皇。
それでもいいと思っていたんですよね、最近までは。
女性が市井の男性と結婚してその子に継承権が発生する・・・。
いけないことではないんですがでもなんだかどうだろう、と思い始めました。
日本だけの今の天皇家の継承、男系での継承がこのままだと大変危機なのは知っています。それだけではなく秋篠宮様以降男の人が皇室には生まれていない。
だから急がないと血筋すら絶えてしまうとはわかりますが、もっと話し合って欲しいかな?、論議しないうちにまた国会を通りそうで怖いです。
皇室典範改正法、今国会でまだ提出されてない法案だと思いますけど(されてたっけ?提出の予定だよね)
日本の歴史のなかでやはり脈々と繋がれてきたものが途絶えてしまうことは国民としては複雑、それも急ぎ議論があまりなされないままの可決になりそうなことに疑問を感じます。(まあ、皇室典範に関してだけではないですけどね、それは。自民大勝だからなあ・・・。)
国民の意見も、聞いて欲しいとか、思うけど。
自分達の象徴だし・・・。と思うのは私だけかな?とか。

この懐妊のニュースでまた論議が活発になること必須でしょうね。

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

「実は」バトン

バトン、久しぶりに頂きまして挑戦。
色々ありますよね、バトンって・・・結構答えるのは好きです。

大尊敬サイトの「like the sky」のひなたさまから頂きました「実は」バトンです。
お題は以下

⇒実は━━━がいる。
⇒実は━━━やらかした。
⇒実は━━━知ってる。
⇒実は━━━でした。
⇒実は━━━が好き。
⇒実は━━━が苦手。
⇒実は━━━した事ある。
⇒実は━━━持ってる。
⇒暴露させたい7人を指名。   というお題です。

では開始!





続きを読む

theme : 日記
genre : アニメ・コミック

BLOOD+第17話「約束おぼえてる?」感想

「姉さん」が「ネイサン」だとつい最近まで気づきませんでした・・・。
そんなオオボケをかましつつ見て感想書いてる、「BLOOD+」今日は過去編。
今までのストーリーの中で一番面白かったです、早くこういうのが見たかった。
小夜に付き従っているハジが何をどう感じているのか、その正体についてはまだはっきりとはしないけど(「付き従うものだ」でおわらさないよね?)、過去二人がどんな生活をして何をしようとしていたかを垣間見ることができて、今にどんな風に続いてきたかということがやっとわかって少しすっきりしたといった感じです。

今回のまとめと感想。
・眠れないらしいハジ(夜中にチェロも仕方ないのか?)
・舞台はロシアだけど過去も薄着なハジ(なぜかフリルのブラウス)
・ハジは家族扱い、だが半裸は禁止
・常にズカな小夜、何故か女の子にオオモテ
・ハジすぐに傷はふさがるらしいけど、あの杭を自力で抜いたのはどうなの?
・小夜があんなに食べるのは冬眠前の熊と一緒???(大失礼)
・翼手って新しい人を作る研究?翼手って作られたものなんか?元祖はは何?つうか天然な種ではないと?
・アナスタシア・・・またわからん名前が出てきた。
・長兄が出てきたよう、ディーバは眠りにつくらしい。小夜も呼応してる?
・ディーバを何故狩るのかということをはっきり聞きたかった。
・眠りについた小夜、次はどこで目覚めるのかわからないって言っても、目の前で寝たんだったら次目覚めるまでは一緒にいるのかな?その辺り・・・?
突然来る眠りや戦いの途中に来る暴走、目覚めた後の記憶の混乱(もしくは記憶喪失?)に苛まれる小夜にはハジの存在が大きく、また自分を失わないための歯止め的な関係だったのかも。
・約束=全てが終わったら「コロシテネ」と言ったようにもおもいつつ。
小夜は使命の為に生きていてそれが達成できれば永遠に続く自分の業を断ち切って欲しい、安寧を求めるにはそれしかないと覚悟しているけれど。ハジはその命には従いたくないかもなあ、と。何があってもどんな小夜でも自分がいるから探すから、と永遠に小夜に寄り添うからと約束して彼女を守りたい、それにはどうなっても彼女には生きていて欲しいと願うハジの人知れない誓いがあると思いたいです。
・・・この二人の終着点はどんな風になるのか切ないですね。


「人が人を作って何がいけないの?(中略)神の領域を踏み込み踏み越えていることを許されているのに、人は人を超えさらに神様を超えられるというのに」
「何のために?作り出されたものは何も望んでいない、きっと望むのは・・・」
この後の台詞が気になりましたけどこのやり取りもまたこの作品の一つのテーマに通じていくかな?。
人を作ろう(翼手を人って括りにするのはどうかと思うけど)としたり人の暮らしやすい世界にするために自然の調和を崩してきた歴史、そのエゴとかそういう勝手さ。
そういった深いところにも入って行くのかな、と期待しています。

あ~最後リーザはちゃっかりいた!
ハジ×リク、極寒の地でリクを温めるハジをちょっと期待してたので、残念。

来週はカイサイド・・・。
またルイスの餌食に?不憫。

ではまた。





theme : BLOOD+
genre : アニメ・コミック

本当に十数年ぶりに

2月の中旬、今住んでる地元で同人系イベントがありまして。
十数年ぶりに当時の友人と会うことになりました。
も~どうしようかと言うぐらいに久しぶり。

昔(と言う表現が一番合う)は、出身地内では一応大きめのイベント主催をしていました、出身地と今の居住地とは山脈一つ挟んで離れているだけで当時交流があったこっちのイベントスタッフの人たちとの再会、と言うことになります。
・・・つうか、自分を含めなかなか完全には足抜け出来ない。
そんな世界。

私もオフは十数年ぶりですいや~どんな顔して会おうかしら。
でもオンはどっぷり浸かってるし、大丈夫か。
さあ皆どんな大人になっているやら・・・。

theme : 日記
genre : アニメ・コミック

カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。