スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画?ヲイヲイ・・・。

って突っ込む気もせん・・・なんだったんだろう・・・妙なハッピーエンドだったし~。
続き・・・的なものを映画で?だってぇ・・・いやそういう話はあるって知ってたがやるんですか、そうですか・・・。

最終回、見ました、「機動戦士GダムOO」ね。

まあね、初めからどう最後を飾るかっていうのは、みんななんとなく見えていたと思うのですよね。
ん~~(苦)
盛り上がらずに終わってしまった感が否めない・・・。心に響くところが・・・2期では見つからなかった。
結局イオリアが世界に向かって提唱したものの結末は人に響いたの?
振り回されただけという気がして・・・なんでみんな怒らないのだろうとか思ってしまったんですよね。
新しい連邦の議長もソレスタルビーイングの存在を静観、という形にしてしまいましたが・・・それで本当にOKなのか?という疑問もあります。だって何年にもわたって世界を騒乱させたんだし・・・。
彼らの起こした戦いは一般市民にまで何らかの自覚をさせる効果があったかな?
中東とかは被害も大きかったし・・だが。
あの戦いが人の心に沁みて・・・考えさせられて相互理解をする努力を・・・というところまで行ったかどうか。
沙慈は民衆の代表的な立場ではあったけど2期ではルイスを取り戻すという目的で撃たずとも戦いには参加したし・・・ルイスは軍人だったからそういう意味では結局一般人ではなく。
姫様も逃げ回っていただけの感じがして・・・でも支持はあったんだね。あんだけ盛り上がってたけども民衆。
しかし姫さんの国(周辺国)以外その他大勢の意見てば見えないまま??と思うんで人の意志が世界の「再生」に繋がったのかな~というのはね~疑問、かなり疑問。

それにしてもキャラを無駄遣いした気がするアニメでしたなあ。ティエリアは特に残念。
人間らしさがだんだんでてきたところを描き、イノベーターとかって言う括りもなく同じ目的があるもの同士分かりあえるというところを徐々につめてきて・・・アレかよ。
もったいね~。
その点、2期はほぼ空気だったけどアレルヤはまだいいかな。強化された自分を受け入れ自分の中のハレルヤという存在も自分であることを認め、戦わなければならない自分を認め、罪を抱えてそれでもマリィとの未来を探そうとしていくという感じになっていたし・・・。
刹那は、まあ・・・ね。何だろうねあの人・・・こっちが理解のおっつかないままに悟ってしまわれたので(ヲイ)それもみんなをハッピーにするものを醸したり・・・ああ・・・(溜息)
その他にも、カタギリにブシドーも・・・心の機微が見えにくかったのに最後ちゃんちゃん、で纏められてた感じがする。
ま、コーラサワーに関してだけは「あっぱれ」ですな。
同じようにMSも・・・。最終話だけ見てもどんだけ使い捨て?とかも思うよ・・・。

まあもういいか。
とにかく見せ方、という点で盛り上がれなかった気もするんですが・・・一個人のボヤキです。
映画、映画ねえ・・・。
あっちのガンダムの映画はどうなんだよ!?あっちって分かる人だけは仲間だろうと思うが。
突っ込んだ人はきっといっぱいいると思いますが、私もそうですよ(笑)
さ、来週から鋼。

こっちは・・・どうなるんでしょうな・・・なんか不安。



スポンサーサイト

theme : 機動戦士ガンダムOO
genre : アニメ・コミック

う~ん・・・どう反応していいか。

まあなんというか。
だぶるオー・・・あんまり言いたくはないが。(以下文字をうす~くしてみた)
4年経過→4ヶ月経過・・・その間を想像させるという手法で察しろ!的な雰囲気をまたかましてきた・・・色々驚くよ。某N●Kの朝ドラかい!
まずは沙慈の変化・・・戦うことを私物化させてどうするのかと・・・ソレスタルビーイング自体が・・・だが・・・沙慈は一般人でいて欲しかった。
マリーもピーリスになっちょる・・・原因がアレルヤ云々でなく荒熊サンの死ってところでヲイ、と突っ込んだが。そんなアレルヤは立つ瀬がないような気も・・・ね、かわいそうだな~。それに心には爆弾抱えたままらしいからハレルヤに変貌したらマリーは真っ先にヤベェ・・・抹殺されるよ、とか。
刹那もまた爆弾を抱えたりしてるが、進行は緩慢??フラグか?
ま、ロックオンは・・・いいでしょう。そうなると思ってたし、けれどもなんだかね~。
弟さんはみんなのアニキという感じではないな、それでいいんだけれどヘタレ臭が・・・。
さらに・・・そんだけのことなの?リボンズってば・・・よ!!参ったよ・・・。
・・・監督絵コンテかよ・・・どうしてこう引っかかる話はあの人なのか。


まあいいや。

そういや後番組もあの監督?
鋼はどうやら声優交代なさそうな?感じなのか。
それともエドとアルだけは変わらないみたいな?感じ??
今度はリンとか出るのか?
お願いですから声はあの人にして!
・・・なんて思いつつ。↑私の言うことなので誰か分かるでしょうから書きませんけど、結構キャラ的には合うのではないかと想像しています。

今日はそんなところ。






theme : アニメ
genre : アニメ・コミック

ダブルお~感想とかまあ色々

この2日、溜まっていたHDを見た。
実はこのところリアルで見れてたのはマ王と銀魂ぐらいだった・・・。

OOも溜めていてやっと世間に追いついたのですが、やっぱりどう考えてもヒロイン=ティエリアですな。
心を許したロックオンには死なれ、出てきたそっくりサンはイノベーター、アニューだっけ?名前(顔も似てるしたぶん元は一緒じゃね?)と急接近・・・。それだけで既にひとつ話できるっぽいよ。ま、腐目線ならこれまでにいくらでもネタ提供されてるしね、女装とか女装とか。
悲哀的な感じ似合うティエリアさんに誰も勝てぬ。
もはやルイスと沙慈の話とかどうでもいい感じですよ・・・純愛ならティエのほうがな・・・。
男と女の関係で、というと私の中での大注目はカタギリ・スメラギですが・・・カタギリへたれ臭キエネ・・・思い切った感じでしたが未練はたらたらでしょうかもしくは愛憎劇・・・前期OPの歌いだし「愛が愛を重すぎるって~憎しみに変わるその前に~」を思い出してしまう二人。
しかしルイスにしてもカタギリにしても・・・写真を破棄するぐらいの演出しか出来んのかよ?と突っ込んだのは私だけなの??想いを吹っ切るところ・・・二人の演出かぶっとるやんけ。
とか纏めてみたからこそ感じたんでしょうけれども。

いや実際ヒロイン設定はマリナ・イスマイールなの??
なんか花がないのよね・・・OOの女性キャラティエリアに食われとる・・・。つか主人公も・・・喰われ気味だ。
リボンズがOガンダムに乗ってたということが話しの中でもあり刹那はどう反応するかと思っていましたが、刹那の中の神としてOガンダムがいて刹那の中での正義の象徴として彼を支えてきた存在でもあったわけでしょうが・・・意外に冷静に受け止めていた気もしました。
あれが1期で分かった事実なら刹那は揺れていたかもしれない・・・ですがソレスタルビーイングの連中は既に自分たちの道を歩き始めているからね。その辺りに4年使った効果、つか成長は感じさせますな。自分を見つめることも世界を見続けることでも見えた世界が、また曲がらなかった意思が今彼らを支えているんでしょうからね。

しかし、どこに終着点があるのかは・・・?
キャラもいっぱい抱えてるものがあり消化し切れるのか、連邦のクーデターも火だるまの予感・・・。


さて、他にまだ溜まっていたのは黒執事だった。
は~微妙だな・・・なんか・・・福山じゅんじゅんはイキイキとしとるが・・・他に目立った感想もなく。

しかし放送に追いついたのでこれでリアルに戻れる。
あ!まだタイタニアが・・・3回分(泣)どんだけ溜めてたんだ・・・(相当溜まってたよ!もうHDがいっぱいいっぱいで録画する時間も残ってね~まで追い込まれた。だから見たんだよ)。


そういや。
CSのAT-Xが4月から値上げだって!
最近オリジナルな番組(声優ネタが多い…ファンにとってはまあそれもいいけど)が増えてきてるし、OVAも放送してるからまあいいが・・・。



theme : 機動戦士ガンダムOO
genre : アニメ・コミック

機動戦士ガンダムOO2ndシーズン#04「戦う理由」感想

いかん・・・まだ盛り上がってこないなあ・・・というのが今回の全体的な感想なんですが・・・。

ナニがどうって、こんなにたくさんの人間が出てて関係が存在して、因縁が存在してるのにまだその奥深くに入っていないと感じるんですね。
感情をぶつけ合おうよ・・・もう2期なんだからその辺のところに深入りしてくれ~と思うのです。
いや入っていってるのかもしれませんが・・・まだ足りないな~と。
例えば、あの仮面の男はダレなのか・・・視聴者はしっかりと分かってるんです。がまだまだ執着が甘いと思ってしまえるところ・・・スマートすぎるわ!!地獄を見たのなら盲執してけ~と思ったり。
刹那とマリナの関係もなあ・・・もっとこう・・・。
愛とか恋とかそんなのはないと思うさ、あの二人にはね。芽生えそうにない。
戦うしかできないという刹那がマリナに対して感じているのは故国への愛着で、ろくな幼少時代ではなかったとはいえそこに自分が確かにいたという存在を確認しているともいえる証拠であり、確かに思い入れがある場所であるからかけがえのないものという憧憬であり。マリナがいる限り帰れるのではないかという期待を孕んでいる希望であるはずで・・・。だからこそマリナを助けたり気に掛けたりすると思うのです。
「一緒に行かない?」とマリナに声を掛けられてその場では迷いなく断った・・・って感じに見えたけど後に戸惑うシーンがあった。本当は心が揺れてたんだよね・・・分かる・・・けど分かりにくい・・・そう思った。感情を表に出さない刹那だから、とも思えますが・・・キャラの感情の部分をもっと出して欲しい・・・モノローグでもいいからさ~そう思いますね。

その点、今日はワタクシ期待のビリーさんが・・・良かった!!
スメラギへの気持ちを踏みにじられ裏切られたという気持ち。スメラギのことはマジだったんだねえ・・カタギリさんよ。男の純情を踏みにじったという彼女への負の感情が良く出ていました。押し殺した感じが良かった。
そして・・・それに対しビリーほど深い感情がなかったに違いないスメラギ・・・いいじゃないですかそこが!だって何か深いものがあれば逃げ場にはしない、簡単にもとの世界には戻らないはず。
大人のずるさがいいなあ・・・こういうシーンが欲しかったし期待を裏切られなくて良かった!
これからも憎悪丸出しの執着心バリバリにお願いしたいです。
大人・・・と言うならロックオンも「比べられたくない」という気持ちがさせる軽薄な感じも心が見えていい。これもいい加減大人だからできるずるさがある・・・自分をああやって守ってるし本心を隠している。一歩引いている距離感を保ちつつ、でもシュミレーションとかで努力するところがまた・・・可愛いゾ。腹に一物抱えてる感じが出てました。

キャラが多いだけ人間関係は複雑でどこかしらで繋がるものがあるはずですから・・・今後はピーリスとセルゲイ親子とかも一悶着あるだろうし・・・アリーさんも再登場でしょ?この人に対してはソレスタルビーイングのメンバーは過剰反応しても仕方ないはずなんですよ、そこはどうなるのか・・・。
んで忘れちゃいけない世界には自分に似た人が3人いる・・・んだよね?(OPを見る限り作られた3人らしいですが)ティエリアさん・・・!
どう絡むのか、それを描きながら戦いをきちんと終結させることができるんかー!と思ったり・・・。
ええまあ、まだ3話終わったところなんですが、2期の3話ですからね・・・テンポが悪いというかなあ~見せ方の問題か?いかんいかん・・・批判ではないんですが正直そう思う・・・。
やっぱり・・・こんな感想になりますかね・・・ハイ・・・。



theme : 機動戦士ガンダムOO
genre : アニメ・コミック

機動戦士ガンダムOO2ndシーズン#03「アレルヤ奪還作戦」感想

簡単に・・・感想つか・・・この話の根本的な疑問・・・つか?やっぱり気になるというか。
・・・なんでこんなに展開がゆっくりなんだろうかね・・・。
まずやっぱ4年のブランクってこの話に必要だったのかどうか・・・その意味が分からん・・・。
刹那とティエリアは以前マイスターの中で対極にいたんですがあの戦い以後は仲間として認め合ったて・・・それはそれで意味があったと思いますが別にそれってあの戦い以後すぐ、でも良かったんじゃないか?
なのにな~刹那なんで雲隠れしてたんだろう・・・仲間の絆を確認したはずなのに何で一人でいたのか謎だ。

アレルヤを救出するくだりも・・・「4年間の拘束」という年月を感じさせなかった。4年も消息が分からんかったってつかまってた可能性は排除してたってこと?それってどうかと。
またあんな状態で3日も座っていれば人間歩けなくなるはずですよ・・・。ずっとあの格好ではないでしょうが・・・走れたりするのが・・・う~ん・・・いくら強化しててもなあ・・・と思ったんです。
それにティエリアも言ってましたが変わってないアレルヤ・・・それってどんな精神力??拘束があんなに長かったってのにさ・・・精神的に追い込まれた感じがなくそれが逆に不思議&不自然な気も・・・。
今日のアレルヤとピーリスとのエピソードも1期のうちにここまでやっとくべきだった気もするのよ。
アレルヤの中にハレルヤの存在があり、そのためにピーリスとの過去をはっきりと思い出せなかったという理由はあったかもしれないけど・・・。
あ~なんだか時間をとりすぎ(話の中の時間の経過をね)のような気がするんですよね。

そんな感想を抱いてしまった3話でしたがマイスター4人は出揃いましたな。
ロックオンは初MSだったってのになんという適応能力。しかし簡単につれてきて簡単に乗せちゃった感じがするんですが・・・いいのかなあ~今まであんなに秘密主義だったのに・・・作戦はカタロンにも流されてたしね。それはそれで初めから想定内でソレスタルビーイングにも狙いがあるのかもしれませんが・・・他の組織との共同戦線は・・・ないだろうしね。

印象としては世界も話も混沌としてますな、まあ、まだ3話。これからこれから・・・・。





theme : 機動戦士ガンダムOO
genre : アニメ・コミック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。