スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二重螺旋5「深想心理」感想

最近放置プレイを楽しんでた・・・お久しぶりです。
実は「黒執事Ⅱ」1話に軽く凹まされてました。
理由は、まあ・・・恐れていた通りだったからかな。
最後まで見れるか不安です。

6月が過ぎてしまいました。
HPの更新強化月間も過ぎてしまいました・・・。そんなに更新出来なかったな~。
恐怖の夏休みが来るな~この時期いつも放置なんですが、更新する、という意識を持ち続けようと思います・・・ハイ。



さて、ファンとして待ち望んだ新刊ですので。
深想心理 二重螺旋 5 (キャラ文庫)深想心理 二重螺旋 5 (キャラ文庫)
(2010/06/26)
吉原 理恵子

商品詳細を見る

私的にはやっぱり外せないよな、このシリーズの感想は。
ということで。
あらすじ一切なしの読んだ人向けの不親切さ↑↑ですので、興味のある人だけ。

続きを読む

スポンサーサイト

theme : ボーイズラブ
genre : アニメ・コミック

幻惑の鼓動・・・全プレ

10月入って早々、わ~来た・・・って事で喜んで読んだんですが。
初めて吉原センセが小説版書き下ろした(というか我々読者には初お目見えだったのに!)のより漫画のシュチに燃えた!
萌えたではなく燃えてた~かな?
だって一臣と葉月の晃一を囲む関係って二人の間に火花が・・・きっちり上がってたね。和やかでいて二人に間に火花、お互いが弟に火花・・・。
でも今回はしてやったりな葉月に軍配?
しかし間違うか?晃一もさ。一番哀れなのはやはり・・・弟。正座もさせたくなるわよね。
「フケツ~」らしいです・・・乙女な弟め!
でも彼は本編で一皮向けたしな・・・これからこれから。

にしても・・・。
吉原センセの「恋愛初心者」の方も禾田センセの「MISTAKE」にしても・・・晃一ってば一臣のこと結構愛してるのね(失礼)、とか思ってしまいました・・・。
あの一臣とのお初では何だか・・・仏のような神々しい(?)感じで一臣を受け入れていた感覚もチラリで心配だったんですよね・・・。
でも、どうやら~一臣のことはことあるごとに可愛い~とか思っていそうです。嫉妬丸出しなとこも、あの朱金な髪とかも・・・。
これって羅鬼時代の名残?ってないはずだけども精神的には攻めっぽいな~好みだ~天然やし~。
お色気抜群な大天然でたらし込み~なわけで・・・あ~最強パターンですよ?
一臣も苦労するな~。

と、それなりには面白かったんだけども・・・ちょっと足りない?あ~吉原センセ熱上がることを期待しすぎたのかしら~?
次の全プレに期待だな・・・二重螺旋番外入りの分!
情熱のベクトルの脚本だったりしたら・・・ちょっと!ム!!
あ~はよ本編書いて吉原センセ・・・二重螺旋・・・。

theme : ボーイズラブ
genre : アニメ・コミック

子供の領分CD。

HPの相方から最近BLCDを大量に借りました。

・・・9割は「子供の領分」のCDです。
はい・・・自分で購入した1枚以外全部を借りました・・・。
10シリーズを一気に聞いたよ。
いや、もう2枚組が当り前のこのシリーズ聞くのに相方は2日とかいってたけど。私は2週間以上かかったっての!
これって一気に聞いたとは言えないか・・・。
でも子供がいなくて時間があったらCD聞き三昧・・・やっと終わった。
あ~なんというか・・・濃厚でした。

声優陣がかなり豪華(?という表現でいいと思うけど)で耳も肥えたわけですが。
最近見たアニメのCVを当てている売れっ子さんが多くて、それも男ばっかなのでどうにもおかしなイメージが付いて回って大変でした。
イザークとかクルーゼとか・・・元閥とか虎とか奪還屋の銀ちゃんが御三家だったり。
スザクもいるしね・・・はぁ~

皆さん役作りが巧いから他アニメキャラを引きずってるわけではないんですが、どうにも・・・。みんな主役張れるような方々の集合体だしそれぞれにキャラ立ちしてるんですよね~、また小説とは別に。
でもその後原作を読むとその声が脳内にリアルに残ってて妙に被るのが恐ろしい・・・。
脚本も原作者でCDは別腹と豪語しておられますが。
そんな気はしない。
しっかり狙って書いてると思う。
「あの声でこ~んなこと・・・」な萌えをさ。
しばらくは原作読んだら脳内を渦巻くでしょう、あんな声やこんな声が。
特に陽一様・・・凶悪バージョン。

とりあえず1回聞いただけの流しなので、これから気になるところをもう一度、という気があるんですがそこを探し当てられるか??
でも今一番すご~く残っているのは、広海が蓮見高校に入って「野放し」だって言う兄・弟と同じ意見の武藤が
「青木がいてくれたら」
とか呟く所が私にはツボだったかなあ・・・。

あ~この一言にすんげ~妄想が駆け巡った。
マイナーCPだけど私青木*広海だもん。

とまた、こんなこと書いてると広海には兄弟以外なら小林じゃねぇ?とか相方に言われそうです。
あ、違ったか?

それと、おまけトークで藤田(大地の先輩)と陽一の絡みがあったけど・・・これ新鮮でよかったなあ・・・。
ネタできたし(またマイナーなのを・・・)

今後この作品のCD企画が続くなら緒方・高坂と加わるのかな?どんな声優が来るか期待しておこう。

さてはて聞いたことがHPのSSに反映できたらイイケドネ?



theme : ボーイズラブ
genre : アニメ・コミック

やっと読みました

子供の領分REMIX ─be under─ 子供の領分REMIX ─be under─
吉原 理恵子 (2006/11/01)
角川書店
この商品の詳細を見る


・・・夢オチカイ!!とツッコミたくなりましたが。一番面白かったのは3連発の夢オチの中でもやっぱ兄・・・!何と言っても
「陽一にとって大事なのは自分の欲望ではなく、広海との日常生活だ。過剰なスキンシップは許されても、現実の崩壊など誰も望んではいない」
この一文が。も~私にはキました・・・。っていつも変なところに共感するんですけれど。悶える広海に対してどんなに欲望を感じても、可愛くても煽られても、兄は兄としての確固たる弟への想いが感じられる、そこがいいのよね。溺愛しすぎてるけど、きっと大地がこうなっても(う~ん・・・)兄は兄でしょうからね。 ま、広海にしたように、はしないだろうけど。
それが例え夢の中であっても。

それよりも・・・武藤は受けか!こっちが笑ったって。麻生サイコーっす!組長のことがそんなに・・・。
小林はまあ、ストレートすぎ・・・で。
でも「食事会」絡みネタでここまでよく持ってこれると思う。肝心の食事会は決まってもいないのにな~。

そうそう、新書版とか上製本のBLって時折悲しいかな(高い割に)外れるんですが、吉原さんのはいつもイイ。

でついでにコレも買った。
ロッセリーニ家の息子 略奪者 ロッセリーニ家の息子 略奪者
岩本 薫 (2006/09/26)
角川書店
この商品の詳細を見る

ちなみにこれから読みます。

theme : ボーイズラブ
genre : アニメ・コミック

吉原理恵子作/「攣哀感情」二重螺旋3 感想

私が読んでいるBLの中で一番続きを期待しているお話。
4年ぶりに発売されました・・・。4年も経ってたのかよ!
2・3年ぶりのお目見えかと思ってたわ・・・。

兄弟相姦なお話です。
かなり濃ゆいです。

読んだ人向け、知ってる人向け感想、あらすじなどは一切ナシです。

それでは感想。

続きを読む

theme : ボーイズラブ
genre : アニメ・コミック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。