スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立ち読みよ。

アニメ誌が店頭に並んでいたので、NTを立ち読み。
本当は「全力で購入」(?)したかった(でも手に入れたら絶対読んじまうので、ルルの記事)けど・・・慎重にルルー○ュネタをとばし(だって先を知りたくないから)その後の種、★・某石田対談を読んだ。

弄られキャラな★がいてこそだったか・・・収録は。
キラが何かやったら★が弄られたか。
それを役者冥利に尽きるって・・・えろ褒めまんな~某石田サン。
今後に(映画など)ついては「サザエさん的日常ネタどう?」って・・・笑った。
誰がワカメか、イザークかって?(←違)
ガンダムをどうするんだよ?お隣さんにデモするつもり?(←いや意味が違うって)

アスランとキラの二人はオーブとプラントに分かれ自分の出来ることを見つけたって。それでお互いを高めあうライバルである…そういう捉え方ですかお二方は、ま、そうだろうね普通。
石田サンは「アスランもカガリを支える」って意見でしたけど「カガリがそれを許してくれないんじゃないの?」的★な発言には笑った。
そうだよアスランアンタ色々裏切りすぎ・・・★キラにツッコマレテルヨ、アハハ!

ま、アスキラなインタビューでした。
スポンサーサイト

theme : 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
genre : アニメ・コミック

ダム運命エデ4「自由の代償」簡単感想など

実はとうとう土・日と熱出してひっくり返っていました!とかいいつつもね、日曜の仕事はきちんと行きましたよ。解熱剤を飲みつつ、熱を出さないようにしてさ・・・でも平熱34.8~35.2℃な女が解熱剤飲んでも37.0℃はキツイのさ。医者はあんまり理解してくれないけどね・・・それをさ。
今日は、やっと病院に行った・・・。は!まあ原因がわかると仕方ねえって感じ。肺炎じゃなくてよかったわ!(←?)


さて、そんなこんなでもフ○ッツで見た、運命エデ4「自由の代償」
感想は一言で言うと、
「ま、よく纏めたといえる」
です。
特にレイのことをPLUS以上に丁寧に書いていたことが本編ほどのラストの違和感?(というかあの「おかあさん」への台詞の含め)を和らげていたと思います。

噂のキラのザフト白服について。明確にその経緯説明はなかったけれど、
「ザフト入り」
したのだなあという解釈でいいのかな、と言った感じで・・・。
萌えなし!(どうせラクス絡みだからさ・・・認めんし)
いや、白服も良いけどね。これからイザークとの接点とか妄想できるし・・・隊長だし・・・。

かえって、アスラン一人オーブ服ぽつん。が萌えたって!
あ~なんだよ?どんな理由だ!
嫌われてるのか?お主?
しかし、准将かよ?って感じでオオモエ。

私の場合は女が理由(カガリのため)は選択肢に無いので(腐女子は当り前)その辺の事情を大捏造してやろ、って思ったりの。
ま~ネタをありがとうかな?やはり。

でも一番胸を打ったのは・・・本当に独りな、でもオーブにいるらしい虎さんでした。プラントにいかなかったところが・・・よかったなあ。やっぱり。(つかムウマリュと同居?オイオイ)


あともう一つ。
本編の時から違和感のあった台詞で変更していて欲しかったところなんですが。
脚本もまあ許せる範囲に入ってきたから本当にもったいないなあ・・・というか、そこは台詞変えて欲しかった。というのが本音の最終決戦、ルナマリアのインパルスがメイリンのいるエターナルに突っ込んできた時の。

「何で戦うの?どちらのラクス様がホンモノか・・・」
というメイリンの件です。

いやね、そんなのはもうここまで来ると問題ではないんだよね~と。
メイリンは姉がエターナルに仕掛けようとするのは偽者のラクスであるからだって、メイリンが思っているから出る台詞、になるんだろうけど・・・。
それじゃあ、メイリンがコペルニクスで見てきた色々もアスランと行き当たりばったり的ではあったけどザフトを抜けて危険な目に合い、それでも。
自分の知らなかったことに気づき、考え、選んだことがあったはずなのに。ホンモノのラクスだから・・・ってことだけのメイリンの理由になりそうなそんな浅い考えだと捉えてしまう誤解を招きそうな気がして、私は何だか不満です。
たとえば
「何で戦おうとするの?何でそんなもの(レクイエム)を護ろうとするの?」
位でいいんだと思います。
流されてきたところもあるけれど、彼女は今まさに自分とか世界とかを考えと様としていて。
その目でレクイエムがプラントを焼いたのを見た。それを繰り返すことの愚かさを今度はプラントがしようとしている、それに手を貸すの?ってその疑問をぶつけてくれた方が彼女らしかったかとも思うのですが。

勿論、ラクスたちの考えに共感しているので一緒に戦っているメイリンですが、その真偽を一番の論点のように姉と対話するよりも、自分達のしようとしていること、向いたいところ、という意思表示の部分でお願いしたかったなあ・・・と思ったりした次第です。

あとは。
最後のエンドロール、CVのトップがアスランで・・・ほっとしました(シン主人公とか言って本編はどんでん返しした例もあったので)。でもシンは・・・三番か。ま、アスランから考えると、自分の行動に影響を及ぼした人物ならシンよりキラだし・・・やっぱキラが二番手だわな・・・。

続きを読む

theme : 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
genre : アニメ・コミック

ガンダムSEED DESTINYスペシャルエディションⅢ「運命の業火」感想

*フレッツ配信にて視聴。


本編29話から42話までの総集編と言うことでしたかね。
このシリーズアスラン視点、と言う割にはいつもアスランの心情が綴られてないと思うのは気のせいかな~と。

全体的な感想としてキラファンな私としては・・・キラの出番少なかったのでちょっと悲しい。
34話の「悪夢」と39話の「天空のキラ」を含む割には少なかったと思ったりしましたが(ね、Aさま)。
ですが、全体的にすっきりしてよかった気がするのはファン失格でしょうか?キラ達はどう考え思っていたかは本当はアスラン視点となった時離れている間は彼らのことがわからなくていいんですよね。だからこそアスランがキラ達のことをどう思ったかをしっかり書いて欲しかった。

しかしシンをしっかり描いていた、という気はします。
そのせいかアスランが議長を疑問に思っていく対比がよく出ていたのかなあ?とも思わないでもないのですが。

続きを読む

theme : 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
genre : アニメ・コミック

ガンダムSEEDDESTINY「砕かれた世界」感想

放送がない地方でしたのでリアルでは見れませんでしたがある方の御好意で見ることが出来ました。
4部作、アスラン視点ということで期待していました。
ガンダムAでなまじEDGEなんてやってるからいかんのだ~。
あんなふうになればいいなあ、と幻想を抱いてましたよ・・・とほほ。

では簡単に感想を。


知恵の実の話は、まあ置いといて・・・。

本編の1話より前の各キャラのカットが私としては一番見所・・・でした(冒頭シーンで見所終わりかよ)。

キラとラクスは何してるのか、歩いてましたが。
キラの表情に対してラクスがあっけらかんのような笑顔でもう吹っ切っているような気もしましたが、もしあのまま世界が平和なら彼女は埋もれてしまうつもりでいたのだろうとも思いました。
反対にキラは何かにまだ迷っていたか過去を引き摺っている?といった感じかしら。
ユニウスセブンの犯人のリーダー(名前忘れた)の表情とか、チェスな議長とか・・・充分怪しいし。
まるでパシリ状態のアスランとか哀れで鬱憤が溜まっていたんだろうなあ、だからカガリに1話で服のこととか文句垂れるんだとか(笑)。
こういう人たちのワンカットは、後の事件に続く、またそれぞれの進んでいく時の心情描写を想像できてよかったです。特に台詞がないところがよかったな。
けど。
アスラン視点、となってしまった時シンの家族が吹き飛ぶシーンは冒頭から随分後に回想シーンとして登場、ということになって彼が戦いに身を投じた理由がこのエディションではどういった感じで描かれていくのかと思わせました。
彼の過去のこだわりは今後の話にかなり影響してくるし、やっぱりそれは話の軸だったので、アスランはシンをどう理解していくのか、というところも気になります。

追加シーンですが、特に「プラントに行こうと思う」とカガリより先にキラに言ったアスランは、カガリに対して自分の立場に焦っていたのだな、と言うことがわかりましたし。
ラクス襲撃は平井画で書き直されているところが多くてこれは嬉しかった。
ですけど。
アスランはラクス襲撃を知らなかったのでもっと短く流してもよかったのになあと思います。
エディションがアスラン視点と聞いたときにこれはカットかもしくは24話で回想、と思っていたシーンのラクス襲撃&フリーダム復活のところでしたので、長く時間を取っていたなあと言う印象がありますね。

もう一つカガリへの指輪のシーンが淡白になってたから余計、キラ関連のことが目立ってしまい・・・(まあ私はアスキラだからいいんですけど)アスランとカガリの仲はまるでお子様の恋に恋する薄っぺらなものに感じてしまいました・・・。
アスランにとってザフトに復帰したのはプラントの同盟国なオーブ、すなわちカガリを助けたかったと言う所も含まれていたはずなのに、カガリへのアスランの想いがわかりにくかったなあと思います。

話は早いですが、次に入ってくるアスランとシンのミネルバで戦い、力に頼るシンを叱咤しまた主義主張をぶつけ合うというところ。ここがアスランにとっては華なところ(ひどい私)・・・。
迷ったり戸惑ったりの心理描写にハイネも出てくると思うので期待をしつつ・・・。
キラ最強伝説への布石扱いな話にはなりませんように、と祈るばかりです・・・といってももう遅いですけどね(苦笑)

theme : 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
genre : アニメ・コミック

帰省だ~&『THE EDGE』感想(ガA6月号)

今日から実家に帰ってきますのでネオチ・・・(涙)
運命のエディション、どうだったでしょうか?関東の皆さん?


土曜のBLOOD+見れたら感想書きますが無理そうですのでオヤスミ予定。
HPの方は・・・帰って来たら1月半ほど更新してなかったアレを、更新します。
では行ってきます~。

で。
一昨日に買ってきたから(遅)ガンダムA6月号。
『THE EDGE』
毎月楽しみにしています、だってアスラン視点。
今回は本編40~44話で∞ジャスティスに乗り込む辺り・・・。
ここ楽しみにしてた。

ネタバレアリ

続きを読む

theme : 日記
genre : アニメ・コミック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Entry

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Profile

否妻ぴかり

Author:否妻ぴかり
基本的にLINKフリーです。貼るも剥すもご自由に。
コメント・TBお気軽にどうぞ、できるだけお返しします。
現在コメント・TBは管理人の承認以後表示するような設定になっています。

Counter

Link

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。